22件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.021秒)

「中央技術研究所には、製油所の精製プロセスのミニチュア装置があり、24時間稼働してデータを取得している。... もう一つがマテリアルズ・インフォマティクス(MI)だ。

NEC、材料開発AI外販 中研で技術蓄積 (2020/2/12 電機・電子部品・情報・通信2)

NECは、人工知能(AI)技術などを材料開発に応用する「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」の外販を始める。... 微量元素の添加量と性能が正の相関にあれば微量元素を増やす、合成温度のばらつきが...

成長戦略の一つにプロセス改革を掲げており、生産ではICT(情報通信技術)を用いたスマート工場化に取り組んでいる。 ... 研究開発では物質・材料研究機構(NIMS)との共同研究で、マ...

ロボティクス技術の活用により、プロセスデータを精緻に取得できるので、これを解析するプロセスインフォマティクスによって合成工程を合理化できる。 ... 計測結果からノイズなどを除去し適...

開発、AIで劇的に加速 2019年、人工知能(AI)を活用して素材の研究開発を数倍―数十倍にも効率化する「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」の取り組みが、化学業界で一気に加速...

富士フイルム、米にバイオ医薬研究拠点 日米2極整う (2019/12/6 素材・医療・ヘルスケア)

再生医療や遺伝子治療といったバイオ医療の基礎研究や生産プロセス開発を担う組織で、グループ内の技術融合も推進する。 ... 得意とする画像解析技術や最先端のICT技術などを活用し、細胞...

MI研究を成功に導く 【莫大な時間・経費】 「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)研究を行うためには、どのくらいデータ数が必要ですか?」... 材料合成を最小限...

日立、材料開発期間を半減 硬質アルミなどAI支援加速 (2019/11/20 電機・電子部品・情報・通信2)

材料特性のデータを収集、人工知能(AI)で分析する技術「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」により、材料開発期間の半減を目指す。... データ解析はSaaS(サービスとしてのソフトウエア)型で提...

新素材開発、VBに存在感 製造業界や研究機関は、人工知能(AI)とデータベースを用いて素材開発を効率的に行う手法、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)の導入に力を入れている。&#...

マテリアルズ・インフォマティクス(MI)の技術を主軸に据えた新しい開発サイクルを担う「スマートラボ」化への移行が急ピッチで進んでいるのである。 ... しかし、組成や製造プロセスが複...

UACJと日立製作所は8日、高機能アルミニウムの研究開発の促進に向け、コンピューター解析により新材料や代替材料を効率的に探索するマテリアルズ・インフォマティクス(MI)を活用し、本格的な協創を始めると...

高分子材料の革新材料創出を最終目標に掲げ、2017年より、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)を活用した高分子の性能予測技術の開発に取り組んでおり、すでに、高分子材料の性能予測に効果的な特徴量を発...

旭化成と住化、素材開発でMI導入拡大 (2019/5/13 素材・医療・ヘルスケア)

旭化成や住友化学は、人工知能(AI)を用いて素材開発を効率化する手法「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」の導入を拡大する。... すでに実用段階に入っており、両社は数年内にMIを開発プロセスに...

材料とAIの融合領域は「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」と呼ばれ、産業界にも広がる。 ... 今回、物理や化学、製造プロセスのデータをAIに学習させ、すべてを含めた予測が実...

【AIは10人力】 研究者やベンチャーはマテリアルズ・インフォマティクス(MI)を利用して続々と成果を挙げている。... 中嶋リーダーは「材料とデバイス、製造プロセスの一連のシステム...

ビッグデータ・AI駆使 産業界がビッグデータ解析や人工知能(AI)技術を材料開発へ用いた「マテリアルズ・インフォマティクス」(MI)の応用を本格化している。... 最も複雑な製造プロ...

データ解析によって製造分野のイノベーションを目指す「マニュファクチャー・インフォマティクス」(MI)と、農学・ライフサイエンス系の融合分野の開拓に取り組む。... MIは、現場の製造プロセスにデータ解...

さらに建設、繊維工学、プロセス工学、電気工学、インフォマティクスや物理などの専門学科の学生約180人もアシスタントとして携わっている。 ITAは織物製造、加工、および布地の生産と仕上...

産総研人工知能研究センターの目指すブラックボックスではない、判断に至ったプロセスを説明できるAI、それに産総研のバイオインフォマティクス(生命情報科学)の知見もフル動員しながら、専門家の知見や技量に頼...

AIを取り入れた計算科学で設計した有機化合物などをロボットが短時間で試作するプロセスを繰り返し、素材開発のビッグデータ(大量データ)を蓄積。計算科学の精度を高めて開発プロセスを短縮する仕組みを30年ま...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる