電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

777件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

その後も同1万ドルに近づくと反落する動きを繰り返し、国内の電気銅建値も一進一退となっている。 ... 世界最大の銅消費国の中国は、第2四半期(4―6月期)の実質国内総...

15日に発表される中国の4―6月期の実質国内総生産(GDP)に注目しているといい、「それまでは底堅い状況で同80ドル台前半で推移するだろう」と予想する。

国際通貨基金(IMF)は5月、中国の24年の実質国内総生産(GDP)成長率を5%と予測し、4月時点から0・4ポイント上方修正していた。... だが米欧は中国の過...

23年の実質国内総生産(GDP)成長率は0・6%で、向こう数年も1%台と低調な見通しが多い。政府の対策は遅々として進まず、経済環境は他の新興国に比べ見劣りしている」&#...

米国に先行して利上げや利下げを実施し(インフレやデフレを防いだ結果)2023年の実質国内総生産(GDP)成長率は2・9%と前年の3%に続き好調だ。......

今年度GDP成長率0.5-1% 金融機関・シンクタンク試算 主要な金融機関・民間シンクタンクが発表した2024年度の実質国内総生産...

中国の2024年の実質国内総生産(GDP)成長率が5・0%となる見通しだ。... IMFは、中国の1―3月期の実質成長率が5・3%(年率換算)と好発進し...

(最終面に「深層断面」) 1―3月期の実質国内総生産(GDP)は前期比0・5%減とマイナス成長となったものの、賃上げや定額減税などの効果で個人...

内閣府が16日に発表する1―3月期の実質国内総生産(GDP)成長率は、2四半期ぶりにマイナス成長に転じ、中でもGDPの半分を占める個人消費が4四半期連続で減少する見通しだ。... シン...

中国の1―3月期の実質国内総生産(GDP)は市場予想を上回って伸長したが、3月の鉱工業生産指数と小売売上高は市場予想を下回って縮小した。

加えて米国経済が堅調なほか、中国も16日発表の1―3月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期比5・3%増と政府目標を上回る。

「米国民の多くは国内問題に関心があり、世界動向を注視していない。... 例えば日本の自動車メーカーは今や『ビッグ3』と呼ばれる米自動車メーカーよりも多くの車を生産しており、雇用数も多い。... 実質国...

23年10―12月期の実質国内総生産(GDP)成長率はプラスながら、個人消費は前期比0・3%減と停滞している。春闘での意欲的な賃上げで実質賃金が増加に転じるまで、日銀には慎重な...

2024年の実質国内総生産(GDP)成長率目標が設定されるが、23年の成長率目標の5%前後と同等に据え置くか注目される。23年の実質GDP成長率は5・2%となり、5&#...

23年10―12月期の実質国内総生産(GDP)成長率は8・4%を記録。世界トップの人口規模を有し、生産年齢人口も増加が続く。... インド国内の個人投資家が中長期の資産運用のた...

政府の経済見通しによると、実質国内総生産(GDP)成長率は2023年度が前年度比1・6%程度、24年度が同1・3%程度と予想する。内閣府が15日に公表する23年10―1...

2023年10―12月期の実質国内総生産(GDP)成長率は2四半期ぶりのプラス成長となる見通しだ。... 内閣府が15日に発表する23年10―12月期の実質GDP成長率(速報値...

この他の変更点は、23年度の実質国内総生産(GDP)を23年10月時点比0・2ポイント減の1・8%上昇に下方修正、24年度実質GDPを同0・2ポイント増の1・2%上昇に...

AEは理由として、「景気後退の影響で、産業界の23年の生産量が前年比0・4%減った。特にエネルギーを大量に消費する業種の生産量が11%減ったことがGHG削減につながった」と説明している...

23年の実質国内総生産(GDP)成長率はプラス5・2%と、目標の5%前後は達成した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン