262件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

同社のRPA適用や活用推進は情報システムサービス部が担当している。... その理由は「費用対効果に見合ったロボット活用を意識させている」(情報システムサービス部の桂智之部長)ためだ。さらに基幹システム...

三菱電機は4日、介護支援システムを開発するスタートアップ企業のジーワークス(東京都新宿区)に出資したと発表した。... 両社は今後、センシングデバイスの共同開発やクラウド上でのデータ連携、介護支援サー...

クラウドサービスなどの利用が急拡大する中で、イントラネット(社内情報通信網)の内と外の境界領域が曖昧になってきている。 ... 自社のシステム・サービスや、公開しているプログラムのバ...

小売りや外食事業者向けに食品などの中間流通機能を担う三井食品、ベンダーサービス、リテールシステムサービス、物産ロジスティクスソリューションズの子会社4社を傘下に置き、デジタル技術を用いた消費者向けサー...

東芝、海外拠点にサイバー攻撃検知ツール配備 監視レベル強化 (2020/7/21 電機・電子部品・情報・通信1)

社会を支えるインフラサービス企業として万全の体制を整える。 ... 自社の体制だけでなく、製造業にとって販売する製品・システム・サービスの安全性確保は不可欠だ。 ....

三菱電、再生エネ関連開拓 専門チーム増員 (2020/7/1 電機・電子部品・情報・通信)

電力システムの営業と工場側両方に再生エネ専門のプロジェクトチームを立ち上げた。... 電力・産業システム事業本部長の高沢範行常務執行役は「プロジェクトグループに開発費と人員を集中して、伸びる再生エネ投...

食品・日用品雑貨の中間流通機能を担っている三井食品、ベンダーサービス、リテールシステムサービス、物産ロジスティクスソリューションズの子会社4社をその傘下に置いた。 これまで各社に分散...

佐賀県は「Web面接システム」の提供を始めた。ウェブ面接をしたい企業にウェブ会議システムサービスのアカウントを無料で貸し出す。

日本機械工業連合会(日機連)は13日に、省エネルギー効果の高い産業用機器やシステムを開発した企業・団体向け表彰制度「優秀省エネ機器・システム表彰」の募集を始める。今回から省エネルギー機器・システムだけ...

日立、東証にデータ利活用基盤提供 システム間で相互参照容易 (2020/3/18 電機・電子部品・情報・通信2)

取引データなどから帳票を作成するシステムや、取引・決済で発生する手数料を計算するシステムを新データ基盤に集約。異なるシステム間でのデータの相互参照が容易になった。... 東証システムサービス(東京都中...

国土が限られる国内でのさらなる再エネの導入促進策の検討に加え、欧州・米国といった気候変動対策に積極的な地域の投資事業への製品・システム・サービスの事業拡大を強力に進め、事業化支援を行うとともにその投資...

富士経済(東京都中央区、清口正夫社長、03・3664・5811)は、小売り・外食・宿泊業向け機器・システム&サービスの国内市場をまとめた。

富士経済(東京都中央区、清口正夫社長、03・3664・5811)は、2022年のセキュリティー関連機器やシステム、サービスの国内市場が18年比8・9%増の1兆741億円に拡大するとの調査をまとめた。&...

NEC、ローカル5G本格参入 甲府とタイに自前導入 (2019/12/18 電機・電子部品・情報・通信1)

システム構築(SI)型とクラウドサービス型を合わせ、10%以上のシェアを目指す。まずは23年度までにローカル5G関連製品・サービスで100以上の企業・団体への提供を見込む。 ... ...

三菱電機、情報システムの子会社再編 (2019/12/13 電機・電子部品・情報・通信2)

三菱電機は、2020年4月1日付で情報システム・サービス事業の組織再編をする。

IoTで監視、設備保全効率化 三菱電機システムサービスはもともと家電製品のアフターサービスを目的に設立された。その後は全国に張り巡らしたサービス網をいかして事業を多角化していった。現...

両備システムズ、子会社5社を吸収 (2019/11/6 中小企業・地域経済2)

間接業務などを効率化し、営業部門やシステム開発部門を強化する。... 吸収するのは両備システムイノベーションズ(同)、リョービシステムサービス(同)、両備システムソリューションズ(同)、リオス(同)、...

スマート会議向けのシステムやサービスは翻訳や音声のテキスト化などさまざまな機能が利用でき、会議の質も高められる。... 同サービスはTISのAIエンジン「コエット」を活用。... スマート会議システム...

富士通の4―6月期、営業益95%減 特殊要因で目減り (2019/7/26 電機・電子部品・情報・通信1)

だが、国内ITサービスとシステム製品の伸びが力強く、特殊要因を除いた本業ベースでは、前年同期の239億円の営業赤字から、実質的に黒字転換した。 主力のシステム・サービス事業は国内市場...

国内市場では中核のシステム・サービス事業を軸に「圧倒的な存在を示す」と強調。海外では懸案の欧州の事業再編を推し進め「サービス事業への転換を促進する」と反転への意欲を示した。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる