電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,137件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

私たちはこの手法を、東京電力福島第一原子力発電所(1F)の廃炉研究に応用することを試みた。廃炉研究においては、溶融した炉心に含まれる物質、特に溶融物の硬さに大きく影響を与えるホウ素の分...

研究開発で総合的な司令塔の役割を担うため、日本原子力研究開発機構・廃炉環境国際共同研究センター(CLDAS)、国立環境研究所・福島地域協働研究拠点をF-REIに統合。

会津大と6企業、福島でロボ成果報告会開く (2024/3/28 科学技術・大学2)

自立式で障害物を回避・踏破する機体制御を確立し、廃炉、災害ロボットや民間で利活用可能なロボットを目指す。

エイブル、双葉町に新工場 再生エネ・ロボ事業拡大 (2024/3/13 素材・建設・環境・エネルギー1)

東京電力福島第一原子力発電所(福島県大熊町・双葉町)の廃炉作業に向け、現場で用いるロボットの開発にも弾みを付ける。

かけはし/宮城など東北3産業人クラブ、福島第一原発など見学 (2024/3/1 中小・ベンチャー・中小政策)

東電廃炉資料館で廃炉作業の進展状況などを視察後、1F構内に入り、実際の作業の様子を興味深く見入っていた。 ... まず東電ホールディングス福島復興本社の社員と双方向での対話...

廃炉作業の進む東京電力福島第一原子力発電所については「(阪神大震災で被災した)兵庫や大阪の復興のスピードと福島を比較すると、原子力事故の影響の大きさや罪深さを感じざるを得ない」と強調。

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業を想定通り進捗(しんちょく)させ、福島県の産業振興もこれまで以上に進める必要がある。... 東電は廃炉期間を41―51年とした中長期ロードマップに...

ロボット・飛行ロボット(ドローン)とエネルギー・環境、航空宇宙、医療、農林水産、廃炉の重点6分野で拠点を整備し、企業誘致、事業化支援、企業間マッチングで産業集積を進める。

「第二原発の廃炉作業を通じ、次世代エネルギーを見据えた地元産業の貢献に期待している。... 富岡町と2町で廃炉推進協議会を発足し、近く地元企業が廃炉作業を受ける組合を設ける」 ―脱炭...

大型機械部品や福島第一原子力発電所の廃炉作業で必要となるさまざまな機材の部品加工に活用する。

【いわき】福島県と福島廃炉関連産業マッチングサポート事務局(福島市)は、福島第一原子力発電所の廃炉に関わる事業に、同県内に拠点を持つ企業の参入を促し、ビジネスマッチングの場を提供する廃...

日本電気計測器工業会、22日に放射線計測セミナー (2024/2/7 機械・ロボット・航空機2)

「福島第一原子力発電所の廃炉作業の概要及び処理水放出に係る状況について」に関して東京電力ホールディングスの高橋邦明氏、「γ線エネルギースペクトル測定とアンフォールディング法」について福井工業大学の西沢...

汚染された水への対処は廃炉工程の準備段階にあたる。ここから実際の廃炉作業を着実に進めることが今後の焦点となる。... 24年度は処理水放出後のタンク、計21基の解体にも取り組む予定で、廃炉作業に必要な...

日本原子力研究開発機構(JAEA)は福島第一原子力発電所廃炉に向けて福島県内5カ所の拠点で進める研究・開発の成果報告会を福島県いわき市で開いた。... 原子炉内にた...

第66回十大新製品賞/本賞 コマツ産機 (2024/2/1 機械・ロボット・航空機1)

開発1部の山口義博氏は、「水中切断は原子炉の廃炉技術研究にはあるが、製品生産用としては手探りでのスタートだった」と振り返る。

福島第一廃炉推進カンパニーの小野明代表は「本格的なデブリ取り出しは30年以降」と説明する。 ... 5年前は原子炉建屋から安全に持ち出す手法が確立しておらず、つまんだかけらは元に戻し...

福島第一原発、安全に廃炉 東京電力福島第一原子力発電所(1F)では、核燃料デブリの取り出しが始まる。... 1Fでの廃炉では、取り出したデブリを安全に保管する計画で、...

3月にも東京電力福島第一原子力発電所で廃炉作業のための実証を始める。同時に廃炉関連企業とともに4号機モデルの実用機を夏以降に製作し、開発する計画。 ... 福島県...

これを活用することにより、廃炉作業における被ばく管理に寄与することが期待できる。 1Fの原子炉内や原子炉建屋内には今も、放射性セシウムが大量に残っており、廃炉作業...

廃炉ロボコンは今回で8回目で、競技は福島第一原子力発電所の廃炉現場においてロボットを直接見れない環境を想定。... 廃止措置人材育成高専等連携協議会の田口会長は「廃炉作業は今後も長く続く。全国の高専生...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン