電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

30件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

また、南シナ海での中国船舶によるフィリピン船舶への威圧的な行動を問題視し、「公海での航行の自由を尊重する重要性」を強調し、中国をけん制した。さらに、台湾問題では「台湾海峡の平和と安定の重要性」を改めて...

両首脳が台湾海峡や東・南シナ海での対中抑止で合意したことに反発。... 毛氏は台湾問題について「中国の内政であり、外部勢力の干渉は容認しない。台湾への侵略の歴史を持つ日本は、特に言行を慎むべきだ」と強...

日本での日米首脳会談後の会見で、バイデン大統領が言及した「台湾」問題を看過できなかったようだ。 ... バイデン大統領の発言を受け、ホワイトハウス高官は台湾をめぐる政策に変更はないと...

日中両国間では尖閣諸島をめぐる東シナ海情勢や台湾問題など懸案が山積しているものの、両首脳は「建設的かつ安定的な日中関係」の構築という大きな方向性を確認した。... 東京電力福島第一原子力発電所の処理水...

問題はリンとカリウムである。... 肥料の問題、備蓄量の問題、そして物量の面で、隣国中国が脅威となっていることは事実として認識すべきである。 現在、ウクライナ情勢や台湾問題が取り沙汰...

米中の軍事対話は、2022年8月にペロシ米下院議長(当時)が台湾を訪れて以降、中断している。... バイデン大統領は24年1月の台湾総統選への中国の介入もけん制する見通しだが、台湾問題...

北朝鮮問題にとどまらず、クアッド(日米豪印)とともにインド太平洋地域の安全保障を確保するための「歴史的な機会」としたい。 ... 安保や台湾問題で対立しつつも、経済停...

自民党の麻生太郎副総裁は7日から3日間の日程で台湾を訪問する。... 麻生氏の訪台は台湾当局が招請した。台湾問題は「核心的利益」として他国の関与を批判してきた中国の反発が予想される。

台湾問題や経済安全保障で中国は強硬姿勢を崩さず、偶発的な衝突回避に向けた国防当局間の軍事対話の再開にも応じなかった。... バイデン大統領は、6月初旬に台湾海峡で中国軍艦が米軍艦に急接近したような緊張...

台湾問題をめぐっても「中国に妥協の余地はない」と強調し、米台接近をけん制した。

台湾問題を米中間の「レッドライン(譲れない一線)」とする習政権の方針を改めて示し、「『台湾独立』分裂勢力への支持や容認」をやめるよう要求した。

対中国ではフランスが一線を画す懸念があったが、G7は台湾海峡の平和と安定の重要性を再確認し、平和的解決を求めることで一致。... マクロン仏大統領は台湾問題に巻き込まれるのを欧州連合(EU&#...

EUは、ロシアのウクライナ侵攻や台湾情勢を中心に幅広い内容を取り上げる予定。中国とは人権問題やロシアとの関係を巡り対立が鮮明になっているが、対話を通じて関係改善に向けた足掛かりを探る構えだ。 ...

他方、習氏は会談で台湾問題について「中国の内政への干渉は認めない」と強硬姿勢を貫く。米中首脳会談でも台湾問題を「核心的利益の核心」とレッドライン(越えてはならない一線)であることを鮮明...

習氏は台湾問題を「核心的利益の中の核心」とし、一歩の譲歩も想定しない。台湾情勢をめぐっては、バイデン米大統領による台湾への軍事介入発言やペロシ米下院議長の台湾訪問などで米中関係は緊迫化している。...

国際間の問題をどう調整していくかが今後の中国の課題だ」 ―経済覇権をめぐって、米国と中国の対立が激化する中、台湾情勢が緊迫しつつあります。 「台湾問題は経...

現状はロシアのウクライナ侵攻や台湾問題など国際情勢は複雑化。

特に中国は、米国が「世界の警察官」の立場を降り、ロシアの実力行使にも手出ししないことが将来の台湾問題でも先例になることを期待している。... 中国の強硬派は今回の事変で勢いづいて、台湾問題をめぐって習...

(冨井哲雄、編集委員・池田勝敏) 【覇権狙う中国】最大の貿易相手国も台湾問題無視できず 足元のTPPをめぐる動きを見ると、米国に...

首脳会談は52年ぶりに台湾問題に言及し、日米同盟の深化を明確にした。... 問題は、こうした貿易理論が、近年の米国経済には通用しなくなったことにある。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン