電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

373件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

光学機器の迷光対策 オキツモ、機能性低反射塗料を発売 (2024/3/27 機械・ロボット・航空機1)

また、強固な膜のため接触や摺動(しゅうどう)などにも強く、工業製品にも使用できる。 ... また、既存の低反射塗料は外的要因で塗膜の表面構造が破壊され、粉じんや光沢が...

神鋼、高湿潤の橋梁向け耐食鋼板 塗り替え周期1.5倍 (2024/3/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

鋼自体の高耐食化に加え、鋼材塗膜界面の保護作用効果などが得られ、高湿潤環境でも塗装の弱点部からの腐食進行を抑えられる。

日新インダストリー、環境対応型メッキ補修剤発売 (2024/3/6 素材・建設・環境・エネルギー1)

亜鉛粉末と亜鉛フレーク粉末を併用し、密度が高く緻密な塗膜で優れた防錆力を生む。 亜鉛含有率は80%で、乾燥塗膜中にアルミニウム6%、マグネシウム3%を含む。従...

京セラ/おいしさ保つセラミック水筒 (2024/2/26 新製品フラッシュ1)

内側の表面にセラミック塗膜加工を施してあり、時間がたっても飲み物本来の味を損なわないのが特長。

「平面光学部品は研磨や塗膜コーティングを施した平面を持つ光学ガラスや結晶で、光を使った各種機器に組み込まれる。

ナリス化粧品、肌の水分を正確測定 テラヘルツ波活用 (2023/12/20 生活インフラ・医療・くらし2)

塗膜に厚みの出る試料を塗布すると水分量が低く見積もられた。... 同社はテラヘルツ波での測定で塗膜の厚さの影響を受けにくい手法を研究していた。

JAL、“サメ肌”で燃費改善 胴体下部に施工し実証実験 (2023/11/15 生活インフラ・医療・くらし1)

水で洗って水性の型を洗い流すと、既存塗膜上に溝構造が残る仕組みだ。

栗本鉄工所、リチウム電池向けで “連続式混練機” に脚光 (2023/10/16 機械・ロボット・航空機2)

(大阪・池知恵) LiBの正極材と負極材は、活物質や導電助剤、バインダー、有機溶剤を均一に混合させた電極スラリーを一定の厚みで塗膜する。... 粉...

塗装部品をクレーンで吊り下げながら、まずは塗膜の前処理をリン酸鉄皮膜処理装置で行い、耐食性や塗装環境を向上する。

三洋化成が新消泡剤 幅広い国で食品接触認可 (2023/8/28 素材・建設・環境・エネルギー)

例えば、コーティング剤などに配合すると、混入した泡が塗膜表面で弾けることで発生するくぼみなどの塗膜欠陥を防ぐ働きがある。

磨き過ぎるとメッキの塗膜が削れて地が出てしまう半面、磨けば磨くほど艶が増す。

大規模研究課題=▽層状無機固体の精密構造制御に基づく新規プロトン伝導体の創製(熊本大学)▽災害医療対応・外傷処置・外傷手術XR遠隔支援システムの開発(北海道大学)...

大日印、外装シートの耐候性向上 表面塗膜を改良 (2023/8/8 素材・建設・環境・エネルギー1)

表面保護層の耐候剤の工夫などにより、シート表面の塗膜を改良した。... 気候への耐性を持つ耐候剤の設計と配合の最適化、塗工した樹脂を電子線の照射で硬化させるDNP独自の「電子線(EB)...

リケジョneo(232)日本ペイント・小白琴菜さん (2023/7/24 ひと カイシャ 交差点)

塗料は顔料に水や溶剤、粉体を混ぜ、塗膜として安定したカラーを長く保てるように開発します。

塗装技術協、来月4日にオンラインで「ゴミブツ」対策セミ (2023/7/21 素材・建設・環境・エネルギー)

工業塗装の塗装膜厚は一般的に100マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以内とされ、60マイクロメートルを超える塗膜の異物・突起は「ゴミブツ」と判定される。

第53回機械工業デザイン賞IDEA、栄誉に輝く18製品 (2023/7/20 機械工業デザイン賞)

塗着効率は同社従来製品比10%向上。電界調節機能により表面凹凸の原因となる静電反発を抑制し、塗膜の平滑性を保つ。

激動の経営/山形メタル(4)意匠性高い薄板パネル (2023/7/7 中小・ベンチャー・中小政策)

新パネルに用いた塗膜の評価方法において、中小企業では珍しい放射光施設を活用した。... 分析会社などとともに塗料の成分や硬化条件を変えた完全無機塗膜中の化学結合状態解析を分子レベルで調べ、塗膜性能の科...

激動の経営/山形メタル(3)事業統合で飛躍 (2023/7/4 中小・ベンチャー・中小政策)

無機塗料(アルカリシリケート系)を使うことで塗膜の不燃化と紫外線(UV)による劣化を防ぐ狙い。有機物を一切含まない塗膜の実現で、特に火災の際には、有毒なガスを発生しない...

従来手吹き塗装を用いてきたが、電気を使って塗膜を形成し、効率の良い電着塗装技術を採用する。

トヨコー、「回転レーザー素地調整工法」NETISに登録 (2023/6/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

【浜松】トヨコー(静岡県富士市、豊沢一晃最高経営責任者〈CEO〉)は、高出力レーザーで鋼構造物の錆や塗膜、塩分を除去する「回転レーザー素地調整工法」が、国土交通省の「新技術情報提供シス...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン