65件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.023秒)

モノづくりの心を探求する(50)歴史のサイクル (2019/11/28 中小・ベンチャー・中小政策)

企業の在庫投資の変動に関連した「キチンサイクル」(3―4年程度)や、設備投資の周期に合わせた「ジュグラーサイクル」(10年程度)、建物の建て替えに起因する「クズネッツサイクル」(20年程度)、技術革新...

思い入れがあるからこそ……住宅産業 (2019/10/30 特集・広告)

スムストックでは適切な修繕を経た住宅は既存の価値を価値としてキチンと評価されるべきだとして、独自の計算式を用いたスムストック査定を採用。

「当社はセルロースのほかに、キチン、キトサン、シルクなどのバイオマスナノファイバーを扱っている。

企業研究/スギノマシン(6)環境変化に備える“遊撃隊” (2019/9/12 機械・ロボット・航空機1)

自社商品の湿式微粒化装置を用い、セルロースやキチンなどをナノファイバー化したビンフィスを11年に商品化した。

キーワード/多糖 (2018/8/30 大学・産学連携)

でんぷんや、植物の細胞壁を構成するグルカンやセルロース、菌や節足動物の外骨格を形成するキチンなどが該当する。 ... A こうじ菌の菌糸の細胞壁には、異なる結合を持ったグルコースの多...

政府は「復興道路、復興支援道路などは、キチンとこの2年間で完成させていく、いかねばならないという決意でやっている」(吉野正芳復興相)とするが、復興庁廃止までに完成するかは不透明だ。

害虫から植物守る、新たんぱく質 農研機構が発見 (2018/7/27 建設・エネルギー・生活2)

囲食膜は甲殻類や昆虫が持つ高分子のキチンでできている。キチンの合成を阻害する薬剤とMLX56様たんぱく質を、一緒に幼虫に食べさせると成長阻害は起きなかった。... ヒトを含む脊椎動物の体内にはキチンも...

イカの中骨からカルシウムとたんぱく質を取り除き、高い圧力をかけるとキチンがほぐれ、β―キチンナノファイバーになる。カニやエビなど甲殻類由来の「α―キチン」は、アレルギー原因物質であるトロポミオシンが含...

材料をパルプのほか甲殻類由来のキチン・キトサンにも広げ、バイオマスナノファイバー「ビンフィス」として展開している。

植物の成長を促す窒素、リン、カリウムがバランスよく含まれているほか、植物の免疫防御を高めるキチンを多く含んでいるのだという。

スギノマシン(富山県魚津市、杉野太加良社長、0765・24・5111)は、材料を甲殻類由来のキチン・キトサンにも広げ、バイオマスナノファイバー「ビンフィス」として展開する。... 木材パルプから取れる...

新開発のキトサンナノファイバーを含む複合材は、カニやエビの殻などから得られるキチンやキトサンを原料として使用する。

またキチンを主成分とした細胞壁を持つエノキの細胞構造が、200度C以上で煮崩れをはじめ、最終的に400度C近辺で完全分解される様子を観察したという。 キチンはセルロースに次いで世界で...

また、カニ殻などに含まれるキチン・キトサンを原料とした保湿剤や乳化剤「キトローション」にも力を入れる。

キチン・キトサンなど天然高分子を原料にした胸部癒着防止膜で、このほど科学技術振興機構の産学共同実用化開発事業に採択された。

オムニは小売業の魅力を高めると同時に、小売業の基本がキチンとできているかを問う機会になるかもしれない。

その決断が個人消費に少なからぬ影響を及ぼす▼中小企業は消費増税分を取引価格に転嫁できない場合、公正取引委員会などにキチンと駆け込むだろうか。

大事なのは物価上昇に応じて給料をキチンと上げ、投資をどこまでやるか。

イネを用い、カビに特徴的な分子である多糖のキチンを検出する受容体がキチンを両側から挟み、2量体を形成することを突き止めた。

コウイカの骨は炭酸カルシウムとβキチンの作用で止血効果を発揮する。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる