電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,314件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

SAF用バイオエタノール計画 製紙4社、27年度量産へ (2024/2/29 素材・建設・環境・エネルギー1)

これらに先立ち、王子ホールディングス(HD)と日本製紙の大手2社はリサイクル材ではなく、紙原料である木質パルプからエタノールを生産する方針を打ち出した。... 一方、日本製紙は住友商事...

米大統領選が国内産業界に与える影響について「イスラエル・パレスチナ情勢への対応、中国への姿勢がどうなるか心配」と語るのは日本製紙連合会会長の加来正年さん。 ......

紙・板紙出荷、1月8.5%減 製紙連まとめ (2024/2/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本製紙連合会が20日発表した1月の紙・板紙国内出荷量(速報)は、前年同月比8・5%減の151万5000トンとなり、17カ月続けて減った。

製紙6社の4-12月期、3社当期増益・1社黒字化 製品値上げ浸透 (2024/2/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

23年4―12月期の営業損益は6社のうち、日本製紙と大王製紙、三菱製紙が黒字化。... 三菱製紙と日本製紙は価格修正やコスト低減で営業黒字に転換したものの、いずれも特損計上で当期赤字となった。 ...

大王製紙、4月に衛生紙10%以上値上げ (2024/2/5 素材・建設・環境・エネルギー)

大王製紙は4月1日納品分から、ティッシュ・トイレットペーパーといった衛生用紙全品を現行比10%以上値上げする。... 競合の日本製紙クレシア(東京都千代田区)や王子ネピア...

循環素材「紙糸」に注目 プラ代替など用途拡大 (2024/2/5 素材・建設・環境・エネルギー)

(編集委員・山中久仁昭) 日本製紙系の日本紙通商(東京都千代田区、吉田太社長)は、事業所向けに使用済み飲料用紙容器を回収し再資源化...

紙・板紙出荷、12月6.5%減 製紙連まとめ (2024/1/30 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本製紙連合会がまとめた2023年12月の紙・板紙国内出荷量(速報)は、前年同月比6・5%減の172万8000トンで16カ月連続して減少した。

日本製紙は輸入に依存していた肥料用原料の国産化に乗り出す。... 日本製紙は勇払発電所の木質灰で、肥料法に基づく副産肥料の登録を行った。... 日本製紙は脱炭素化に向け、製紙で培っ...

今年の紙・板紙内需見通し、3.1%減 3年連続低下 製紙連まとめ (2024/1/23 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本製紙連合会が22日発表した2024年の紙・板紙の内需試算は、前年実績見込み比3・1%減の2096万8000トンで3年連続のマイナスとなる見通しだ。... 内需試算は国内...

「二酸化炭素(CO2)排出量削減の取り組みを見直し、脱炭素対策を加速することが必要」と新年互礼会であいさつしたのは、日本製紙連合会会長の加来正年さん。 &#...

家庭紙輸送パレット拡大 工業会、物流24年問題で中堅にも (2024/1/11 素材・建設・環境・エネルギー2)

日本家庭紙工業会(小川満会長=大王製紙上席執行役員)は物流の2024年問題に対応し、トイレット・ティッシュペーパー輸送用パレットの導入を促進する。... 大王製紙や王子ネピア&...

2024TOP年頭語録/出光興産・木藤俊一社長ほか (2024/1/9 素材・建設・環境・エネルギー)

三菱地所・中島篤社長 団結し価値創造 2023年はラグビー日本代表が戦う姿に心を動かされた。... 日本ペイントHD・若月雄一郎共同社長 ...

2024年に周年記念を迎える企業 (2024/1/9 編集特集)

1974年度に日本経済は戦後初めてマイナス成長となり、高度経済成長期が終わった。... 100年 ダイキン工業、170カ国以上で事業展開 ...

「(ティッシュペーパーで)ソフトパック志向が強まる中、日本のメーカー品より安い輸入品は脅威」と語るのは、日本製紙連合会会長の加来正年さん。

紙・板紙出荷、11月7%減 製紙連まとめ (2023/12/26 素材・建設・環境・エネルギー)

日本製紙連合会がまとめた11月の紙・板紙国内出荷量(速報)は、前年同月比7・0%減の174万8000トンで15カ月続けて減った。

2024年 賀詞交歓会 (2023/12/18 賀詞交歓会)

(15日現在) 団体名 日時(1月) 会場(所...

日本は森林国であり、材料が豊富にある」と優位性を語る。 ... 日本製紙がCNFを混ぜて強度を高めた素材を供給した。 ... 製紙産業のインフラを活用して生産できる...

紙・板紙出荷、10月5.8%減 生活防衛強まり主要品種低迷 製紙連まとめ (2023/11/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本製紙連合会が20日発表した10月の紙・板紙国内出荷量(速報)は、前年同月比5・8%減の171万8000トンで14カ月連続の減少だった。

日本製紙、飲料用紙容器を10%超値上げ 来年4月から (2023/11/15 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本製紙は14日、牛乳や清涼飲料向け液体用紙容器の価格を2024年4月1日納入分から10%超引き上げると発表した。

製紙6社の4―9月期、3社が営業黒字転換 値上げ・コスト減奏功 (2023/11/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

13日出そろった製紙6社の2023年4―9月期連結営業利益は、日本製紙と大王製紙、三菱製紙が黒字転換し、レンゴーと北越コーポレーションが増益、王子ホールディングス(HD)が減益となった...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン