95件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

網膜中心動脈閉塞症向けの硝子体注射剤は、京大と共同研究のもと11月から医師主導治験を始める。全国に患者が約5万人いるという網膜色素変性症向けの経口剤は、同社が製薬会社と共同研究中で、16年内に基礎研究...

同剤は1回の注射で効果が4週間持続する。統合失調症の治療で経口剤を利用する場合、患者は退院6カ月後に服薬不良となる割合が4割以上に上るとの報告がある。飲み忘れを防ぐ手段として同剤が使われる。 ...

「米ヤンセンファーマに導出し米国で発売する2型糖尿病治療薬『インヴォカナ』のロイヤルティー収入の伸びと、研究開発中の多発性硬化症治療剤『1303』への期待が大きい。... 消化器領域の経口剤としてプラ...

既存薬が注射剤であるのに対し、ニンラーロは週1回の経口投与で済み患者の服薬負担が少ない。... 同剤は前治療歴のある再発・難治性の多発性骨髄腫に対する初の経口剤。審査完了が早まったのはFDAが同剤の重...

貧血治療剤「インジェクタファー」が伸び、ジェネリック(後発薬)注射剤も堅調と見込む。... 13年発売のインジェクタファーは腎臓領域以外にも適応を持ち、経口剤では貧血治療効果が不十分な患者へ投与できる...

三和化学が経口剤として製造販売承認の取得を目指す。

テープ剤の製造で年間1億枚規模からスタートし、将来は他の外用剤にも対応する。... 経口剤や注射剤として投与されていた薬物を皮膚から吸収する経皮吸収製剤の開発が活発になっており、外用剤の需要が高まると...

抗凝固剤は1960年代に登場した「ワーファリン」(同ワルファリンカリウム)の存在感が今も大きい。... 経口避妊薬服用に伴って血液凝固異常が起きる場合もある。 ... 経口剤のワルフ...

薬物療法でも経口剤の服用回数を完全に守れている人は4人に1人にとどまる(日本イーライリリー調べ)。

同剤は田辺三菱が創製した日本発の糖尿病治療の経口剤。

「経口剤での失明疾患治療薬にこだわる。... もっと広く患者に治療法を届けたいと思い、経口剤での開発に着手した」 ―そもそも眼科医薬品市場は、どれだけの可能性があるのでしょうか。&#...

アストラゼネカ(大阪市北区、ガブリエル・ベルチ社長、06・4802・3600)は、米原工場(写真、滋賀県米原市)の経口剤の包装能力を数年間かけて約2倍に高める。

開発中のシチジン脱アミノ化阻害剤「E7727」の権利も引き継ぎ、デシタビンとE7727の配合剤「ASTX727」の開発を進める。 ... ASTX727は経口剤として開発しており、前...

米ギリアド・サイエンシズは1型C型肝炎治療に経口剤のみの治療レジメンを米国食品医薬品局(FDA)に承認申請した。抗ウイルス薬の「ソホスブビル(一般名)」と「レディパスビル(一般名)」の配合剤で、この組...

ジェネリックのニーズが高いのは抗がん剤など薬価が高く経済的負担が大きい製品だ。... 従来は注射剤の採用が中心だったが、使用数が圧倒的に多い経口剤の採用が増えれば大きく成長できる。

経口薬を含めた糖尿病専任体制とし、2014年に発売見込みのSGLT2阻害剤を非専門医まで広くカバーする体制を作る。 ... インスリンと経口剤を組み合わせた包括的な治療を提案する。&...

認められると基礎インスリンなどの注射剤、速効型インスリン分泌促進薬などの経口剤と併用できるようになり併用制限がなくなる。

モハリ工場は最新設備が導入され、米国や欧州向けの経口剤を製造する目的で投資されていた。

カナグリフロジンは新規作用メカニズムを持つ経口剤。... 運動療法や食事療法で血糖コントロールが不十分な患者を対象とした単独療法試験や、DPP―4阻害剤やインスリンなど既存の血糖降下薬との併用療法試験...

モリモト医薬(大阪市西淀川区、盛本修司社長、06・6476・5572)は、昭和大学薬学部と連携し、開発中の新剤形「GT剤」の使用性臨床試験を2013年度中に始める。... 経口剤では飲み込みやすさと持...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる