31件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

カーボンニュートラル 企業、取り組み加速 新技術や電力切り替え カーボンニュートラルは地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2...

これまでパリ協定に準じ、50年に向けた環境ビジョンを設ける企業も少なくなかったが、この宣言により、二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標を前倒しにし、新たにカーボンニュートラルを目指す企業も増えた。&#...

地熱発電は低炭素の国産エネルギー源として注目されている。 ... その内、地熱発電が0.2%を占めている。... また、資源を燃焼してタービンを回...

7月23日は海の日 (2020/8/4 特集・広告)

このような支援は世界貿易機関(WTO)の補助金協定に違反しているおそれがあり、日本と韓国で二国間協議が進められている。... 船舶はトラックや飛行機などと比較して輸送量当たりの二酸化炭...

現在、「モントリオール議定書」によるフロンガスの生産終了に伴い、倉庫事業者はフロンを使用しない水、二酸化炭素(CO2)、NH3などの自然冷媒を使用した冷凍機ユニットや空調機器、冷却シス...

地球温暖化問題が深刻化し、低炭素社会への移行が急がれるいま、運行に伴う二酸化炭素(CO2)排出量が少ないという鉄道技術には大きな期待が寄せられている。 ... そ...

欧州では新車の二酸化炭素(CO2)排出量を2021年までに走行距離1キロ当たり平均95グラムに圧縮し、30年までにはさらに37.5%の削減が義務付けられている。... ボッシュは25年までに中...

石炭火力は地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を大量に排出するため、欧州では廃止の動きが広がっている。

走行を認められるのは有害な排ガスや二酸化炭素(CO2)を出さない電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)だけとなる。  ... 実現には現在市内3000カ所の充電設備を25年までに1...

EUは二酸化炭素(CO2)排出量目標への対応で自動車メーカーが連合を組むことを認める「オープン・プール」と呼ばれる制度を設けており、FCAはこれを活用。... EUの行政執行機関である欧州委員会のウェ...

【ブリュッセル=時事】欧州連合(EU)は19日、トラックなど大型車(新車)の二酸化炭素(CO2)排出量を2025年までに平均15%、30年までに同30%(いずれも19年比)削減する規制案に、加盟国と欧...

 新規の石炭火力発電所に二酸化炭素(CO2)回収技術の導入を義務付けたオバマ前政権時代の規制について、トランプ政権は撤廃を提案する方針だ。... オバマ前政権が2015年にまとめた規制は、新設および改...

【ワシントン=時事】トランプ米政権は21日、石炭火力発電所などからの二酸化炭素(CO2)排出規制を緩和する新たな基準案を公表した。... 効率向上につながる新技術の導入を促すが、発電所からのCO2排出...

今回の規制案はその一環で、二酸化炭素(CO2)の排出を340万トン抑制し、30年までに環境被害に伴うコストを220億ユーロ(約2.8兆円)削減できると見込んでいる。

中でも欧州中心に、2025-30年という当面の厳しい二酸化炭素(CO2)排出規制に適応しつつ従来の駆動機構(パワートレイン)が流用でき、通常のハイブリッド車に比べて価格も抑えられる48ボルト系のマイル...

なお、EUと足並みをそろえるために導入されている二酸化炭素(CO2)排出規制は2020年に向けてさらに厳しくなるため、政府や関連団体の対応が注目される。 ... 2020年...

ブリュッセル発 2018年02月06日 EUでは2017年9月に新たな型式認証試験が導入され、排ガス不正問題に一応の区切りがつく一方、2021年...

12万4000ドル(約1380万円)のGクラスの二酸化炭素(CO2)排出量は他のメルセデス車の2倍余りで、同ブランドが環境対応車への移行を目指す中で例外的な存在だ。

衛星2基はロケットの第2段に搭載。... 太陽光を反射する雲やちり、すすなどの微粒子、積雪を捉えるほか、二酸化炭素(CO2)を吸収する森林や農地などの植物分布を把握する。観測データは温暖化の予測精度向...

太陽光を反射する雲やちり、すすなどの微粒子、積雪を捉えるほか、二酸化炭素(CO2)を吸収する森林や農地などの植物分布を把握する。観測データは温暖化の予測精度向上や、CO2などの排出抑制策に活用される。...

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる