電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

70件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

人工知能(AI)技術の普及などで計算資源の消費電力が増えている。... アイオーコアは新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業を進める技術研究組合光電子融合基...

光量子センシング技術に関するセミナーや意見交換会などを開く。光量子センシング技術は従来の光センシングの感度や分解能の限界を打破して装置の大幅な小型・高性能化の可能性を持ち、医療などでの応用が期待されて...

日本製紙、エリート苗木を量産 年1000万本へ推進室設置 (2023/10/20 素材・建設・環境・エネルギー)

従来は基盤技術研究所の数人だったが、苗を販売する子会社の日本製紙木材、日本紙通商(ともに東京都千代田区)などからの兼務を含め10人規模とした。 ... 同社はブラジル...

新役員/NTT(下)研究開発担当役員・塚野英博氏ほか (2023/8/8 電機・電子部品・情報・通信1)

16年ネットワーク基盤技術研究所長。... ■研究開発担当役員先端技術総合研究所長 岡田顕氏 【横顔】研究畑一筋。... 17年先端技術総合研究所先端集積デバイス研究所長、2...

旭化成、職場見学ツアー開催 (2023/6/27 素材・建設・環境・エネルギー2)

旭化成基盤技術研究所と旭化成ホームズ住宅総合技術研究所を訪問。旭化成基盤技術研究所では分析装置などに触れ、科学や分析の仕事を体感。旭化成ホームズ住宅総合技術研究所では、住まいの価値をハード面から高める...

型技術3月号/金型を進化させる新材料 (2023/2/15 機械・ロボット・航空機1)

日刊工業新聞社が16日に発行する「型技術」3月号は「金型を進化させる新材料 ~型材、AM用粉末、電極~」を特集する。... 解説は2本立てとし...

「基盤技術研究所、生産技術研究所が中心となりMI基盤を構築し、ユースケース(活用例)を増やしている。今後は事業系の研究に技術を還元する。... 日本ゼオンは正面から課題と向き合い、技術...

島津、京都に新研究棟 協業促す仕掛け満載 (2022/5/27 機械・ロボット・航空機)

関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)にある基盤技術研究所内に開設。... オフィスエリア(写真)では柱のない1500平方メートルのワンフロアに各分野の研究員を集め...

既存の基盤技術研究所(京都市伏見区)を改組し、新たに立ち上げる。... 大学や企業研究者など同技術の外部識者を含めた新規採用も進め、センターの開発人員を8人から20人規模に増員する。&...

リケジョneo(131)バンドー化学・神代早紀さん (2021/1/25 ひと カイシャ 交差点)

当社には研究所が二つあり、私が現在所属する基盤技術研究所では、ゴムやウレタンといった材料面において基礎的な研究や評価・解析などを行っています。... 私はプラスチックなどの配合設計や、どのように加工す...

島津、京都に新事業担う中核拠点 高度医療や材料など4領域 (2020/8/18 機械・ロボット・航空機1)

スタートアップ・インキュベーションセンターは基盤技術研究所(京都府精華町)に設ける。... ウイルスの短時間特定技術は質量分析計を応用。... 杭州市には環境規制当局などとの協働を目的...

リケジョneo(80)明電舎・嶋田菜子さん (2019/10/28 ひと カイシャ 交差点)

(文・写真=渡辺光太) 「ニュースイッチ」で拡大版 https://newswitch.jp ◇...

使いこなせる人材育てる 近畿大学次世代基盤技術研究所(広島県東広島市)の京極秀樹特任教授は、次世代3D積層造形技術総合開発機構(TRAFAM)のプロジ...

また、東京大学医学部付属病院検査部の佐藤雅哉助教、島津製作所基盤技術研究所の森本健太郎主任らは、患者のデータから肝がんの存在を予測するAIを開発した。 ... インタビュー/...

「医用技術と分析技術を融合し、予防や診断、治療、予後管理などで革新的な製品・サービスを創出する取り組み『アドバンスト・ヘルスケア』を加速する。... 顔をつきあわせ、良いモノを作っていく」 &...

島津製作所の基盤技術研究所(京都府精華町)が主体となって取り組む。同研究所は先端的基礎技術の研究開発を担当し、機能拡充を現在進めている。... 今回、基盤研が取り組むのはラボの完全自動...

NEDOなど、5G向け光受信チップ開発 (2019/7/11 電機・電子部品・情報・通信2)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と光電子融合基盤技術研究所(PETRA)、OKIは合計40ギガbps(ギガは10億)の光信号を受信できる世...

東京大学医学部付属病院検査部の佐藤雅哉助教、島津製作所基盤技術研究所の森本健太郎主任らは、患者のデータから肝がんの存在を予測する人工知能(AI)を開発した。

アイオーコア、光通信チップ製品化 機器配線向け量産 (2019/3/6 電機・電子部品・情報・通信2)

アイオーコアは新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と技術研究組合光電子融合基盤技術研究所(PETRA)から研究成果の知的財産権と技術の一部を承継して新設分割さ...

ビル壁面に5Gアンテナ設置実現 NTTなど、GNSSレシーバー開発 (2018/10/24 電機・電子部品・情報・通信1)

都内のビルに囲まれた場所で実施した実証実験では時刻同期誤差が50マイクロ秒(マイクロは100万分の1)以内と、「当社独自のアルゴリズムを使用しない場合に比べて約5分の1に改善した」&#...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン