産業春秋/衛星のダブルネーム

(2021/6/9 05:00)

高度600キロメートルの宇宙から、福井県の超小型人工衛星「すいせん」が撮った最初の画像が届いた。カザフスタンの基地からの打ち上げを、福井の官民関係者がライブ映像で見守ったのは3月22日のこと。準備が整い、これから分解能2・5メートルの画像を定期配信する。

この衛星はもう一つの名が「GRUS(グルース)―1D」。宇宙ベンチャーのアクセルスペース(東京都中央区)が同型の機体を多数、運用する中の1機だ。掛け持ちで、福井県の利活用計画のため働く。

福井で慎重に見守る一人が青柳賢英さん。衛星製作の産業化を狙う福井県の取り組みを受け、2020年から福井大学で企業人材の育成を担う。100キログラム級のすいせんより、ぐっと小さい10キログラム弱のキューブサットに焦点を合わせている。

小サイズに高機能を盛り、強い放射線や激しい寒暖差の宇宙で「死なない衛星にする独自の工夫がある」と青柳さんは解説する。学生だった20年ほど前の草創期に足を踏み入れ、技術進化に取り組んできた。

超小型衛星はプレーヤーが多様化し、競争も活発。地方都市の官民プロジェクトのすいせんが“ダブルネーム”で輝けるように―。梅雨の晴れ間の空を見上げる。

(2021/6/9 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる