社説/東日本大震災13年 福島復興と「廃炉」確実な歩みを

(2024/3/11 05:00)

2万2000人を超える死者・行方不明者を出した東日本大震災の発生から11日で13年になる。犠牲者の冥福を祈りつつ、記憶を風化させてはならぬとの思いを新たにする。13年の歳月をかけて復興が進んだ一方、課題も残る。東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業を想定通り進捗(しんちょく)させ、福島県の産業振興もこれまで以上に進める必要がある。震災復興で得た貴重な知見は能登半島地震の復旧・復興にとどまらず、ウクライナの戦後復興にも役立てたい。

復興庁によると、2011―22年度の12年間に投じた復興関連費は約40兆円。この間、インフラ整備や宅地整備などのハード事業はほぼ完了し、被災3県の営農面積や製品出荷額、水産加工施設はほぼ震災前に戻った。福島県の避難指定区域も県全体面積の2・4%(震災発生当時は約12%)まで縮小した。

課題も残る。原発事故に見舞われた福島県の本格復興だ。同県の沿岸漁業の水揚げ量や営農再開面積は震災前に及ばない。23年8月には福島第一原発の処理水の海洋放出が始まり、中国が日本産水産物の全面的な輸入停止に動く“風評被害”も受けている。同原発2号機の溶融燃料(デブリ)の試験的取り出しも度重なる延期に見舞われた。

中国の科学的根拠がない政治的な措置には辟易(へきえき)とするが、台湾や米国への輸出増で対応したい。東電は廃炉期間を41―51年とした中長期ロードマップに基づき、作業を遅滞なく進めてほしい。廃炉までの道のりは長いものの歩みは確実に進めたい。

福島県の産業振興も進める必要がある。23年4月にロボットや水素エネルギー、農林水産、医療などの先端の研究開発を産業化する「福島国際研究教育機構」が発足した。福島水素エネルギー研究フィールド(福島県浪江町)は26年度に、脱炭素への切り札とされる水素供給の商用化を目指す。福島の復興を日本再生につなげる必要がある。

能登半島地震が1月に発生し2月には日ウクライナ経済復興推進会議が開かれた。東日本大震災の経験は能登、そしてウクライナ復興にも生かしたい。

(2024/3/11 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン