729件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

情報通信研究機構は25日、情通機構の多言語音声翻訳技術が警察庁の情報通信システムに採用されたと発表した。... スマホやタブレット端末を通し画像伝送やグループ通話などができる警察独自のシステム「高度警...

光の最小単位である「光子(フォトン)」の一つひとつを捉えることのできる単一光子検出技術の高性能化は、量子情報通信、バイオ応用、深宇宙光通信、レーザーセンシング、半導体欠陥解析装置など広範囲な先端技術分...

情報通信研究機構(NICT)とマックスプランク量子光学研究所は2004年に単一イオンを用いて単一光子を発生させることに初めて成功し、また18年には発生した単一光子の光通信波長帯光子への変換を、大阪大学...

インターネット上で動画像を含むSNSや4K・8K動画配信を安定的に行うため、情報通信研究機構(NICT)では情報指向ネットワーク技術(ICN)の研究を行っている。... (火曜日に掲載) &#...

急増する世界中の医療・生命科学の研究論文から必要な情報をAIで抜き出したり、人の移動データを追加したエージェント型の感染拡大シミュレーションをしたりする技術を一覧にした。 ... 理...

量子ICT、社会実装目指す 情報通信研究機構は情報通信分野をメーンに基礎から応用まで研究開発する研究機関。原理的に盗聴できない「量子暗号技術」などのセキュリティーに関わる最先端のネッ...

防災科研や情報通信研究機構、ウェザーニューズ、LINEが共同で開発した。 ... 宇宙航空研究開発機構(JAXA)や大学、宇宙ベンチャーなどの責任者と議論が交わされた。 &#...

(火曜日に掲載) ◇ネットワークシステム研究所・フォトニックネットワークシステム研究室主任研究員 清水智 2011年東京工業大学大学院博士課程修了。同年、情報通信研...

派遣を希望する企業をICT(情報通信技術)などの面からさまざまに支援できる」と対応策を示す。 「情報通信研究機構(NICT)時代、東北大学に年に2回ほど出張にきた」が、東北で勤務する...

情報通信研究機構は2020年度内に量子ICT(用語参照)分野の人材育成に乗り出すとともに、22年度をめどに国際的な研究拠点を新設する。... さらに同機構の設備を使って量子暗号通信や量子センシングなど...

新型コロナ/情通機構、テレワーク実施 (2020/4/9 科学技術・大学)

情報通信研究機構は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、8日から対象地域に所在する事業所の全職員を原則在宅勤務(テレワーク)とすることを決めた。

凸版、製薬特化の翻訳サービス提供 (2020/4/1 電機・電子部品・情報・通信2)

機械翻訳には、情報通信研究機構(NICT)と総務省が進める「翻訳バンク」の一環として、R&Dヘッドクラブに所属する製薬会社8社から提供を受けた300万対以上の原文・訳文のデータベースを活用している。&...

その環境は、通常の気温に比べて極端に温度が高くなる場合が多いが、省エネルギーの観点から冷却機構が不要な光デバイスが求められる。 ... このような要求に応えるため、情報通信研究機構(...

凸版、高輪ゲートウェイ駅に多言語チャットボット (2020/3/18 電機・電子部品・情報・通信1)

翻訳には情報通信研究機構(NICT)のニューラル機械翻訳エンジンなどを採用しており、文章や音声での翻訳ができる。

三菱電、最薄AESA技術を開発 (2020/2/26 電機・電子部品・情報・通信2)

三菱電機は情報通信研究機構(NICT)と共同で、厚さ3センチメートル以下と世界最薄級のKa帯(周波数27ギガ―40ギガヘルツ)対応の航空機用電子走査アレイアンテナ(AESA)技術を開発した。飛行中の旅...

他方、1989年から測地や電波天文観測に使われてきた情報通信研究機構(NICT)の鹿島34メートルアンテナのような大型カセグレンアンテナでは焦点で必要とするフィードのビーム幅が細く、広帯域フィードの設...

富士通、明治大職員にAI翻訳サービス提供 (2020/2/14 電機・電子部品・情報・通信1)

みらい翻訳(東京都渋谷区)と情報通信研究機構(NICT)が共同開発した最新の「ニューラル機械翻訳」と富士通の基盤技術を組み合わせて実現した。

KISTEC、暗号技術の理論と展望解説 (2020/1/28 中小企業・地域経済1)

神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)は2月5日12時45分から、かながわサイエンスパーク(KSP、川崎市高津区)で情報セキュリティー関連の講座「暗号技術のいま、これから」を開く。... 情報通...

これらの時計はさらに正確な時計を参照して時刻を合わせているが、その大元をたどるとほとんどすべて小金井の情報通信研究機構(NICT)本部にある日本標準時システムが生成する日本標準時にたどり着く。 ...

SMBC日興証券と情報通信研究機構(NICT)は人工知能(AI)を利用し、金融に特化した翻訳システムを共同開発した。... 4月以降に実用化し、海外投資家向け金融情報の発信に活用する。

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる