64件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

採用したのはトヨタ自動車と日産自動車で、鋼板の高い成形性を生かして部品メーカーが冷間プレスで生産した。... 材質を改良し、1470メガパスカル級でも冷間プレスの加工性を下げずに低コストで効率的生産を...

【諏訪】中村製作所(長野県箕輪町、宮原友保社長、0265・79・3880)は、長野県工業技術総合センターなどの協力で、独自の冷間プレス式ヒートシンク製造による製造工程の大幅な環境負荷の低減効果を実証し...

天田財団、今年度前期の助成テーマ92件(中) (2020/10/8 機械・ロボット・航空機2)

【研究開発助成/一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽吉田隆/名古屋大学大学院工学研究科電気工学専攻「積層金属―セラミックス複合テープにおける高精度導電性マイクロパス加工技術の構築」▽森謙一郎/...

マジックヒートシンクスユニットのヒートシンクとなる冷却フィン形成には、専用の冷間プレス機を用いた。... 一方、他の同ユニット構成部品のうち、クーリングカバーとプロテクターなどは量産移行時に全てプレス...

日刊工業新聞社が8日発売する月刊誌「プレス技術7月号」の特集では「冷間かホットスタンピングか ハイテン材加工技術の現在と未来」を取り上げる。高張力鋼板(ハイテン材)の代表的な加工法である冷間プレスとホ...

製造工程に多く存在したこれらのムダを撲滅するため、建屋間で生産設備を丸ごと移動する大掛かりで徹底した間締め(工程間の導線を最小限にする取り組み)を実施。... スプリングバックが非常に大きく成形の難し...

【諏訪】中村製作所(長野県箕輪町、0265・79・3880)は、2月をめどに独自の冷間プレス工法「オーロラフィン工法」による冷却フィン「マジック・ヒートシンク」の自動車向け試作品の生産設備を稼働する。...

切削で成形していたフィンを冷間プレスの専用機を用いることで、従来品に比べ35%の軽量化と30%のコストダウンを実現した。 ... 【専用機で加工】 加工にはアルミな...

天田財団、今年度前期の助成テーマ95件(中) (2019/11/7 機械・ロボット・航空機2)

【一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽上杉祐貴/東北大学多元物質科学研究所光物質科学研究部門「フェムト秒レーザーによるナノ薄膜加工と高品質な電子位相ホログラムの実現」▽東口武史/宇都宮大学工学...

最近では日本製鉄とJFEスチールがそれぞれマツダと2社共同で、1310メガパスカルの高い強度を持つ冷延の超高張力鋼板(超ハイテン)を使った車体構造用冷間プレス部品の開発に成功した。

約80億円を投じ、ホットスタンプ(熱間プレス)の機械設備などを増強する。... 車体部品の加工は冷間プレスを中心とするが、品ぞろえとして自動車メーカーの幅広い加工ニーズに対応するため、国内外での熱間プ...

精密な冷間プレスの金型や、燃料電池(FC)の電極に使うアルミニウムや銅のフィルムを切断する刃などの長寿命化が期待できる。

難加工材であるハイテンなどは、冷間プレスと呼ばれる手法で加工する需要が増しつつある。... 同社は冷間プレスにも挑戦し、高い技術と品質が評価され、国内だけではなくドイツのメーカーからも多くの試作を受注...

自社開発した専用の冷間プレス成形機による「オーロラフィン工法」と呼ぶ手法を用いて、住友精密工業製の冷媒循環を担う多穴管上部に一体成形した。... また、フィン間の幅を切削加工より狭くできるため、多フィ...

【広島】トーヨーエイテック(広島市南区、市田雅彦社長、082・252・5212)は、高張力鋼板(ハイテン)材の加工や熱間プレス(ホットスタンプ)の金型向けのコーティング膜を開発した。... 軽量化のた...

【広島】マツダは10日、近く発売予定の次期「マツダ3(旧車名アクセラ)」の車体部品に、冷間プレス材として最高となる引っ張り強度1310メガパスカル級の高張力鋼板(ハイテン)を世界で初めて採用したと発表...

中村製作所、MC導入 ヒートシンク用金型加工増強 (2018/11/15 中小・ベンチャー・中小政策)

航空機エンジンや自動車向けに、順送プレスで作るヒートシンク用の高精度金型や周辺部品の加工を強化する。... 中村製作所の作るヒートシンクは、自社開発の専用順送プレス機を用いており、フィン厚比40倍の高...

ホットスタンプ、対応力に磨き/車の電動化、軽量・高剛性ニーズ高まる 東プレは、熱間プレス(ホットスタンプ)の加工体制を強化している。... 米国のオハイオ州やテネシー州の工場では建屋...

東プレはホットスタンプ(熱間プレス)の加工体制を強化する。... 米国のオハイオ州やテネシー州の工場では建屋の増築やプレス機と関連設備を導入するほか、メキシコの工場も能力増強やプレス機の導入などを予定...

【鳥取】寺方工作所(鳥取県北栄町、寺方泰夫社長、0858・36・4311)は、300度C前後の「温間」と呼ばれる温度帯のプレス加工で、精度や効率を高める加工法を開発した。... 条件によっては冷間と同...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる