電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

864件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

異常なアミノ酸の合成抑える 【東大阪】近畿大学の永井義隆主任教授らは、運動機能の低下や認知症などを引き起こす神経難病の原因物質の発生を抑える仕組みを解明した。.....

指の腹部側面が高感度 【東大阪】近畿大学の池田篤俊准教授らは、指先にかかる力など指先の感覚を“見える化”する計測システムにおいて、センサー配置の最適な設計条件を突き止めた。

【東大阪】近畿大学の伊藤彰彦主任教授らは、高血圧症の一種「原発性アルドステロン症」の原因となる遺伝子を発見した。... 英ロンドン大学クイーンメアリー校や富山大学、東北大学などとの...

【東大阪】近畿大学の白木琢磨准教授らは、食用豚を効率良く付加価値の高い「霜降り」にする豚の飼養技術を開発した。... すでに近畿大の研究グループは、飼料に含まれるアミノ酸の一種であ...

【東大阪】近畿大学の岡村大治講師らは、食肉の代替となる「培養肉」の元になる細胞を効率的に増やす方法を発見した。... 徳島大学との共同研究。

【東大阪】近畿大学とNHK大阪放送局は地域の社会課題の解決や研究活動の協力などに関する連携協定を結んだ。NHK職員が近畿大で講演や授業を実施。... 近畿大の細井美彦学長は「今回の...

ふんや唾液などDNA利用 【東大阪】近畿大学の米谷衣代講師らは、虫のふんや唾液などに含まれる遺伝物質から植物上にいる多種類の虫を検出する手法を開発した。... 京都大学と龍谷大学との...

【東大阪】近畿大学の渡邉智裕特命教授や鎌田研特命准教授らは、免疫機構が自分自身の膵臓(すいぞう)を攻撃し腹痛や下痢を引き起こす「自己免疫性膵炎」の治療の仕組みを解明した。.....

【東大阪】近畿大学の野々村照雄教授らは、農作物の生育に悪影響を与える「うどんこ病」の感染拡大を防ぐ方法を発見した。

【東大阪】近畿大学の岡田斉主任教授らは1日、膵臓(すいぞう)がんの治療薬が効かなくなる仕組みを解明したと発表した。

近畿大学は水産研究所白浜実験場(和歌山県白浜町)に導入したマダイ稚魚の自動選別装置を報道機関に公開した。

【東大阪】近畿大学と大阪産業局は中小・中堅の製造業への調査を実施し、イノベーションを創出する要因の一端を明らかにした。... イノベーションの実現には企業や大学、支援機関などの外部連携が有効で、さらに...

【東大阪】近畿大学医学部の工藤正俊主任教授らは、切除が難しい肝臓がんの治療法を開発した。... 長崎大学や徳島大学、香港中文大学など大学や病院の7施設と共同で実施した。

空港経営などに詳しい近畿大学経営学部の横見宗樹教授(国際交通論)は、「商業施設の見た目や来訪者に与えるインパクトで、『いかにお金を落としてもらうか』の工夫が重要」と話す。 &#...

大阪大谷大学の内井喜美子准教授や近畿大学の亀甲武志准教授らは、琵琶湖の水産資源で絶滅危惧種に指定されている魚類「ホンモロコ=写真」の遺伝的な多様性を簡便に評価できる手法を開発した。

グローリーは、近畿大学東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)に、同社とTOUCH TO GO(東京都港区)が提供する無人決済システム「T...

【東大阪】近畿大学は、サッカー元日本代表選手の本田圭佑氏が代表を務めるスタートアップ、Now Do(ナウドゥ、東京都新宿区)と包括連携協定を結んだ。... ...

「常識を覆す薬効発現機構」と説明するのは、近畿大学教授の松田一彦さん。

【東大阪】近畿大学農学部の松田一彦教授らは筑波大学、東北大学、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)、人工知能(AI)のスタートアップ、SyntheticGestalt...

「筋萎縮性側索硬化症(ALS)以外にアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患で原因となるたんぱく質が明らかになっている」と話すのは、近畿大学主任教授の永井...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン