10件中、1ページ目 1〜10件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

時価総額40億円以上で1部に移れる現在の基準を引き上げ、ジャスダックから1部への変更などと同様に、時価総額250億円以上を適用する可能性が出てきた。... 1部に上場を変更する際、2部やマザーズの企業...

「現状の市場区分で基準を統一したい。上場時の時価総額を250億円に一本化する可能性が高い」 ―証券と商品先物を一体運営する総合取引所のスタートが7月に迫っています。 ...

【電子版】先週の注目記事は? (2020/1/28 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(1/20~1/26) 1位 キヤノン、商業印刷機で攻勢 ピエゾ方式IJヘッド開発 2位 展望2020/JR東日...

日本取引所グループ(JPX)の清田瞭グループ最高経営責任者(CEO=写真)は22日、日刊工業新聞のインタビューに応じ、東証1部に上場する際の時価総額の基準を250億円に一本化する意向を示した。... ...

7月1日、上場時価総額基準に抵触し8月2日付で上場廃止が決定。 

その後も株価の低迷が続き、ついには証券取引所の定める時価総額基準に抵触し、今年5月1日付で上場廃止となった。

07年9月には、監理銘柄を解除されるが、08年4月には、時価総額基準に抵触したとして再び監理ポストに指定され、悪評は消えないままだった。

しかし、改正建築基準法の施行やサブプライムローン問題などによる不動産市況の低迷により、他の破たんしたディベロッパー同様、同社の業績も急降下をたどることとなる。... 3月にジャスダック市場の株式時価総...

東京証券取引所は13日、時価総額が一定額に満たない企業を上場廃止や指定替えとする時価総額基準について、今月末から年内いっぱい引き下げると発表した。... 基準緩和では、市場第1部から市場第2部への指定...

東京証券取引所は30日、上場会社の時価総額が一定基準に満たない場合、上場廃止や指定替えとなる上場時価総額基準の適用を年内は見合わせると発表した。市場の混乱で基準が適当でないと判断し一時、基準を緩める。...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる