408件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

富士フイルムは、米ハーバード大学や米マサチューセッツ工科大学などによる産学共同研究開発コンソーシアム「CABIM」に参画し、1400万ドル(14億5600万円)を出資した。

C&C賞に村井慶大教授ら NECが決定 (2020/10/15 大学・産学連携)

NEC C&C財団は、2020年度の「C&C賞」の受賞者として、日本におけるインターネット構築と普及に貢献した慶応義塾大学の村井純教授と、リレーショナルデータベース(RDB)の実用化に貢献した米マサチ...

13年には、米ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学が共同運営する「ブロード研究所」のフェン・チャン博士が、哺乳類でこの技術を応用。

1951年、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が世界初のNC装置開発に成功した。

「13年ごろに米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が4Dプリンティングの概念を提唱し、広まった。

またMIT(マサチューセッツ工科大学)卒の若者が立ち上げたオサロ(Osaro)という会社を日本企業に紹介したところ、今では国内で弁当作りに応用されている。

徳島大学と横浜国立大学、豊田理化学研究所、米マサチューセッツ工科大学の研究チームは、電波と光の中間の周波数を持つテラヘルツ波でイオンを移動させることに成功した。

早稲田大学理工学術院の和佐泰明講師と内田健康名誉教授、米マサチューセッツ工科大学のアヌラドハ・アナスワミ博士らの研究グループは、リアルタイムで最適な電力需給調整が可能な小売電力市場メカニズムを開発した...

カリフォルニア大学バークレー校とイリノイ大学アーバナ・シャンペーン(UIUC)校の全米スーパーコンピューティング・アプリケーションズ・センターが共同で運営し、ほかにもプリンストン大学、マサチューセッツ...

優秀なところは、マサチューセッツ工科大学(MIT)よりも入試倍率が高いと言われている。

裏読み科学技術(68)「スクラッチ」に注目 (2020/2/24 科学技術・大学)

プログラミング・ソフト「スクラッチ」は、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのミッチェル・レズニック氏のグループにより開発され、2007年に公開されている。

「良い質問を考えなければいけない」と研究の心構えを語るのは、米マサチューセッツ工科大学名誉教授のロバート・ギャラガーさん。

面白いことやる信念必要 2020年の日本国際賞「エレクトロニクス、情報、通信」分野に、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のロバート・ギャラガー名誉教授(88)が選ばれた。

「エレクトロニクス、情報、通信」分野には米マサチューセッツ工科大学のロバート・ギャラガー名誉教授(88=同左)を選出した。

すでにAIのソフトとしては、本家筋のグーグルが無償で提供するテンサーフローが好評であり、このテンサーフローをベースに、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発したのが、スクラッチ・AIブロック(AI...

10年米マサチューセッツ工科大学客員研究員。

IBMがシドニーで開催したクラウドに関連するイベントで、ウッドサイドのコールマン最高経営責任者(CEO)兼社長は、IBMや米マサチューセッツ工科大学と協力して、AIプログラムに取り組んでいると説明した...

米国のマサチューセッツ工科大学やボストン大学、アリゾナ州立大学のほか英インペリアル・カレッジなど世界の400以上の教育機関に同コンテンツを導入している。

米マサチューセッツ工科大学と米ホワイトヘッド医学生物学研究所、米プリンストン大学との共同研究。

北海道に「NoMaps」定着 先端技術、交流の場 (2019/11/14 中小企業・地域経済2)

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの石井裕副所長の基調講演をはじめ、宇宙や人工知能(AI)、バイオなどをテーマにした討論会や自動運転の実証実験などを実施。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる