電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

927件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

情報通信研究機構(NICT)は、資金配分と研究の両方の管理業務が分かるリサーチ・アドミニストレーターの育成を始める。NICTは従来の研究開発業務に加えて資金配分機関としての機能も備え、...

情報通信研究機構・寺井弘高研究統括「基礎研究に磨き」 日本初の量子コンピューターに貢献でき大変光栄だ。... 基礎研究を通して貢献していきたい。 ... 日本が世界...

日刊工業新聞社は3日、東京・大手町の経団連会館で「第53回日本産業技術大賞」の贈賞式を開き、最高位の内閣総理大臣賞に輝いた富士通と理化学研究所、産業技術総合研究所、情報通信研究機構...

共同研究先の企業向けにクラウド公開し、超電導量子国産機の産業化への第一歩を踏み出した。 ... 土台となる初号機の開発では産業技術総合研究所、情報通信研究機構、大阪大学、NTTが協力...

日刊工業新聞社が主催する「第53回日本産業技術大賞」の受賞4件が決まり、富士通、理化学研究所、産業技術総合研究所、情報通信研究機構、大阪大学、NTTの「超伝導量子コンピュータを用い...

(高屋優理) ボイスビズ・ユーシーディスプレーはTOPPAN(東京都文京区)が開発したコミュニケーションシステムで、情報通信研究機...

旭化成、深紫外LED搭載の空気殺菌装置 鉄道車両で実証 (2024/3/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

旭化成と情報通信研究機構(NICT)は、深紫外発光ダイオード(LED)を搭載した空気殺菌装置を用いた鉄道車両での実証試験を開始した。

バッファロー、法人向けUTM参入 機能選択低価格に (2024/2/15 電機・電子部品・情報・通信2)

パソコン(PC)に搭載されているセキュリティー機能を生かすなど機能を取捨選択し、通信速度の低下を抑えるとともに中小企業でも導入しやすい価格帯を実現した。... 「ウェブフィルタリング&...

情報通信研究機構の大竹清敬データ駆動知能システム研究センター長は「判別は難しいだろう。... 防災科学技術研究所の臼田裕一郎総合防災情報センター長は「災対本部でも厳しく情報管理している。... 研究室...

情報通信研究機構の大竹清敬データ駆動知能システム研究センター長は憤る。... 情通機構の鳥沢健太郎フェローは「正しいと思われる情報をデマと断定する投稿もある。... そこで5年ほど前に限られたコミュニ...

情報通信研究機構の松田隆志主任研究員らは25日、飛行ロボット(ドローン)で電波を中継して山の反対側にドローンを飛ばす実証実験に成功したと発表した。... 実験では8分の飛行の間、安定し...

論理量子ビットはエラー情報を元に正しい情報を復元できる。... 情報通信研究機構や理化学研究所などとの共同研究で論理量子ビットの一種であるGKP論理量子ビットを生成した。... 光の測定には情通機構と...

技術基盤は情報通信研究機構(NICT)と共同開発した二つのAIモデルだ。

研究成果は、県内酒蔵への普及を目指す。 研究主体となる山形県工業技術センターは、情報通信研究機構(NICT)による委託事業の採択を受けた。... 研究開発期間は23年...

一般的に、単独の金融機関が持つ不正送金に関するデータ量は機械学習では不十分な上、個人情報を含むデータは外部に持ち出せないため、複数の金融機関が協力して機械学習を行うことが困難であった。これらの課題に対...

産総研や理化学研究所、情報通信研究機構(NICT)など国立研究開発法人が優先的に使用する。... 経産省は国内の計算資源を充実させるほか、生成AIを開発する企業の研究開発を支援する方針...

NICT、深紫外LEDの配光制御 取り出し効率1.5倍 (2023/11/2 科学技術・大学1)

情報通信研究機構深紫外光ICT研究室の井上振一郎室長らは1日、光学レンズを使わずに配光制御する深紫外発光ダイオード(LED)を開発したと発表した。... 空間殺菌や光無線通信などに提案...

名古屋大学の中島拓助教と情報通信研究機構の渡辺一世主任研究員らは、超電導の導波管で高周波の伝送損失を数十分の1に低減することに成功した。理論研究では超電導体は損失を増やすと予測されてきた。... 先行...

さらに1ナノメートル以降については、同社はこれを積層して面積を半減する「Stacked FET」(積層FET)を研究している。 ... そのほか、東京大学の宮...

物質・材料研究機構の宝野和博理事長は「国研の利点はリーダーに力があれば、いくらでもチームが大きくなるところだ」と指摘する。... 情報通信研究機構の徳田英幸理事長は「研究環境で差別化していくことになる...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン