電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

97件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

福利厚生として年に最大1カ月間、母国でのリモートワークも可能だ。 ... コロナ禍ではいち早くフルリモート化し、自社サービスを使うことでリモートでのフォワーディング業務を実現。

国直轄工事、生産性1.5倍 省人化目標40年度に3割 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし1)

目標実現に向けて施工、データ連携、施工管理の三つのオートメション化に取り組む。... データ連携では従来は設計データの施工データへの変換が必要だったが、設計データをそのまま施工に利用可能としデジタル化...

科学技術の潮流(226)危機対応と科学技術 (2024/1/19 科学技術・大学)

研究データの共有や各組織が持つ情報へのアクセス強化、研究インフラ(研究装置や施設)の自動化やリモート化を通じて、危機時でも研究開発を行えるようにする。... コロナ危機からの教訓を、将...

社会課題解決事業で多角化を進化させ、高い成長を狙う。... 今、工場に10人いるとしたら、5人は現地で残りは本社からリモート勤務するといった構想がある。共働きが一般化し、人材を日本各地に配属するのは難...

NTN、コロナ禍入社組が初対面 特別研修で一体感 (2023/9/19 機械・ロボット・航空機)

20年度は入社式がなく、恒例の工場実習や研修もすべてリモートで同期のつながりが極めて希薄だった。 初日にはグローバル化をテーマに、重要性が増すディスカッションやプレゼンテーションを学...

リモートロボ、遠隔操作アプリ簡単作成 開発ツール提供 (2023/5/23 機械・ロボット・航空機2)

リモートロボティクス(東京都港区、田中宏和社長)は、遠隔操作ロボットシステムの開発を小規模で始められるサービス「Remolink Builder」の提供を始めた。ロボットの遠隔...

産業ロボ、需要拡大加速 EVシフト追い風・進む人手不足 (2023/5/5 機械・ロボット・航空機)

新たな働き手に 自動化事例を発信、市場開拓 ロボットは深刻化する人手不足を解決する手段としても期待が高まる。... 人手不足解消や新たな働き方という観点では21年12月に川崎...

コロナ禍を機にインフラ整備を加速させ、業務効率化や多様化する働き方への対応を進めた。... さらに、一部を除く中小規模の地方営業拠点ではオフィスを再編し原則リモート化。... 会社での働きがいや社員の...

これらの計画を踏まえ、ネットワークを仮想化してソフトウエアで一元管理する広域拠点間接続サービス「SD―WAN」などで攻勢をかける。... 北里大は従来、1カ所のDCで学内のサーバ群やネットワークを集中...

医療教育のリモート化が進む。... こうした中、医療機器メーカーはリモートでも質の高い教育ができるサービスを始めた。... (安川結野) GEヘル...

重機の自動化やリモート化でデジタル変革(DX)を進め、安全性向上やコスト削減を目指す。... 同社は23年度以降も坑内のWi―Fi敷設工事を進め、他の重機の自動化や生産管理システムの試...

清水建、建築確認の中間・完了検査リモート化 BIMとAR活用 (2022/10/21 建設・生活・環境・エネルギー)

清水建設は20日、建築確認における中間・完了検査のリモート化を支援するシステムを開発したと発表した。... 確認検査業務を大幅に効率化できるシステムとして、指定確認検査機...

リモートロボティクス、ロボ遠隔操作支援する開発キット (2022/10/3 機械・ロボット・航空機2)

リモートロボティクス(東京都港区、田中宏和社長)は、リモートロボットで事業者とワーカーをつなぐ同社のサービスの開発を支援するツールキットを、技術パートナー向けにトライアル形式で提供を始...

コロナ禍で進んだ研究交流や教育などにおけるリモート化については十分という認識であり、研究活動が全体としてはポジティブに変わったといえる。

これに伴いロボットを遠隔操作し、手作業などを含むフィジカルワークをリモート化する試みが活発化する。... ロボットにより現場作業をリモート化することで発生するリスクとコストを上回るメリットを提示する必...

キリン、国内全工場にIoT基盤導入 生産データ管理で効率化 (2022/3/22 建設・生活・環境・エネルギー)

このほか、製造現場の様子を工場内外からリアルタイムで確認することで、業務のリモート化を進めた。 また、非常に煩雑な作業だった商品ごとの製造計画の立案を自動化、効率化することができた。...

「リモートでの授業が当たり前になっている学生たちは、コミュニケーションについて柔軟な考え方を持っている。リモートでの対話は対面での語りの代替でなく、一つの現実となっていて、バーチャルの中にリアルが立ち...

レーザーでつくる新価値 サプライチェーン分散化や製造業の自動化・省人化・リモート化のニーズ、脱炭素の世界的な要請など、社会からものづくり変革に多くの期待の声が届いている。レーザー加工...

次は各種データの一元管理による可視化(見える化)だ。... 自社半導体工場でも活用を進める サー...

展望2022/NTT東日本社長・井上福造氏 光回線、計画上振れ確実 (2022/1/11 電機・電子部品・情報・通信1)

感染症対策でリモート化が必須になり、光(回線)の好調にもつながっている。... 50(万純増の達成)は厳しいのではないか」 ―NTTが通信関連設備の保...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン