電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

302件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

両社は睡眠を継続的に計測することが人の意識や行動に変化をもたらす可能性があるとみて、実験データを新たな保険商品やサービスの開発に生かす考え。 実証実験は、大同生命の役職員124人を対...

我々は、正しく予測するためには科学的な理解が必要であると考え、精密に合成した材料表面への酸素分子や水分子の吸着安定性を計測して得た実験データと理論予測を比較することで、予測精度を向上させてきた。信頼性...

しかし現状は実験装置や実験炉の段階にすぎません。本体への組み込みや実験データをフィードバックし、性能面、コスト面でも商用炉に使える技術にブラッシュアップしていくことが日本の役割だと考えています。......

富士通・アイスランド社、アンモニア合成の触媒探索に新手法 (2024/5/23 電機・電子部品・情報・通信2)

その実用化を目指して、膨大な実験データや触媒の材料構造の解析などに取り組んできたのがベンチャーのアトモニア。... 具体的には富士通は高性能コンピューティング(HPC)を用いた量子化学...

実験だけで探索すると膨大な条件を検証する必要があった。シミュレーションと実験データから何が起きているか推定できると効率的に微生物を設計できる。

また、NIMSの「マテリアルデータ中核拠点」と連携して、研究開発の進展に伴って生成される実験データを自動的に収集する仕組みを構築している。 部材・電極・電池といった各階層において構造因子と特性...

少量でも良質なデータが得られれば、そのデータを使って実験サイクルを回しながら、よりよい材料へと最適化を進めることができる。... 1個の実験データは数百個の計算データに匹敵するという見解もあり、良質な...

第36回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(2) (2024/4/17 中小企業優秀新技術・新製品賞2)

データから異常発生を予測でき、予防保全に役立つ。... (東京都小金井市) データケミカル 実験・製造データ解析「Datachemical...

実験データから法則推定 OSXなど、AI技術開発 (2024/3/22 科学技術・大学)

オムロンサイニックエックス(OSX、東京都文京区、諏訪正樹社長)の牛久祥孝リサーチオーガナイザー、沖縄科学技術大学院大学のフロリアン・ラランド大学院生、米Spiffy AIの松...

深層断面/研究自動化、拡大の好機 (2024/3/19 深層断面)

分析機器や実験装置、ロボットなどをつないで自動化しやすくする。 ... モジュールの組み合わせで一連の実験を自動化する。 ... 東京大学の長藤圭介准教授は「ロボッ...

高精度数値実験で再現 ガラスは現代社会に欠かせない材料の一つだ。... しかし、実際に原子がどのように並んでいるかを実験で調べることは困難だった。 ... 実験デー...

2023年に、文部科学省のデータ創出・活用型マテリアル研究開発プロジェクト(DxMT)の五つの拠点の一つとしてNIMSに創設された「データ創出・活用型磁性材料研究拠点(DXMa...

日本原子力研究開発機構では実験によりその度合いを把握し、精度良く評価できるモデルを開発した。 ... しかし、その断面積の実験データはほとんどなく、特に加速器施設で重要な鉄のデータは...

分子や細胞、臓器、個体、行動などと複数の分野をまたぐようにデータをAIに学習させる。... 実験データや画像、文章などを一括で学習する。

トヨタ自動車はデータ駆動型の材料開発支援ツールに多目的最適化を実装した。データ駆動型開発はデータから人工知能(AI)技術などで実験条件を絞り込み、その実験データでさらに条件を絞り込む。

ダイキン、素材実験のデータ共有支援 新ソフト発売 (2024/2/21 電機・電子部品・情報・通信1)

表計算ソフト「エクセル」を操作するような感覚で実験結果を入力でき、表計算のセル同士の関係を明示化した半構造化データの抽出によって迅速に解析できる。... 各研究者が従来の個人記録と同様に入力できて負担...

アイデア共有や資金調達の透明性担保 まだ現在進行形で実験の途上にあるものの、既存の研究機関が抱える諸問題を打開するアプローチとして、DeSciは世界各地域で期待が高まっている。...

エムジー/テスター感覚で使える記録計 (2024/1/22 新製品フラッシュ2)

高い機動性を生かし、タイプテストのデータ取り、設備装置の不具合解析、移動体などのラボ実験データ収集などに提案する。

数十から百数十個の少ないデータで予測できる。... 産総研で合成した63個の実験データと論文から収集した111個のデータをAIに学習させて予測性能を評価した。

大量の実験データをAIが理解できる形で蓄積する必要があるなど課題はあるが、実現できれば半導体製造装置のレシピ(ガス流量や温度、圧力の最適な組み合わせ)や材料の開発効率を高めることができ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン