159件中、6ページ目 101〜120件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

家族が時間を共有するための車。... 車両重量は従来車とそれほど変わっていない。... セレナ・ハイウェイスター 全長×全幅×全高=4770×1...

例えば、タイから逆輸入が始まった日産自動車の小型車「マーチ」。ずいぶん前にはタイに自動車産業はなかったのに、今や日本市場における量販車の一大供給拠点に成長した。

同社のHVでは「プリウス」に次ぐ量販車になる。... 小型HV専用車は小型車「ヴィッツ」級の大きさで、燃費性能はプリウスを上回る1リットル当たり40キロメートル超と量産車では世界最高水準となる見込み。...

急速な円高や国内景気の低迷を背景に、日系車各社では国内生産を中国やインドといった新興国などに移管する動きが加速し、低コスト国から車を逆輸入するケースも散見される。 ... 再編策には...

トヨタ自動車が“走りの味”にこだわったスポーツ車を続々と登場させている。12月に発売を予定する「レクサスLFA」などのスポーツモデルだけでなく、量販車をスポーツ仕様に改造した「GRMN」「Gスポーツ&...

燃費は現行車に比べ約10%改善する見通し。... 競合車ではマツダが「プレマシー」「ビアンテ」に採用している。日産が同社の国内最量販車であるセレナに同機構を設定することで普及を促す。

米国でガソリン車と同価格のHVの発売を予定するなど、次世代エコカーに力を入れている。ただ、国内では「特化してはいない」とけん制するが、大排気量エンジン車がメーンの商品展開だ。 トヨタ自動車の「...

車づくりの中心は日本―。... 国内で売る車、最高品質の『レクサス』や『プリウス』などハイブリッド車(HV)とプラグインHV、輸出専用車『サイオン』など量の少ない輸出車をかき集める。現...

一つは顧客の目に触れない車の機構部品などの金型の共通化。... 国内工場は完成車の輸出拠点から、新技術や新工法に取り組む拠点へと位置付けが変わり、量販車の輸出は現地化する考え。

トヨタ自動車は量販車をスポーツ仕様に改造した「Gスポーツ(通称ジーズ)」のシリーズ展開に乗り出す。... 若者のクルマ離れなどで国内市場の先行き不透明感が強まる中、エコだけでなく、走る...

国内で生産する輸出向け量販車を順次、現地生産化し、「長期的に見て、為替変動に強い弾力的な生産体制をつくる」(幹部)方針だ。 ... 具体的には、利幅の薄い小型車「デミオ(...

先進国から新興国、ガソリン車からハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)へと競争の舞台が変わり、業界の世界再編が加速する今、豊田社長の手腕に世界が注目する。... カ...

誰もが振り向く小型クロスオーバー車だ。車名の由来は「(スポーツでディフェンスを)軽快にかわす」。... フロントガラスも量販車では最大級に曲げており、ワイパーが稼働するぎりぎりの水準だ...

「為替変動に強い弾力的な生産体制をつくることが必要」(新美篤志副社長)とし、輸出量販車を段階的に現地生産にシフトする。... トヨタの国内工場再編策は輸出量販車の現地シフト、生産ライン...

ビー・エム・ダブリューは、スポーツ多目的車(SUV)「ニューBMW X1」の注文受け付けを始めた。... 「輸入車に限らず日本市場はコンパクトなセグメントが主流」(クル...

最量販車「C200コンプレッサー」の後継モデル。... 新型車は旧モデルに比べ燃費を4%改善し、1リットル当たり11・6キロメートル、トルクを8%増にした。... 高級車の販売が低迷し...

フォルクスワーゲングループジャパン(愛知県豊橋市、ゲラシモス・ドリザス社長、0532・44・2222)は最量販車「ゴルフ」とクーペ「シロッコ」にスポーツモデルの「R」を設定し、2月に発...

11年春にはスポーツ多目的車(SUV)「トゥアレグ」ベースのハイブリッド車(HV)も投入する。... ベース車の「アップ」は11年から内燃機関モデルの量産を始め、海外で...

ホンダの新型ハイブリッド車(HV)「CR―Z」が2月上旬に発売されるのを皮切りに、2010年の自動車各社の新型車投入が始まる。... 最量販車のミニバン「セレナ」など主力級の新車がめじ...

「車の味付け」。... 欧州好みの先鋭的なデザインの小型車「オーリスHV」は欧州専用車。... 量販車は走行距離を60キロ―80キロメートルに抑え、高価な電池の数を減らして低価格化する予定だが「あの車...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン