247件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

培養液に浸し、芽が出ると培地を敷いたフラスコに移す。... 実際に苦戦したが、培養液の成分に活路を見いだした。... 桜の組織培養も難題だったが、フタバガキの経験を生かして培養液の糖を変えることで成功...

O157の培養液に添加することで吸着除去し、無毒化できることを確かめた。

住友林業は組織培養技術を初めて国指定の特別天然記念物に活用した。... 住友林業森林・緑化研究センターの中村健太郎センター長は「古木のため組織培養の材料となる芽がほとんど採取できず、培養液の条件を検討...

2者によると、組織培養技術で生まれた梅の苗木が開花するのは、世界初という。 ... 御神木の「冬芽(とうが)」の茎頂部を用いて培養する組織培養技術の予備研究、材料採取...

JSR、プロテインA担体を拡販 サポート拡充 (2021/12/21 素材・医療・ヘルスケア1)

専用容器の中に入っており、細胞の培養液を専用容器の中に通すことで、効率よく抗体のみを取り出せる。

通常の培養とは大脳皮質の層構造が逆転した独特の組織ができる。... 次に培養液中の圧力の変化を検証した。... また、周囲の環境から刺激を受け取り増殖や移動を制御する細胞のアンテナ「一次繊毛」から培養...

竹中工務店など、宇宙で袋型栽培成功 「きぼう」でレタス収穫 (2021/10/25 建設・生活・環境・エネルギー)

今後、生育したレタスと培養液、撮影した生育の記録を回収し、宇宙での同栽培方式の優位性を評価する。 ... 内部はISSの飲料水で培養液を作成・無菌化し、各培養袋へ...

シンフォニアテクノロジーは自動細胞培養装置事業に参入する。... 再生医療製品の要件である無菌性を担保するため、培養液や細胞が接する部分をチューブで無菌的に連結。... ...

従来法から途中の培養液を改善した「新・再構成精巣法」で凝集培養し、精子幹細胞を作った。 ... これを培養液表面に置いた精巣組織片に移植して酸素と栄養を供給する対外精子誘導法により精...

大気社、実証用植物工場が稼働 産業空調技術を活用 (2021/8/11 機械・ロボット・航空機)

土を使用しない培養液による水耕栽培で、野菜を育てる。

量子科学技術研究開発機構と東京都立大学の研究グループは、細胞が接着面を微小に引っ張る力を使って簡単に変形するフレキシブルな細胞培養薄膜を開発した。... だが、硬いプラスチック皿の上で培養しても細胞は...

ターンオーバーを促すヒト幹細胞培養液やプラセンタエキスを配合し、トーンアップやリフトアップなどの効果が見込める。

ベジタブルテック、茨城・那珂に植物工場 レタス1日6400株 (2021/4/27 機械・ロボット・航空機1)

発光ダイオード(LED)照明のほか培養液循環などの導入により省人化し「人員はパートを中心に十数人で済む」(植田社長)という。

本格研究では竹内教授らの3次元筋組織構築技術のほか、大阪大学による血管や脂肪の細胞を培養する技術、東京女子医科大学による藻類由来の培養液開発技術を結集。... 培養ステーキ肉は足場を用いて細胞を3次元...

グルコースから培養液1リットル当たり2・1グラムを生産した。... 大腸菌にFDCの改変体など5種類の酵素を発現させ、培養条件を最適化したところ、培養液1リットル当たり2・1グラムのブタジエンを生産で...

ゲルの上にがん細胞をまくと、特別な培養液がなくても、24時間以内という極めて短時間でがん幹細胞のマーカー(目印)が増え、がん幹細胞に戻すことを突き止めた。

今回の技術を用いることで、培養液中に発生するカビの数を100分の1以下までに抑えることができ、施設園芸や植物工場などでの安定した水耕栽培を可能にする。 水耕栽培では、窒素、リン、カリ...

産業春秋/ペニシリンの日 (2021/2/12 総合1)

英国の細菌学者アレクサンダー・フレミングは、くしゃみをしたら細菌培養中のシャーレに鼻水が飛び込み、濁った培養液が透明になるのを発見する。... 二度目の奇跡はフレミングがブドウ球菌をシャーレで培養中、...

抗体を作る細胞の培養液からIgMを精製する際に多孔質セラミックス粒子を適用し、中性のリン酸緩衝液と遠心分離の手法で多孔質セラミックス粒子に結合したIgMを精製した。... さらに4種類のIgMや産業用...

培養時はマウスの細胞の代わりに人工たんぱく質や化合物を使い安全性を確保。... T細胞表面と結合するたんぱく質と細胞生存率を高めてT細胞への分化を促す化合物を培養液に加えた。 がん細...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン