電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

22件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、日本初の宇宙機による月着陸を目指す小型月着陸実証機「SLIM(スリム)」が2024年1月20日にも月に到着す...

だが、予算削減でプロジェクトは6月で終了する予定という。 ... また、月惑星探査プロジェクト「RISE(ライズ)」を進めている。地球の形状や重力の分布、回転計測など...

月・惑星探査で行う地質調査での活用を目指す。真空度10のマイナス5乗パスカルの環境下で実験したところ、月に存在する岩石と似た成分を持つ玄武岩を約3ミリメートル加工できた。

惑星探査機やレスキュー活動、雪上移動などでの活用を見込む。... 開発のきっかけは月・惑星探査ロボットの研究だが、さまざまな現場で活用が考えられるため、企業などとの共同研究を進める。 ...

宇宙風化を受けていない小惑星の内部に存在する物質を採取するのが狙いで、11月30日に打ち上げられる探査機「はやぶさ2」(はやぶさの後継機)に初めて搭載される。 ......

ミッションを達成できれば日本の宇宙開発技術の向上はもちろん、「日本人がレースに挑むことで、宇宙探査や月への旅行をもっと身近に感じられるようになるのでは」(吉田教授)と、未来への期待も膨...

北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)は、9月26日14時から札幌市北区の北海道大学学術交流会館で、財団設立10周年記念講演会を開く。川口淳一郎JAXA月・惑星探査プログラ...

そのシャトルも7月に退役し、この30年間は月よりも遠い天体に人類は行っていない。... ■過酷な長旅 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の月・惑星探査プログラムグループ...

人型や自律走行の惑星探査車も、日本の移動ロボ 来春に宇宙実験 宇宙空間での荷物の出し入れをはじめ、月や惑星探査など人間に代わって作業する宇宙ロボット。... (編集委...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は木星探査に向け、宇宙帆船とイオンエンジンを組み合わせたハイブリッド技術による探査機の開発を本格化する方針を固めた。... 木星探査機は米国、欧州も20...

ちなみに、小惑星探査機はやぶさ2(はやぶさ後継機)や月惑星探査機セレーネ2(かぐや後継機)など新規案件は多数。

早稲田大学理工学研究所は、7月29日まで創設70周年を記念して「『宇宙開発』連続講演会」を、早大西早稲田キャンパス(新宿区)で開講している。... 【6月17日】▽天体核物理と宇宙&#...

東海大学は宇宙航空研究開発機構(JAXA)と月・惑星探査関連分野で連携大学院に関する協定を結んだ。... 具体的には東海大院工学研究科とJAXAの月・惑星探査プログラムグループとの間で...

金星探査機「プラネットC」の相乗り衛星としてH2Aに搭載。... JAXA月・惑星探査プログラムグループの森治助教は「宇宙空間で巨大な帆を広げるのは難しいが、適切な設計開発を行い、可能にした」としてい...

国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」での共同研究をはじめ、月・惑星探査などの研究やロケット、衛星の構造研究も進める。

通常、8時間連続で着用できるが、将来の月・惑星探査の本格化時代に向け、120時間連続着用の次世代用の研究も進む。... 将来の有人宇宙時代を前に、米航空宇宙局(NASA)は月・惑星探査...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は08年度中に、月や火星などの惑星を探査する構想をまとめる方針を固めた。... 宇宙探査委員会は将来の国としての探査計画を検討するため、JAXAの月・惑...

また、立川理事長はISS計画に参加する米、日、欧、ロシア、カナダの5カ国の宇宙機関トップによる会議が7月中に開かれ、ISS運用問題について話し合いが行われることも明らかにした。 “ポストISS...

本体と手足のように伸びた部分の無限軌道(クローラ)を使い不整地を自在に走るレスキューロボットや、自律性を持って自身の判断で障害物を避ける月・惑星探査ローバーなどがデモを披露。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の立川敬二理事長は6日、4月に実施するJAXAの機構改革の概要を公表した。... 本部として位置づける3事業に準ずる分野として、航空分野と月・惑星探査の...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン