電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

367件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

だが、巨大地震の発生リスクなど多くの災害からも目をそらすわけにいかない。... 首都直下型地震、南海トラフ地震など、近い将来に発生する確率が極めて高い大震災に備えなければならない。... 首都直下型地...

日本防災産業会議 DX活用 防災イノベーション (2021/8/19 日本防災産業会議)

訓練では南海トラフ地震を想定した具体的なシナリオを事務局側で作成し、参加者に配信する。... 今後は、地震だけでなく豪雨災害などでも同様の訓練を実施していく計画。 ... 震度7クラ...

多様な業種の民間企業30社あまりで構成する同会議会員を中心に、プラットフォーム参加者が、地震・水害といった災害発生時に被害情報などを共有し、サプライチェーンをにらんだ災害対応や地域への貢献についても連...

IT各社、災害対策のDX支援 豪雨・台風…迅速に現場対応 (2021/7/23 電機・電子部品・情報・通信)

近年、豪雨や台風、地震などの自然災害が頻発し、被害が拡大している。... 現在は、高頻度に発生する可能性のある中小規模の地震から、低頻度の超巨大地震まで、数万個の地震を想定した津波をシミュレーションし...

南海トラフ地震のような広範囲の災害における被害状況調査にも利用できる。

2021年2月13日、土曜の深夜11時過ぎに福島県沖で震度6強の地震が発生した。... 同本部は首都直下地震と南海トラフ地震の場合に立ち上げるルールで、その他の災害時には担当役員がその都度判断していた...

長周期地震動の計算時間を大幅短縮 大成建が新技術 (2021/6/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

大成建設は巨大地震による長周期地震動の計算時間を大幅に短縮する技術を開発した。... 南海トラフ地震や相模トラフ地震などの巨大地震で想定した場合、計算対象となる地盤は複雑な形状で広範囲にわたるため、膨...

同地域で懸念される大規模災害に南海トラフ巨大地震がある。... また大地震発生で高速道路の落橋や路面に大きな段差が発生すると、救助や復旧の輸送に支障をきたす事態が長期化する。... 南海トラフ地震の発...

巨大地震が起きても同直動機器で揺れを受け流すことができる。... 建物の荷重を支えながら、地震の際には摩擦係数1000分の5という摩擦力で動く。 ... 東京直下や南海トラフ地震など...

南海トラフ地震発生想定 清水建、BCP訓練実施 (2021/3/12 建設・生活・環境・エネルギー)

清水建設は11日、南海トラフ地震の発生を想定した事業継続計画(BCP)訓練を実施した。訓練では、震源域東側にマグニチュード8の地震が発生し静岡県から和歌山県までの沿岸に津波が到達したこ...

3.11 メッセージ/マグニチュード9クラスに備え (2021/3/11 素材・医療・ヘルスケア)

鉄鋼、製鉄所に津波対策 鉄鋼業界は、マグニチュード9クラスの南海トラフ地震など大規模災害への備えを強化している。... 南海トラフでは東海、東南海、南海の「3連動型地震」が予想されて...

2004年に発生したインドネシアのスマトラ沖地震での加来教授の自衛官としての教訓を反映させたものだ。 ... 関西大学社会安全学部の高橋智幸教授は、南海トラフ地震に備えて津波被害予測...

将来発生が予測される南海トラフ地震を含めた対策のあり方を考える必要がある。... さらに19年度から南海トラフ地震の想定震源域のうち高知県沖から日向灘にかけた海域の海底地震・津波観測システム「南海トラ...

3.11 メッセージ/JRグループ 鉄道強靭化、今なお未完 (2021/3/10 建設・生活・環境・エネルギー1)

2月13日晩に東北地域を襲った福島県沖地震。... 【南海トラフ備え】 さらにJR東海が建設中のリニア中央新幹線も、第一義は太平洋沿岸を走る東海道新幹線の二重系化...

国難災害がもたらす危機 南海トラフ地震や首都直下地震、そして、大都市における近年激甚化する台風による巨大高潮・洪水は、日本の国力を抜本的に低下させかねない。... その結果、表1に示...

発生の切迫性が高まる南海トラフ地震を想定すると産業界の一層の協力が要る。

福島県沖を震源とするマグニチュード7・3の地震が13日夜に発生した。... 東北沖での地震のリスクを注視したい。 ... 国民の関心は、今後30年以内の発生確率が70―80%...

緩衝チェーンはゴムの中にチェーンを埋設した構造で、地震による衝撃を瞬時に緩和する。 ... 【「住まい」に近く】 世界で発生したマグニチュード6以上の地震のうち、約...

セミナーなどを通じ、巨大地震に備える必要性を訴求したい」と話すのは、日本損害保険協会会長の広瀬伸一さん。 今後30年以内に南海トラフ地震などの大規模震災が発生する可能性は70%...

近年の激甚化・頻発化する自然災害や南海トラフ地震などの巨大地震への備えと、高度成長期に集中整備されたインフラの老朽化対策、デジタル技術の活用が柱。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン