電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

348件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

国際通貨基金(IMF)によると、ロシアの23年の実質成長率は3・6%に達し、米国の2・5%を上回っている。

ロシアと中国の23年の貿易総額は過去最高を更新し、国際通貨基金(IMF)によるとロシアの24年の実質成長率は3・2%と米国を上回る見通しだ。

植田和男総裁は、足元の円安が現時点で物価上昇率に影響していないと判断したようだ。 ... 7月以降に実質賃金が増加に転じる可能性もあり、今夏にも追加の金融引き締めに踏み出すことが期待...

国際通貨基金(IMF)も16日、米国の2024年の実質成長率を2・7%と予測し、3カ月前の予測から0・6ポイント上方修正した。

少子高齢化・人口減少下で長期に持続可能な経済・財政・社会保障を構築するためには、実質成長率を1%以上に引き上げていくことが必要だとの見解を示した。... 長期的な展望では、実質1%を上...

企業による意欲的な賃上げが相次ぎ、株価は4万円を突破したものの、日本の1―3月期の実質成長率はマイナスに転じるとエコノミストは予測する。 日本経済研究センターの「ESPフォーキャスト...

企業の持続的な賃上げや積極的な成長投資により経済好循環を回し続け、本格的な「金利のある世界」に対応できる環境を整えていきたい。 ... 政府は経済成長に伴う税収増のみならず、歳出削減...

内閣府は同期の実質成長率を速報値の段階でマイナス0・4%(年率換算)と、2四半期連続のマイナス成長としていた。マイナス成長が続くと市場は景気後退入りを意識し、日銀は政策修正に動...

2024年の実質成長率目標を「5%前後」としたがハードルは高く、経済再生の道筋も見えない。... 日本は世界経済の減速も視野に内需主導型の成長を目指しつつ、欧州やグローバルサウスなどとの連携も...

焦点だった2024年の実質成長率目標は5%前後とし、23年目標を据え置いた。... 中国の23年の実質成長率は5・2%と政府目標を達成した。... だが国際通貨基金(IMF&#...

2023年10―12月期の実質成長率がプラス成長に上方修正される可能性がある。... 内閣府の速報値では設備投資と個人消費がともに3四半期連続で前期比で減少し、実質成長率は2四半期連続でマイナス成長と...

国際通貨基金(IMF)は、不動産開発企業の再編が遅れると24年の実質成長率が3%台に低下すると予測する。... 中国の23年の実質成長率は5・2%と、政府目標「5...

だが日本経済は2023年10―12月期の実質成長率が2四半期連続のマイナス成長で、実体経済を反映したとは言い難い。... 23年10―12月期の実質成長率は年率換算でマイナス0・4%と2四半期...

企業の好決算が相次いで、株価も急上昇しているのに、日本経済の成長は低空飛行が続いている。2023年10―12月期の実質成長率は年率換算でマイナス0・4%。2四半期連続のマイナス成長だったのはエ...

2024年は東南アジア諸国連合(ASEAN)が実質成長率で中国を追い抜く見通しだ。... 国際通貨基金(IMF)によると、ASEAN5カ国の24年の実質成長率は4・7&...

「大阪市人口ビジョン」などを踏まえて政策目標や施策の方向性、具体的施策をまとめ、持続可能な都市としての成長、発展を目指す。医療・健康など成長分野の産業振興やイノベーション創出を図り、若者・女性・外国人...

国際通貨基金(IMF)は、中国政府による不動産開発企業の再編が遅れると2024年と25年の実質成長率が3%台に低下すると予測する。... 習近平政権が3月の全国人民代表大会&#...

米国の23年10―12月期の実質成長率(年率換算)はプラス3・3%と、高金利下でも堅調な成長が続いたためだ。 ... ただ経済成長と賃金上昇はインフレを再加速...

政府は25年度に国・地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)の黒字化を目指すが、1・3%の実質成長率を実現しても1・1兆円の赤字になるなど財政事情は深刻だ。... 2...

(編集委員・神崎明子) 政府の経済見通しによると、24年度の日本経済は1・3%程度の実質成長率を実現し、所得増加率が物価上昇率を上回る。....

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン