電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

541件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

また、日本郵便と西濃運輸の幹線輸送の提携や、ヤマトホールディングスが共同輸送のための新会社を設立するなどの動きが進んでいる。

日本郵便と西濃運輸(岐阜県大垣市)は9日、荷物を互いに積み合わせる共同輸送で基本合意したと発表した。... その上で日本郵便の千田哲也社長は「両社で誰もが参加できる...

郵便局網維持のため日本郵政が傘下の日本郵便を統合するほか、金融2社の株式を保有し続けることが柱。... 素案によると、日本郵政が日本郵便を統合。郵便局が自治体から受託する公共サービスを主要事業に位置付...

インタビュー/ACSL社長・鷲谷聡之氏 成長へ正念場 (2024/4/24 機械・ロボット・航空機2)

24年は、米国と台湾、インドの合計売上高が日本とほぼ同程度になる見込みだ」 ―米国での現地生産の可能性は。 「現在は日本で組み立てて輸出しているが、販売機数が増えて...

日本ブロックチェーン基盤(東京都渋谷区、近藤秀和社長)は、日本郵便、山形県山辺町と非代替性トークン(NFT)アートの販売を始めた。日本郵便による地域における「みらいの郵...

プラスシッピングにはすでに日本郵便や佐川急便が参画しており、4月からは5割弱の宅配市場シェアを持つヤマト運輸が加わってシェア合計は9割を超えた。... 長瀬産業は日本パレットレンタル(東京都千...

ACSL、兵庫・豊岡市でドローン配送実験 (2024/4/2 機械・ロボット・航空機2)

ACSLは日本郵便と共同開発した新型飛行ロボット(ドローン)「JP2」を用いて、兵庫県豊岡市でレベル3・5飛行(過疎地上空などでの補助者なし目視外飛行)による荷物配送実...

大王製紙と日本製紙は23年8月から海上共同輸送を開始。日本郵便はヤマト運輸の小型・薄型の荷物を配送するサービスを2月に始めた。

ACSL、物流ドローンでレベル3.5飛行 (2024/3/7 機械・ロボット・航空機1)

ACSLは日本郵便と共同開発した新型物流飛行ロボット(ドローン)で、目視なしで遠隔操縦する「レベル3・5飛行」での配送を実施した。兵庫県豊岡市の出石郵便局配達区内で...

フリマアプリ通し求人応募 メルカリ、単発雇用仲介サービス開始 (2024/3/7 電機・電子部品・情報・通信1)

初期求人募集パートナーとして、日本郵便やファミリーマート、アート引越センター(大阪市中央区)、コメリなどが参加した。

電話の集荷依頼、AIが自動応対 日本郵便 (2024/2/9 生活インフラ・医療・くらし1)

日本郵便は客からの電話による集荷依頼の申し込みに、人工知能(AI)が自動的に音声対応する「AIによる集荷電話自動受け付けサービス」を一部地域で開始した。... 日本郵便はゆうパックなど...

日本郵便とヤマト運輸は能登半島地震の影響で営業を休止している日本郵便の事業再開に向けて協力する。地震で大きな被害を受けた穴水郵便局(石川県穴水町)に代わり、ヤマト運輸の能登営業所...

実際に2022年9月調査で、価格交渉で最低評価だった不二越、価格転嫁で最低評価だった日本郵便は直近の調査では評価が改善している。

日本郵便と京都駅ビル開発(京都市下京区)の共同開発ビルへの接続を協議する。

送電線網をドローン航路に 電力大手参画、整備進む (2023/12/29 素材・建設・環境・エネルギー)

レベル1は空撮や橋梁点検、レベル2は農薬散布や土木測量で実現しており、レベル3は日本郵便が福島県の郵便局間で実施する。

レンズ越しに見た産業界の1年 (2023/12/27 写真グラフ)

JMSはその大切なスタートポイントだ」と意気込みを語った(10月25日) 空飛ぶクルマ「エアーモビリティ」 大崎篤SUBARU社...

産業春秋/手紙が特別なことに (2023/12/21 総合1)

郵便料金の値上げが検討されている。... 取扱量の減少や人件費の上昇に伴い、日本郵便の2022年度の郵便事業の収支は郵政民営化以来、初の赤字となった。... 気になるのは今回、値上げに踏み切ったとして...

改正されれば、日本郵便は同額まで引き上げる方針だ。... 日本郵便は、2024年秋にも料金を改定する。... 郵便事業は、郵便物の減少に加えて人件費が高騰。

きょうの動き/15日 (2023/12/15 総合3)

■産業・企業■ ◇地方制度調査会総会(13時、東京都千代田区) ◇日本郵便が24年の年賀状の受け付け開始 ■国 際■...

検証2023/物流24年問題対策 ヤマト・日本郵政が提携 (2023/12/5 生活インフラ・医療・くらし)

両社の子会社のヤマト運輸と日本郵便は、佐川急便とともに宅配業界を3分するライバル。... 日本郵便の千田哲也社長は「以前とは発想が変わった。... 具体的には、ヤマト運輸が引き受けたメール便や薄型荷物...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン