144件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

欧州では洪水が経済被害の上位を占め、02年ドイツの165億ドルが筆頭だが、500億ユーロとも言われる今年の洪水被害がトップにつくのはほぼ確実である。... そもそも、人為的な気候変動がなかったとしても...

温室効果ガスの排出削減に向け、化石燃料専用ボイラからCFBボイラへの移行が進んでおり、拡大が見込まれる点検需要を取り込む。 ... SFWは、まずオーストリアとブルガリア、ドイツ、ポ...

ドイツ紙、南ドイツ新聞とのインタビューで語った。フォンデアライエン委員長は、10社を上回る欧州の自動車メーカーが2028―35年の間に温室効果ガスを排出しないゼロエミッション車へ生産を切り替える方針を...

【フランクフルト=ロイター時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲンの高級スポーツカー子会社ポルシェは、充電時間を大幅に短縮させる高性能バッテリーの生産で独電池メーカーのカスタムセルズと合弁企業を設立す...

民間へ配慮足りず不協和音 メルケル政権は12日に気候保護法の改正を閣議決定し、温室効果ガス(GHG)削減政策を強化したが、製造業界からは民間経済への配慮を求める声も出ている。... ...

CO2を資源化、プラに 化学大手各社にとってカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を目指す世界の動きは事業構造の転換を促す変化点となる。... 環境省の2017年度調査に...

【ベルリン=時事】ドイツ政府は、温室効果ガスの排出量を、2045年までに吸収分と差し引きで実質ゼロとする改正気候保護法案を閣議決定した。

金融市場から活発な投資を呼び込む環境を整備し、EUが目標とする2050年までの温室効果ガス排出「実質ゼロ」の実現につなげる。... 今回の案では、発電や交通、製造などEU域内の温室ガス排出量の80%近...

21日には英通信大手ボーダフォン・グループの独法人ボーダフォン・ジャーマニーと、5Gを活用した走行試験をドイツで始めたと発表した。 ... まず、世界的な温室効果ガス排出削減の潮流で...

【岡山】ナカシマプロペラ(岡山市東区、中島崇喜社長)は13日、ドイツの舶用機器メーカーのベッカーマリンシステムズ(BMS)を買収したと発表した。... ナカシマプロペラは温室効果ガス排出削減などに対応...

未来の世代に聖火を渡す、若い世代の手の中に 19世紀にドイツ統一を果たした宰相オットー・フォン・ビスマルクは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言ったとされる...

欧州では売却・閉鎖を予定していたスロバキア工場やドイツの研究開発拠点は、成長が見込めるため存続を決めた。... タイムリーな市場投入に向けて提案、開発している」 ―カーボンニュートラ...

エネルギー基本計画 30年に再生エネ40―50%、国内92社が声明 (2021/1/19 建設・生活・環境・エネルギー)

現エネルギー基本計画は30年の再生エネ比率を22―24%と見通しているが、50年の温室効果ガス排出実質ゼロ達成に向けて比率の引き上げが焦点となっている。... また海外では欧州連合(EU)が57%、ド...

DMG森精機は12日、2021年内にグローバル全体でのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)達成を目指すと発表した。ドイツ法人では自社内の事業活動について20年末に達成しており、今後は日本や...

【フランクフルト=時事】ドイツ自動車大手各社が、電気自動車(EV)などの電動車開発に向けた投資に本腰を入れている。... EUは2020年12月、EVなど温室効果ガスを排出しない乗用車の普及を、30年...

にっぽん再構築/「脱炭素」―世界が投資合戦 (2021/1/4 建設・生活・環境・エネルギー)

2021年は、温室効果ガス排出を実質ゼロにする「脱炭素」に向けた投資合戦が幕を開ける。... KEYWORD 脱炭素  温室効果ガスの排出実質ゼ...

海外に目を向けると、ドイツ政府は23年以降、20年間の国債返済計画をあらかじめ立てている。... (編集委員・米今真一郎) 温室効果ガス “脱炭素マネー”争奪戦始まる ...

ドイツ・アディダスは21年夏、リサイクル可能な素材で作ったランニングシューズを発売する。... 米マッキンゼー・アンド・カンパニーなどの報告書によると、繊維・アパレル業界の温室効果ガス排出量は世界全体...

同委員長は、2050年までに域内からのCO2などの温室効果ガスを実質ゼロにするという目標を掲げ、気候変動対策を最重要の政策課題の一つと位置付けている。 ... 欧州で最も水素エネルギ...

日本政府が2050年の温室効果ガス排出の「実質ゼロ」を目標に掲げる。... (生活に関連記事) □   ■ 実質ゼロは、再生可能エネルギーの導入や省エネルギー化で二...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる