963件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

首相、福島第一原発を視察 (2021/10/18 総合2)

廃炉作業の状況や放射性物質トリチウムを含んだ処理水について東電から説明を聴取した。... 首相は同原発1―4号機を見渡せる構内の高台で、東電職員から廃炉作業などの説明を受けた。首相は「廃炉は復興の前提...

【いわき】福島イノベーション・コースト構想推進機構(福島市)と東京電力ホールディングス(HD)などが連携し、福島第一、第二原子力発電所の廃炉を福島県内企業と一体で進める廃炉関連産業交流会が福島県富岡町...

屋代真特任教授は「原子力発電所の廃炉作業も想定している」とした。

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業における腐食トラブルの発生可能性や腐食対策の検討などに役立つ。... 長期の廃炉作業を安全に進めるには構造材料の腐食を抑える必要があるが、放射線環境下での腐食はよ...

13年内閣府参事官(科学技術政策・イノベーション担当)、17年復興庁福島復興局次長、20年東京電力取締役兼原子力損害賠償・廃炉等支援機構連絡調整室次長、21年経済産業政策局地域経済産業政策統括調整官。

浜通りにはロボット産業や原発廃炉に絡んだ研究機関、エネルギー関連企業の新規立地が進んでいる。

国際原子力機関(IAEA)は、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けた評価派遣団の約2カ月間のレビューを終え、日本政府が処理水の処分方法について基本方針を決定したことについて「廃炉計画の実行を促進す...

原子力発電所を廃炉する際に出る低汚染のステンレスパイプを縦割り(切り裂く)する。

「多種多様な製品を手がけており、福島第一原子力発電所の廃炉作業でも使う原子炉キャスク向けなど原発、水力発電関連も多い」(木村忍社長)と受注は安定している。

研究コスト『減』・廃炉選択肢『増』 小型水中ロボのサイズは幅55センチ×奥行き45センチ×高さ80センチメートル。... ヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)...

作業現場での迅速な評価が可能となり、原子力発電所における廃炉作業などの安全性向上につながる。

東京電力ホールディングス(HD)と原子力損害賠償・廃炉等支援機構(原賠機構)は21日、東電の新たな再建計画「第4次総合特別事業計画」を政府に申請した。... 福島第一原発事故の賠償や除染、廃炉に必要な...

原子力発電については30年時点を見るよりも、その先にある福島第一原子力発電所の廃炉の動向も踏まえた視点が重要になる。

FCVでは今後、大型トラックが中核になることが見込まれるが、福島県では石炭運送や原発廃炉に伴う放射性廃棄物輸送などで大型トラックの需要が多い。

原発では安全対策工事のほか、東京電力福島第一原発事故後の対応状況を考慮し、廃炉・賠償など事故発生時の想定費用を前回試算の9・1兆円から15・7兆円に引き上げた。

東京電力は6日、福島第二原発の廃炉作業に着手し、1号機原子炉建屋内で行われた除染作業の様子を報道陣に公開した(写真)。44年かかるとされる廃炉工程の第一歩。... 東電は、事故を起こした福島第一原発の...

そのため50年のカーボンニュートラル実現に向け、水力、洋上風力、水素といった再生エネの開発に取り組む一方、次世代軽水炉、高温ガス炉、小型モジュール炉(SMR)などによる原発の新増設やリプレースを実現し...

15年官房総務課長、16年資源エネルギー庁資源・燃料部長、17年東京電力取締役兼原子力損害賠償・廃炉等支援機構連絡調整室長、20年経産省産業技術環境局長。

国と東京電力は福島第一原発2号機の廃炉で、溶け落ちた核燃料である燃料デブリの取り出し作業を2022年中にも始める。... 到着後、三菱重工神戸造船所(神戸市兵庫区)で最終動作確認や遠隔でのカメラ交換試...

廃炉作業以外での利用も含め3年間で実用化を目指す。 ... 床面に散乱するがれきなどの回収や除染は廃炉作業の重要課題。... 廃炉以外にも、災害時の海底における遺留品捜索などでの利用...

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる