電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

26件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

観測データとシミュレーションを組み合わせて予測精度を向上させる「データ同化」に注目。大きな渦のデータがあれば、小さな渦を推定できるという現象を理論的に裏付けできた。... 大きな渦のデータから小さな渦...

AIでスマート社会実現 NEDO、3分野21テーマ実装 (2023/5/4 科学技術・大学2)

AIには日照量や降水量、気温などの天候データと卸売価格データを学習させる。... さらにデータ同化で計測結果にシミュレーションを合わせるようパラメーターを最適化する。... 産総研の大西正輝研究チーム...

HFレーダーは海峡の流向や表面流速を観測できるため、これを津波予測に応用するデータ同化手法を開発。トンガ噴火による津波について、津軽海峡東部に設置した3カ所のHFレーダーと沖合の日本海溝海底地震津波観...

物質・材料研究機構の坂牛健主幹研究員と東京大学の渋田靖准教授らは、電極触媒での電解還元反応にデータ同化を適用することに成功した。... 燃料電池で起きる酸素還元反応にデータ同化を適用した。... この...

天田財団、今年度前期の助成テーマ82件(1) (2021/10/20 機械・ロボット・航空機1)

(敬称略) 【研究開発助成/重点研究開発助成 課題研究(塑性加工)】▽吉田佳典/岐阜大学工学部機械工学科機械コース「強連成...

科学技術の潮流(99)計算社会科学で議論深化 (2021/5/14 科学技術・大学)

【仮想社会活用】 社会のさまざまな様相をとらえるビッグデータ(大量データ)とデータ解析やシミュレーションといった高度な計算技術を用いて社会現象を分析する、計算社会科学...

国立環境研・理研など、「富岳」で史上最大規模の気象計算 (2020/11/24 電機・電子部品・情報・通信)

(編集委員・斉藤実) 今回の実証結果は、世界の気象機関が日々行っている気象予測のための「アンサンブルデータ同化計算」と比較して、約500倍という、史上最大規模の気象計...

なじみのない「データ同化」という専門用語に、何か分からないかもしれない。... データ同化の研究は、シミュレーションというコンピューター内に作り出した仮想現実の中に、データという異質のものを同化する研...

先端医用物理・情報工学研究センターは生体情報センシング部門、計算科学部門、データ科学部門で構成する。... データ科学部門はマルチモダリティや機械学習、データ同化で各部門の有機的連携を図る。... ま...

現場はデータへの投資効果を計り、AIの先端や限界を理解する必要がある。... 【「データ同化」】 シミュレーションはAIの信頼性評価にも使われる。... 麻生英樹副研究センター長は「...

データ同化に当たり、衛星が捉える「赤外放射輝度データ」をシミュレーションに組み込むアルゴリズムを開発。... ひまわり8号の10分ごとの輝度データを同化することで、急発達や台風の外側にある降雨帯の位置...

整合性が取れたため、「データ同化」と呼ばれる手法を使って観測データをシミュレーションに組み込む、本格的な研究に着手した。

こうしたデータの開発は国内で初めて。... 研究グループは、エアロゾルの時空間分布を調べる従来の手法を「データ同化」と呼ばれる技術で融合し、エアロゾルの分布や挙動を詳細に再現した。 ...

防災科学技術研究所は、気象予測などに利用できるデータ「客観解析値」を作成して民間気象会社に提供し、首都圏の天気予報の精度を向上させるなどの共同研究を10月にも始める。... 数値シミュレーションで算出...

統計数理研究所は、モノづくりを戦略目標とするデータ科学の研究拠点「ものづくりデータ科学研究センター」を1日付で設立した。機械学習や最適化、データ同化、ベイズ推論などのデータ解析手法を駆使し、新物質や新...

理化学研究所計算科学研究機構データ同化研究チームの三好建正チームリーダーらは、30分後までのゲリラ豪雨を予測する手法を開発した。スーパーコンピューター「京(けい)」と、フェーズドアレイ...

NEDO技術戦略研究センターの小川ゆめ子研究員は「最近のビッグデータ(大量データ)解析技術や人工知能(AI)技術の進歩が新しい開発アプローチを可能にした」と説明する。....

次世代の研究ではシミュレーションと観測データがそろい、双方を組み合わせて補い合う「データ同化」が可能になる。リアルタイムのデータ同化が実現すれば新たな防災システムの道が拓ける。(小寺貴之...

【膨大なデータ解析し融合】 材料の結晶構造や組織構造などのデータを集め、膨大なデータを統計やコンピューターで解析するマテリアルズ・インフォマティクスが立ち上がろうとしている。... ...

【理研計算科学研究機構データ同化研究チームリーダー・三好建正氏(37歳)】 天気予報に革命をもたらす―。... 研究分野は、ビッグデータ(大量データ)...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン