電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,893件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

業界全体に潤いをもたらした2012年ごろの「アベノミクス」以降は低迷期もあったが、重点分野の絞り込みなどの受注戦略が奏功し1000億円以上の当期利益を安定的に確保。

「アベノミクス」は大企業が先行して潤えば、恩恵が中小や家計にしたたり落ちる「トリクルダウン」が生じると考えられた。

安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」でも実現できなかったデフレ脱却宣言で政権浮揚につなげられるか。

基幹労連の津村正男中央執行委員長は「あくまで個人的な見解」と前置きした上で「企業業績が大幅に回復したアベノミクス以降、もう少し賃金改善を進めるべきだったとの思いはある」と胸の内を明かす。

政治資金問題でアベノミクスを推進する安倍派の勢力が低下すれば、日銀は政策修正しやすいとのエコノミストの指摘もある。

政治資金パーティーをめぐる問題で、アベノミクスを推進する安倍派の勢力が低下すれば、日銀が金融政策を正常化しやすくなるとのエコノミストの指摘もある。

政権の「新しい資本主義」はアベノミクスの継承が多く、党内融和を優先する安全運転に終始した感を否めない。

アベノミクス(第2次安倍政権の経済政策)以降、投資はきちんとプラスのパフォーマンスを出す時代になった。

1回目は90年前後のバブル経済期(90年12月、91年3月マイナス46ポイント)、2回目はリーマン・ショック前の好景気(07年3月マイナス12ポイント)、そして12年末...

アベノミクスの金融緩和以外の施策である財政出動と構造改革は機能してきたのか、併せて検証する必要があろう。 ... アベノミクスの“3本の矢”のうち、構造改革ではイノベーションをこれま...

(埼玉県川口市) 富士電工社長・吉田博氏 各国と異なる政策に価値 ①ゼ...

自民党内で安倍晋三元首相の「アベノミクス」支持が根強い中、異次元緩和の副作用の是正と物価安定目標の実現という難題に臨むことになる。... アベノミクスを支持する自民党に配慮した慎重なスタートと言える。

だがアベノミクスのうち構造改革が進まず、金融緩和に過度に依存した“1本足打法”の限界を浮き彫りにした。

アベノミクスと異次元緩和の継続を訴える自民党内には「当面、緩和維持」を支持する植田氏を歓迎する声が聞かれる。

安倍晋三元首相の経済政策「アベノミクス」の柱である大規模な金融緩和策を終了する“出口戦略”をどう描くか注目されるが、早急な金融引き締めは景気に悪影響を与えかねない。

植田氏は当面、安倍晋三元首相の経済政策「アベノミクス」の柱である大規模な金融緩和策を継続するとみられるが、今後「出口戦略」をどう描くかが注目される。

だがアベノミクスのうち構造改革が進ます、金融緩和に過度に依存した”1本足打法”の限界が浮き彫りになった。

これまでの10年間、日銀はいわゆる安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の一環として、異次元とも称される極めて大胆な金融緩和を行ってきた。

だがアベノミクスの「3本の矢」は金融緩和に依存し過ぎる“一本足打法”となり、共同声明からほぼ10年を経て異次元緩和はむしろ副作用が問題視されている。

13年3月に就任した黒田東彦日銀総裁の下で、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の「3本の矢」の一つである「大胆な金融政策」にシフト。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン