電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

187件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

シングルセル解析技術やラマン分光法などの細胞計測技術を活用し、生体、河川、海洋、土壌などに存在する微生物(主に細菌やウイルス)を探索するとともに、腸内細菌叢(そう)・共...

キヤノン、黒色とその他同時選別装置 プラ片再利用拡大 (2024/6/7 電機・電子部品・情報・通信)

レーザー光をプラ片に照射して物質の分子情報を取得するラマン分光法と、キヤノンの計測・制御機器を組み合わせた独自技術を搭載。... 現状の判別方法の近赤外分光法では可視光を通さず反射もしない黒色の判別が...

酸素濃度分析計「GPX1500」は、レーザー吸収分光法を用いて非破壊で残存酸素量を測定できる。

さらに、電池試料を大気にさらすことなく、電子顕微鏡、X線CT、走査プローブ顕微鏡、X線光電子分光法、飛行時間型二次イオン質量分析法、X線回折法、X線吸収分光法などにより解析できる設備を事業に関わる全て...

市村清新技術財団、植物研究助成20件を選出 (2024/4/22 科学技術・大学)

▽自然光下にある植物の緑色光の光合成利用を定量的に評価する(河野優・自然科学研究機構アストロバイオロジーセンター特任研究員)▽伊豆諸島神津島のセンブリで見られる奇形花集団の系統的背景と...

空気中の有害物質検出 イリス、スイス製装置発売 (2024/4/5 生活インフラ・医療・くらし1)

作業員が装着した集塵バッジをラマン分光法の検出器に差し込んで物質を分析、作業員のデータと紐付け記録する。

研究グループは、20マイクロリットル(マイクロは100万分の1)の血液試料で高感度かつ安定して測定可能な赤外分光法を開発。

北海道大学の田畑公次准教授と小松崎民樹教授らは、生物試料の分光計測に人工知能(AI)技術を取り入れて、細胞診などを数百倍から数千倍高速化する手法を開発した。... ラマン分光法で計測と...

ファイバー型内視鏡を肝臓まで差し込み、ラマン分光法でグリコーゲンの量を測る。... ファイバー型内視鏡で近赤外光を照射し、ラマン分光スペクトル(波形データ)を数理解析して化合物を定量化...

この連続的な構造変化を利用した岩石の変成温度推定法は、顕微ラマン分光法で迅速かつ簡便に測定可能であるため世界中で急速に広まっている。 産総研では岩石片の表面炭素を直接顕微ラマン分光で...

共同チームは吉田教授が開発した「低エネルギー逆光電子分光法」を用い、有機半導体の電子親和力を0・05電子ボルトの高精度で測定。

ナリス化粧品、肌の水分を正確測定 テラヘルツ波活用 (2023/12/20 生活インフラ・医療・くらし2)

電磁波のテラヘルツ波分光法での測定で異なる2種類の周波数の信号の比を補正指標に用いれば、試料と装置の間に載せる樹脂製フィルムの厚さが15マイクロメートル(マイクロは100万分の1)程度...

(曽谷絵里子) 種苗法では作物ごとに発芽率85%などと種子の品質基準が決められている。... だが、こうした物理的特性による調整ではもはやこれ以上品質が上向か...

先端計測分野では、原子レベルで構造を観察する電子顕微鏡や、化学反応を制御して新規分子を合成する走査プローブ顕微鏡、リチウム蓄電池中の原子の拡散を解析するNMR、さらに量子マテリアルのバンド構造を解析す...

多数の波長で撮影して材質や特性を評価する「ハイパースペクトル画像診断技術」に、物質ごとの波長吸収の違いから存在量などを定量する差分吸収分光法の原理を組み合わせることで、水の干渉を除去することに成功。

(飯田真美子) 試料を保存する容器には地球上にある塵などの微粒子が混ざらずに、赤外分光法などの分析方法で適切な結果が得られる素材が求められた。... 人工サファイアは...

紫外吸収分光法で紫外光の吸収断面積を調べると、太陽光を含む波長240―310ナノメートル(ナノは10億分の1)での光吸収率は精製前後で大きく変化し、精製後のノナン酸の光吸収率はゼロに近...

東京大学の川口海周研究員と近藤猛准教授、広島大学の黒田健太准教授らは、物質からたたき出された電子のスピンの向きを見分ける光電子分光法を開発した。... 従来法はスピンの検出が難しかったが、新手法で検出...

堀場製作所、堀場雅夫賞の受賞者決定 (2023/8/22 科学技術・大学)

【堀場雅夫賞】▽京都大学大学院工学研究科電子工学専攻の石井良太助教「超ワイドギャップ半導体の基礎光物性解明と新機能性発現に向けた深紫外時空間分解分光法の開拓」▽スイス連邦工科大学チューリッヒ校化学・応...

診断法の開発につながる可能性がある。 ... 今回、脳血流測定に、磁気共鳴断層撮影装置(MRI)検査の100分の1以下の導入コストで容易に測定可能な機能的近赤外分光法...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン