4,119件中、8ページ目 141〜160件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

新明和工業はIoT(モノのインターネット)技術を使い、機械式駐車設備の点検や部品交換などの保守・保全費を従来比14―27%低減できる遠隔監視点検システム「スマートメイン」を開発した...

システム開発などを手がけるMARUKU(熊本県山都町)は、熊本県芦北町のIT企業3社と共同で、被害に遭った民家の復旧ボランティアに取り組んでいる。

システム開発職の高卒生3人が初めて入社した。

大林組は15日、既製コンクリート杭工事の支持層到達確認支援システム「杭番人」を開発したと発表した。... 新システムでは、計測した杭打ち機の振動を周波数別に分析。

東北大学電気通信研究機構の吉田真人准教授と中沢正隆特任教授の研究チームは、波長分割多重伝送の採用で、通信速度が従来比100倍となる毎秒10テラビット(テラは1兆)超で秘匿性の高いデータ伝送を可能とした...

大成建設、超高集積サーバー対応の液浸冷却システム開発 (2020/7/15 建設・生活・環境・エネルギー1)

大成建設は14日、RSI(東京都千代田区)、篠原電機(大阪市北区)と共同で、超高集積・高発熱サーバーに対応する液浸冷却システム「爽空sola」を開発したと発表した。... 新システムは、サーバーを丸ご...

商談・納期短縮 ジェイテクトは、研削盤とギアスカイビング加工機の加工テストをコンピューター上で完結できる「自動設計システム」を開発し、商談に活用し始めた。... 同様のシステムによる...

【千葉】オールセンサーズアジアパシフィック(千葉県船橋市、秦〈しんの〉哲夫社長、047・489・5939)は、日本を中心とするアジア市場でセンサーを中核にシステム構築(SI)事業に本格展開する。......

不動テトラとソイルテクニカ(東京都中央区)は、大型地盤改良機で初めてとなる自動打設システム「ジオパイロット・オートパイル」を開発した。... 同システムはコントロールユニットが施工機を制御し、撹拌軸の...

三井住友建設、即時異常検知システム開発 地震時の構造物異常検知 (2020/7/14 建設・生活・環境・エネルギー1)

三井住友建設は地震による構造物の異常を点検するためのワイヤレス振動センサーを用いた「即時異常検知システム」を開発した。... 同システムは、東京大学生産技術研究所の水谷司准教授と共同開発した異常判定手...

極東開発工業は受注するゴミ収集車に対して、IoT(モノのインターネット)技術を使ってユーザーが車両の稼働情報を確認できるサービスを始めた。... ゴミ収集車ユーザー向けのアプリは、19年に修理拠点向け...

企業信用情報/10日・13日 (2020/7/14 総合2)

【数字の見方】 (1)業種(2)所在地(3)資本金(4)代表者(5)負債額(6)事由 【10日】 ◎虎杖東京 (1)飲食店経営ほか(2)東京都中央...

工具の使用可否をAI判定 石原産業、検査工程システム化 (2020/7/9 中小・ベンチャー・中小政策)

システム開発の電算と光学機器を扱うヴイエス・オプティクス(さいたま市南区)が協力する。 ... ヴイエス・オプティクスの処理装置で撮った画像を電算が最新のAI外観検査システムでデータ...

17年に製造設備の全情報のログを取るパッケージタイプで、システム開発会社から数百万円の見積額が提示された。... 新産業創造研究機構(NIRO)による技術指導や「IoT・AI・ロボット導入補助金」の採...

同社は金融など向けシステム開発が主力事業。

双日、Looopに出資 (2020/7/9 国際・商社)

双日は太陽光発電システム開発や電力小売り事業を手がけるLooop(東京都台東区)と業務提携した。... 同社は2011年の設立で、これまでに2500件以上の太陽光発電の開発、販売、施工と4000カ所以...

シーポイントはウェブデザインやシステム開発が主力。... その後、静岡大の総合科学技術研究科などの学生3人に協力を仰ぎ、各種部品や電子回路の設計、モーターやバッテリー制御システムの開発などを進め、製品...

【福島】福島県は2020年度の地域復興実用化開発促進の補助事業としてロボット関連、エネルギー、環境・リサイクル、農林、医療、廃炉、航空宇宙の7分野計63件の事業を採択した。... ▽マルチコプター型無...

清水建、コンクリ打設施工管理支援 総合管理システム開発 (2020/7/3 建設・生活・環境・エネルギー)

清水建設は若手土木技術者の施工管理業務を支援するコンクリート品質総合管理システム「コンクリート ステーション」を開発した。... 今後は検討・対策・施工結果の評価・分析結果を学習させ、人工知能(AI)...

アトラクター(長野県軽井沢町、濱田淳社長)とテレビ信州、構造計画研究所は、テレビの放送電波とスマートフォンの無線通信を組み合わせた災害情報伝達システムを構築した。... アトラクターとテレビ信州が開発...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる