180件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.023秒)

【いわき】ふくしまロボット産業推進協議会(福島市)の廃炉・災害対応ロボット研究会(福島県郡山市)と福島県ハイテクプラザ(同)は、原子力発電所の廃炉や災害に対応したロボット技術を開発する県内企業や大学と...

JFEエンジニアリング(東京都千代田区、大下元社長、03・6212・0800)とIHI、日本ガイシ、エイブル(福島県大熊町、佐藤順英社長、0240・25・8996)の4社は26日、東京電力ホールディン...

原子力発電所の廃炉作業にも対応し、燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)を取り出せるようにする方針だ。

廃炉やトンネルなど過酷、危険な場所での活用を想定する。 カットランドジャパンは2011年の東日本大震災以来、原子力発電所の廃炉作業向けに遠隔ロボを特注で設計・製作している。 ...

「原子力発電所の廃炉工事向けにいろいろな特殊ロボットを開発し、カスタマイズ力を培った」と話すのは、カットランドジャパン(東京都大田区)社長の森健一さん。 廃炉工事用には特殊な遠隔ロボ...

【新型ロボ開発】 福島第一原子力発電所の廃止措置においては、これまで経験したことがない多くの課題を乗り越える必要がある。... PCV内で使用する変形型(Metamorphose)の...

原子力発電所には、放射線の影響により人が長時間作業できない環境もあり、検査・保守業務では、早くから遠隔技術が導入されている。 ... 東京電力福島第一原子力発電所の廃炉において最大の...

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉を迅速化できる。... 燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)の分布などを正確に捉えられ、安全かつ効率的な廃炉作業につながる。 ... 20メートルの光ファ...

原子力機構、放射線汚染を短時間で測定 (2020/6/3 科学技術・大学)

日本原子力研究開発機構の廃炉環境国際共同研究センター(福島県富岡町)は、放射線源の位置が把握できるコンプトンカメラと3次元距離測定センサー(SD―LiDAR)の機能を組み合わせた統合型放射線イメージン...

電力新時代 変わる経営モデル(3)小売り競争 (2020/5/19 建設・生活・環境・エネルギー)

福島第一原子力発電所の廃炉資金の確保のためにも、小売り事業の成長は不可欠だ。

東電HD、使用済み核燃料取り出し実証 水中ロボ遠隔操作 (2020/5/18 自動車・機械・ロボット・航空機)

【いわき】東京電力ホールディングス(HD)は、福島第一原子力発電所の廃炉に向けて難関となる使用済み燃料プール内の核燃料取り出しに向けた実証を、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで行った。.....

原子力の安全性向上や原子力人材の育成、高速炉の開発などの取り組みを進める。... 「21年に東京電力福島第一原子力発電所の廃炉工程の燃料デブリを試験的に取り出す作業が始まる。... 【記者の目/“新原...

東京工業大学と東京電力ホールディングス福島第一廃炉推進カンパニーは、同大大岡山キャンパス(東京都目黒区)に「TEPCO廃炉フロンティア技術創成協働研究拠点」を設置した。福島第一原子力発電所の廃炉で、燃...

東京電力ホールディングス(HD)は30日、福島第一原子力発電所の廃炉工程の燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)取り出し費用などが、2031年度末までに合計1兆3700億円かかる見通しだと発表した。

特に最も課題を抱えている福島県は、原子力発電所の廃炉と土壌の除染を進めつつ、新しい産業を興す必要がある。 ... 浜通りエリアにロボット、エネルギー、廃炉、農林水産業を中心とした新産...

ファイルいい話/ラバーマテリアル 膨張シール (2020/3/9 機械・ロボット・航空機1)

廃炉の安全確保、技術再び ラバーマテリアル(大阪府八尾市、竹延清次郎社長、072・949・6550)は、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉で使用する膨張シールをプラント機器メーカーに...

東電HD、福島第一の廃炉体制強化 (2020/2/26 建設・生活・環境・エネルギー2)

東京電力ホールディングス(HD)は福島第一原子力発電所の廃炉作業の社内組織「福島第一廃炉推進カンパニー」の体制を4月1日付で強化する。... 同カンパニーに組織改編で廃炉安全・品質室を設置する。既存部...

「協議会ではソフトウエアと部材の研究、(東京電力福島第一原子力発電所の)廃炉と飛行ロボット(ドローン)活用の研究会、川上と川下サイトの活用事業をそれぞれ立ち上げている。

原子力発電所の廃炉作業に欠かせないロボットの実用化に向け、日本原子力研究開発機構の楢葉遠隔技術開発センター(福島県楢葉町)で「廃炉創造ロボットコンテスト」が開催された。... 学生らが創意工夫して開発...

【福井】日本原子力研究開発機構は原子力発電所の廃炉作業を目的に、敦賀事業本部(福井県敦賀市)で、2020年度から地域企業など6者と組み、閉じたチャンバー内で対象物をガラス越しにレーザー切断するシステム...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる