838件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

産業春秋/経済指標 (2020/8/11 総合1)

リーマン・ショックはサブプライムローンを複雑に証券化した商品の価格が暴落し、金融危機を招いて実体経済を悪化させた。

かつてのサブプライムローン問題では、どこに原因があって、事態がどう進展するのかが、金融当局ですらはっきりしなかった」 ―経済への影響が深刻です。

足元の米国の株価が歴史的に維持困難な水準を大きく上回っていること、金融機関の行動も、サブプライムローンのようなでたらめはないにしても、いったん金融が混乱すれば買い手がつかなくなるような高リスク資産の組...

投資銀行部門では通信や商社などを担当し、経営企画部長を務めていた時には「サブプライムローン(信用力の低い個人を対象にした低金利住宅ローン)危機」も経験。

産業春秋/ウサギ・バブル (2019/7/5 総合1)

バブルと言うと、日本の不動産バブルやリーマン・ショックを引き起こした米国のサブプライムローン(信用力の低い低所得者層向け高金利住宅ローン)バブルがまず思い浮かぶ。

産業春秋/忘れがたい事案 (2019/5/13 総合1)

長引く不景気の影響で、わが国の金融機関はリーマン破綻の主因となったサブプライムローンなどをあまり購入していなかったため、直接的な影響は比較的軽微だった。

産業春秋/平成最大の経済事象 (2019/4/30 総合1)

きっかけとなったサブプライムローン(信用力の低い個人を対象にした低金利住宅ローン)危機は07年に起きている。

住宅ローン借り換えサービス ネットで“最適ローン” MFS(東京都千代田区)は、日本初となるオンライン型の住宅ローン借り換えサービス「モゲチェック」を運営する。全...

直近2回は95年の阪神大震災や07年の米サブプライムローン問題表面化の年であったが、総合的には好成績であり、19年も期待したい。

不撓不屈/アクタ(2)逆境からV字回復 (2018/11/28 中小企業・地域経済1)

土地売却の契約は米国のサブプライムローン問題が日本に伝えられる直前。

被災中小の早期復旧後押し 【危機続きの10年】 日本政策金融公庫(日本公庫)の発足を間近に控えた2008年9月15日、米サブプライムローン問題に端を発し、米投資銀行...

米国で住宅バブルが崩壊し、サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅ローン)を抱えた金融機関や住宅ローン担保証券を大量に発行した投資銀行の財務が急速に悪化。

「当時、野村証券ではサブプライムローン(信用度の低い個人向け住宅融資)を証券化した商品を扱っていたが、規模が膨らみすぎており、縮めることができないかと考えていた。

米国でサブプライムローン問題が起こり、低所得者向け住宅ローンが回収できなくなり、銀行が破綻。ローンの引き受け手であった投資銀行・リーマン・ブラザーズが倒産し、世界的金融危機「リーマン・ショック」につな...

その背景にはサブプライムローン問題に端を発したリーマン・ショックや格差拡大の責任を感じ、アンチテーゼとして日本を見直しているという。

本書はリーマン・ショックに至る経緯について、各国の金融行政動向やサブプライムローン問題を中心に金融危機で明らかになった課題を整理した。

サブプライム住宅ローンではなく、ショッピングモール運営会社の借り入れがその標的だ。メーシーズやJCペニーなど小売りチェーンの苦戦が伝えられる中で、商業用不動産ローン担保証券(CMBS)の空売りが増えて...

だが、インセンティブ(販売奨励金)やサブプライムローンに依存した販売で「市場の中身を見ると強制的に支えられている部分もある」(ムニョス)という。 ... 日本車2位のホンダとの距離を...

問題の端緒となった米司法省とのサブプライムローン市場での不正販売での和解金問題は決着が間近。... 米司法省が08年の経済危機時にサブプライムローン市場で住宅ローン担保証券(MBS)を不正販売したとし...

「米国は隠れたサブプライムローンが心配だが、市場は1700万台を超えるだろう。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる