電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

243件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

ベンチャー企業に対する「スーパー早期審査制度」の要件を緩和し、海外出願なしでも発明を実施(事業化)していれば申請できるようにする。... 技術進化の速いITベンチャーなどの早期権利化を...

下請けから脱却するには研究開発の強化や独自技術の権利化が重要だ」と、県でINPIT知財総合支援窓口を運営する埼玉県産業振興公社新産業振興部産学・知財支援グループの関根一宣グループリーダーは力を込める。

知財を事業戦略の柱に 近畿経産局が中小後押し (2018/1/30 中小企業・地域経済2)

参加したリ・ウェーブ(神戸市西区)の橋本信子代表は、4月に法人化を予定する。... 06年から近畿経産局が開催してきた、約半年間メンバーを固定し情報交換を促進する「近畿知財塾」と差別化...

権利取得は目的ではなく手段だ」 【成長シナリオに沿って権利化】 ―VCの知財戦略支援のあり方は。 ... 一方で過剰な負荷にならないよう、ベンチャ...

大学法人化前の1995―2003年に出願された特許に関しては、把握できた特許数は約5倍に増えた。... 出願だけでも他者が技術を権利化して囲い込むことを防げるため、防衛目的で出願されることもある。.....

特許法では特許出願前に論文や学会報告、展示会などで公表されている発明は、新規性がないものとして原則権利化できない。

研究成果の社会活用促進や人材育成を図り、製造業のイノベーションや国際化に活躍できる高度技術者の輩出につなげる考えだ。 共同研究では、モノづくりでの画像認識やデータ解析などでの人工知能...

出願件数で日本は5番目 特許審査ハイウエー(PPH)は特許出願人の海外での早期権利化を容易にする枠組み。

しかし、15年に入ると海外企業からのサンプル提供を含む問い合わせが急増したため、協議の結果、最優先課題を特許権利化に方針転換し、北海道経済産業局など諸機関の協力も得て、15年8月に最初の特許出願を行っ...

15年11月からはクラウド上で出願から権利化までの進捗(しんちょく)や書類を管理し、中小企業と国内外の特許事務所とを仲介する業務も開始した。

IoT(モノのインターネット)の普及でオープンイノベーションの重要性が高まる中、特許により権利化するか、営業秘密として秘匿するかなど知財戦略の重要性は増す。

「地域の中小企業が自ら起こしたイノベーションを権利化すれば、大企業がその知財を活用するようになる。... 「16年9月に基本指針となる『地域知財活性化行動計画』を公表した。... 面接審査を通じた適切...

今回のオプション追加で、特許情報の集計・分析・可視化など一連の分析作業が他のソフトを併用することなく可能となった。 ... 分析オプションは、特許関連データから国・地域や技術分類ごと...

IoT(モノのインターネット)を活用したビジネスモデル特許の取得を目指す中小・ベンチャー企業は増えており、セミナー開催により権利化意欲を引き出す。 ...

日本スペリア社は世界展開を見据え、権利化に積極的。... その前に接合材料を権利化し、受注を有利に進める戦略だ。 ... いち早く権利化に取り組み、大手家電メーカーの商品に組み込まれ...

外国出願費用助成事業や各種セミナーを実施し、知財を生かせば事業にプラスになるという気付きを中小企業に与え、事業拡大と活性化を後押しする。... 国内弁理士15人、中国人弁護士2人、国内弁護士29人の態...

事業に役立つ知財戦略の立案や推進、権利化、営業秘密管理、リスク管理などを支援する。... パナソニックなど大企業の下請けが集積する関西では、INPIT近畿統括本部を活用し、面接審査の円滑化を図る。&#...

企業の技術革新や、世界展開を支えるには日本の審査結果が海外でも通用し、迅速に権利化を図れる審査の質的向上が欠かせない。五大特許庁は従来、業務効率化に連携の軸足を置いていたが、今後は高品質な審査への関与...

一方、出願急増の結果、審査順番待ち期間は約4年と長期化。産業界からは早期権利化の要望が強い。

地域ブランド保護に成果を上げているが、特許庁は「権利を取って終わりではない」(幹部)と、16年度から海外展開支援事業に乗り出している。... 同商標制度は地域の協同組合や商工会、商工会...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン