電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

367件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

九州工業大学の学生が中心となって開発した超小型衛星「FUTABA(ふたば)」が完成した。... 九州工大としては22基目の衛星。... 新型衛星は宇宙航空研究開発機構(JAXA...

激動の経営/旭光電機(3)ビール関連事業に参入 (2021/8/31 中小・ベンチャー・中小政策)

神戸大学や立命館大学などとの連携をきっかけに、超小型衛星「ほどよし」用の撮像装置の開発を紹介された。... そうした経緯で、17年に打ち上げられた超低高度衛星技術試験機「つばめ」に、撮像装置として採用...

福井テレビ、テレビ中継車で宇宙実験 超小型衛星を制御 (2021/8/4 電機・電子部品・情報・通信2)

福井テレビジョン放送(福井市、山田耕太郎社長)は、超小型人工衛星を制御する地上予備局の実証実験を始める。... 通常の人工衛星用地上局を補完する需要と、将来は超小型人工衛星の通常局とし...

有益な技術見極め整理 筑波大学発の宇宙ベンチャー、ワープスペース(茨城県つくば市、常間地悟最高経営責任者〈CEO〉)は、超小型人工衛星や光通信関連の技術などの知的財産...

産業春秋/衛星のダブルネーム (2021/6/9 総合1)

高度600キロメートルの宇宙から、福井県の超小型人工衛星「すいせん」が撮った最初の画像が届いた。... この衛星はもう一つの名が「GRUS(グルース)―1D」。... 超小型衛星はプレ...

人工衛星の開発・製造・運用の体験を通じて知識を習得する。... 1―2年生を対象に空き缶サイズの疑似衛星で人工衛星の設計や製造に必要な技術を磨く「缶サット」教育を行う。... 同大は超小型衛星「キュー...

メガコンステレーションをはじめ、小型衛星を用いた宇宙産業が活発化している。... NICTではこれまで超小型衛星にも搭載できる小型光通信機器SOTA(Small Optical ...

超小型衛星に搭載可能な光通信機器(SOTA)の開発経験から、NICTはドローンに取り付け可能な質量4キログラムほどの小型・軽量光学的通信システムと地上局に簡易に設置ができるコンパクトな...

同社が開発した超小型衛星を打ち上げ、低軌道の電波や放射線環境を調査する。... ワープスペースでは人工衛星と中継衛星間は光通信だが、中継衛星と地上局間は電波通信を採用している。... 「企業化して初の...

我々の研究開発では世界的に分配が行われていない480ギガヘルツ帯のテラヘルツ波を用いることにより、超小型衛星に搭載可能な形状(384ミリ×384ミリ×357ミリメートル以内...

【福井】アークエッジ・スペース(東京都千代田区、福代孝良社長)と福井大学は、共同開発している高性能の超小型人工衛星のエンジニアリングモデルの概要を明らかにした。... 衛星は名称が「O...

月を周回する衛星の基地局として、国内民間初の技術を確立し、超小型人工衛星の時代の世界的拠点を目指す。... これでJAXAが21年11月に宇宙に送る超小型のエクレウス衛星と、地球から最大44万キロメー...

超小型人工衛星の軌道投入ロケット「ZERO(ゼロ)」を使い、超小型衛星で観測データの取得や情報通信、宇宙空間での実験環境を提供する。... ピンポン玉サイズの超小型衛星を数千個並べて大...

アクセルスペースの超小型衛星の開発製造・運用技術と、山口大の衛星リモートセンシング技術や専門性を合わせ、小型人工衛星の災害利用などを目指す。... アクセルスペースは多数の超小型衛星を使い、世界各地を...

JAXAが2021年11月に宇宙に送る深宇宙探査の超小型人工衛星「エクレウス」を使い技術を確立する。... 地球軌道衛星の運用基地とする。 ... 文部科学省の採択事業で独自の超小型...

宇宙ベンチャーのSpaceBD(スペースBD=東京都中央区、永崎将利社長)は30日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小型固体燃料ロケット「イプシロン」に載せる...

カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からロシアの大型ロケット「ソユーズ」で打ち上げ、高度600キロメートルで超小型衛星を軌道に投入する。... アクセルスペースは多数の超小型衛星を使い、世界各地を高頻度...

事業化を狙う超小型人工衛星の製造受託で、高性能の機体を安価に実現する狙い。... 世界で超小型衛星の打ち上げが進む中、商機が広がるとみている。 ... セーレンは福井県の後押しを得て...

燃料に樹脂、酸化剤に液体を使用し、超小型衛星を安価、迅速に打ち上げ可能にすることを目指す同大のハイブリッドロケットに搭載して位置や加速度、大気圧などを測る装置として開発した。 開発に...

小型エンジンを搭載し、ロケットから分離後にエンジンが噴射して自動でISSに結合する。... これらに加え、たんぱく質の結晶化技術実証や超小型衛星の放出ミッションなどを行う。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン