197件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

日本有機資源協、プラ資源循環で報告会 (2021/6/17 建設・生活・環境・エネルギー)

日本有機資源協会(東京都中央区、牛久保明邦会長=東京農業大学名誉教授)は7月16日と19日、プラスチックの資源循環や代替素材の実証成果の報告会を開く。... 環境省のプラスチック資源循環システム構築実...

政府は11日に開く統合イノベーション戦略推進会議(議長=加藤勝信官房長官)で、これまでの「バイオ戦略」を集約・改訂した「バイオ戦略フォローアップ」を決定する。... また、環境省など関係各省が策定した...

日本プラスチック工業連盟、新4カ年計画 (2021/6/9 素材・医療・ヘルスケア)

日本プラスチック工業連盟は2024年度までの新4カ年計画をまとめた。プラスチック資源循環技術の社会実装や、プラスチックのイメージアップ、国際的な資源循環の規格化などに対する日本から主体的な主張発信を柱...

バイオ分野への注目が高まり、米国など15カ国以上がバイオ技術を活用した社会「バイオエコノミー」に向けて戦略を策定している。... 併せて「すべての産業が連動した循環型社会」「多様化するニーズを満たす持...

DJK、横浜・名古屋に研究所 環境材料開発を加速 (2021/4/8 素材・医療・ヘルスケア)

産業界で天然高分子や生分解性プラスチックなど、環境問題に対応した先端材料の開発ニーズが高まっているのを背景に、研究開発体制を強化する。... バイオプラスチックやセルロースナノファイバー(CNF)、生...

電池材料やバイオプラスチック、半導体関連、予防医療などは事業強化を急ぐ。

バイオプラ成長に一役 「バイオプラスチックをより形あるものにして、世に送り出したい」。バンドー化学の神代早紀さん(34)は、産休・育休取得後に短時間勤務でプラスチ...

リケジョneo(131)バンドー化学・神代早紀さん (2021/1/25 ひと カイシャ 交差点)

私はプラスチックなどの配合設計や、どのように加工するかといった研究をする樹脂技術グループに属しています。 ここ数年はバイオプラスチックの事業化に向けて配合調整などに取り組んでいます。

拠点を軸にバイオベンチャーなどが持つ技術の実用化や規模拡大への後押しとともに、技術連携促進や投資の呼び込みなどが一体で進むバイオエコノミーの形成を目指す。 ... バイオプラスチック...

三和化工、植物由来樹脂で発泡体 緩衝材など向け提案 (2020/12/3 素材・医療・ヘルスケア)

原材料にサトウキビ由来のバイオマス樹脂を一定の割合で含有し、日本バイオプラスチック協会(JBPA)の基準を満たした。... 開発したのは、廃棄時、焼却の過程で発生するCO2排出量を低減できる独立気泡バ...

その中で事業化にこぎつけたのがマレーシアでの固体バイオマス燃料事業だ。パーム油の搾油過程で大量に発生する廃棄物(パームヤシ空果房)を燃料ペレットや、バイオプラスチックとして活用する。... 需要が見込...

重工「脱炭素化」加速 ビジネスモデル刷新へ (2020/10/21 機械・航空機 2)

住友重機械工業は子会社がバイオマス発電に利用できる蒸気タービンの受注拡大を目指す。... またIHIはマレーシアで、固体バイオマス燃料事業に乗り出している。パーム油の搾油過程で発生する廃棄物(パームヤ...

プラスチック問題解決を目指して「若手社員を中心に社内横断型プロジェクトを立ち上げた」。紙化や減プラ、バイオプラスチックなどの観点から代替素材や代替製品の開発・流通に取り組む。

最近はバイオプラスチックなど環境に優しい素材を使った製品開発にも携わる。

東洋紡は2050年までに工業用や食品包装用などの全フィルム製品をバイオプラスチック化する。... 社外でも12社と共同で新会社「アールプラスジャパン」を設立、27年に使用済みプラス...

これに対し世界では、海洋プラスチックゴミ問題を背景に、ワンウェイプラスチックの使用削減へ向けた機運が高まる。... 合成樹脂製品やラミネート製品、食品容器など多彩な資材を展開する同社だが、バイオに関す...

明治、プラ使用25%減 30年度までに (2020/6/11 建設・生活・環境・エネルギー2)

明治は包装容器の軽量化などにより、プラスチック使用量を2030年度までに17年比25%減にあたる7700トンを削減する。... また、牛乳などのパック製品のストローは、年間6億本を20年度から順次バイ...

環境省、バイオプラに導入行程表 用途別に時期明示 (2020/5/21 建設・生活・環境・エネルギー)

環境省は植物由来素材を使ったバイオプラスチックの導入ロードマップ(行程表)を策定する。... 政府は19年5月末、「プラスチック資源循環戦略」を策定し、30年までのバイオプラ200万トン導入や使い捨て...

ヘミセルロースは生分解性や流動性、透明性などの機能をもつ非結晶性バイオプラスチックとして可能性があり、同社は製品開発を進める。

しかし、バイオ技術は主に食品の分野で使われ、医薬品は3割、材料は1割と偏っている。... 日本でもバイオエコノミー実現に向けた動きが活発化し、新たなバイオ市場を作り出すことが模索される。... 【まず...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる