電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

99件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

新たなモダリティー(創薬手段)開発で大きく発揮できる」と力を込める。

デジタル化や新たなモダリティー(創薬手段)の開発競争など、変革が大きく人材獲得競争も激化する医薬品業界において、組織をけん引するリーダーの育成に力を入れる。 ...

住友ファーマ、米グループ社を譲渡 (2024/3/29 生活インフラ・医療・くらし2)

モダリティーの特殊性などを検討し、新会社と譲渡契約を結んだ。

また「(改正案への盛り込みが見送られた)新しいモダリティー(創薬手段)などの価値を評価する制度も必要だ」とし、さらなる改革の必要性を強調する。

製薬企業 変革への道筋(1)第一三共社長・奥沢宏幸氏 (2024/3/7 生活インフラ・医療・くらし)

こうした中、国内の製薬各社は主力製品の価値最大化や新しいモダリティ(治療手段)の開発への着手、デジタル技術の活用などで競争力を高めようとしている。

ライフサイエンスおよびメディカル関連の基礎研究(生命科学、生命工学、疾患科学)、医療技術開発(医薬品、再生医療・細胞医療・遺伝子治療、モダリティー全般)、医療データ、研...

オンコリス、富士フイルム系と食道がん薬で販売提携 (2024/2/9 生活インフラ・医療・くらし1)

テロメライシンは、がん細胞で特異的に増殖するように遺伝子改変した5型アデノウイルスで、局所進行性食道がんを対象とした新しいモダリティ(治療手段)の治療薬。

ニュース拡大鏡/ニコン、創薬支援を本格化 R&Dセンター新設 (2024/1/31 生活インフラ・医療・くらし2)

製薬企業やバイオベンチャーなどが多様なモダリティー(治療手段)の開発に乗り出すことを追い風に、創薬支援で事業成長を狙う。

展望2024/島津製作所社長・山本靖則氏 米に認知症検査用PET (2024/1/24 機械・ロボット・航空機1)

メーン市場の製薬関係は、バイオ医薬品や核酸医薬品など新しいモダリティー(治療手段)の開発が進む米国の動きにしっかり対応する」 ―注力する地域や分野は。 ...

モダリティー(治療手段)としては抗体薬が最も大きいが、今後成長が期待される細胞治療薬などの技術を有することが強み。

つなぐ/自動化進むバイオ医薬品 開発・生産をロボ・AIで加速 (2024/1/1 生活インフラ・医療・くらし2)

治療法が限られていた疾患の新たな選択肢として広く利用できる一方、製造が難しく製造価格も高いという課題を克服し、未来につなげるためにも、各社は抗体や細胞といった新たなモダリティー(治療手段...

富士フ、バイオ開発製造受託の目標前倒し 28年度に売上高5000億円 (2023/12/12 生活インフラ・医療・くらし)

富士フイルムの後藤禎一社長兼最高経営責任者(CEO)は「モダリティー(治療手段)としては抗体薬が最も大きいが、今後大きく成長が期待される細胞治療の技術などを取りそろえて...

医薬品のモダリティー(治療手段)の多様化が進み、近年は低分子医薬品から細胞を使った医薬品の開発が活発化しており、製薬企業やバイオベンチャーは細胞の管理や評価に人工知能(AI&#...

モダリティー(治療手段)の多様化やがん治療の高度化が加速する中で、製品を迅速に開発、市場投入し、早期に価値を最大化することが事業成長につながる。

第一三共、2子会社を吸収 25年4月 (2023/11/6 生活インフラ・医療・くらし)

第一三共は抗体薬物複合体(ADC)や新たなモダリティー(治療手段)の開発に投資を集中させている。

NEC、ワクチン研究で採択 (2023/10/25 電機・電子部品・情報・通信2)

NECは先進的研究開発戦略センター(SCARDA)が公募した2023年度の「ワクチン・新規モダリティ研究開発事業」に応募し、「計算科学を用いたユニバーサルワクチン設計技術の開発」で採択...

ニュース拡大鏡/第一三共、メルクと提携 抗がん剤開発加速 (2023/10/23 生活インフラ・医療・くらし)

がん組織の分子と抗体が結合してがん細胞を狙って攻撃できるため、副作用を抑えながら高い治療効果が期待できるモダリティー(治療手段)として注目される。

ニュース拡大鏡/承認薬格差広がる 欧米から数年遅れ… (2023/10/17 生活インフラ・医療・くらし)

ベンチャーと関わりが深い研究機関に対して、社会がどのような人材やモダリティー(治療手段)を必要としているかを政策として強化を求めるなど、産官学が一体となった取り組みが進んでいるという。

ライフサイエンスおよびメディカル関連の基礎研究(生命科学、生命工学、疾患科学)、医療技術開発(医薬品、再生医療・細胞医療・遺伝子治療、モダリティー全般)、医療データ、研...

経営ひと言/神戸天然物化学・閨正博常務「先進技術に挑戦」 (2023/10/9 生活インフラ・医療・くらし)

「メッセンジャーRNA(mRNA)医薬が新たな創薬モダリティとして注目を集めている」と話すのは、神戸天然物化学常務の閨正博さん。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン