電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,440件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

JX金属、次世代半導体向け材料増産 茅ケ崎などに設備 (2024/6/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

JX金属はこれまで、茅ケ崎工場で新規高純度CVD・ALD材料の量産ラインを構築し顧客へのサンプル出荷を進めていた。同材料の本格採用により急速な需要拡大が見込まれることから、生産能力の増強を決めた。併せ...

キヤノン、光電変換層 厚く被膜 次世代電池向け材料開発 (2024/6/19 電機・電子部品・情報・通信1)

キヤノンは18日、次世代太陽電池として期待されるペロブスカイト太陽電池向けに耐久性と量産安定性を高めた光電変換層を被覆する高機能材料を開発したと発表した。... 同社によると現在、同太陽電池の研究開発...

錬金術ですでに試されていた「物質の混合」は、現在でも材料開発の基本的な方法の一つである。... また、材料開発にはその時代の社会的なニーズに応える使命がある。... この材料開発において指針を示す“地...

TDK、全固体電池向け新材料開発 エネ密度100倍 (2024/6/18 電機・電子部品・情報・通信1)

TDKは17日、全固体電池向けの新たな材料を開発したと発表した。... 新材料を用いた全固体電池の量産時期は明らかにしていない。... ただ、容量を一段と高めたいといった顧客からの要望があり開発を続け...

材料試験の受注で年間30件以上を見込む。... 微細化で材料の性能を向上するための試験に活用していく。... 今回のドライチャンバーの導入で、今後、期待できる全固体電池の材料開発の需要に対応する。&#...

産業技術総合研究所の深沢太郎研究員らは、希土類磁性材料のデータプラットフォームの運用を始めた。... 人工知能(AI)技術で高性能物質を予測するなど、データ駆動型の材料開発を後押しして...

半導体後工程関係を念頭にさまざまな開発テーマに取り組むとともに、韓国での半導体関連材料の生産体制も順次強化する。... 研究開発センターを韓国の主要な情報通信技術(ICT)企業の研究開...

実際に磁性材料の物性を計算して常磁性と反強磁性などの境界条件を求めることに成功した。 ... 材料開発などへの有効性を確認できたため実機応用を検討する。量子コンピューターの実機開発と...

新役員/大同特殊鋼 執行役員・松村康志氏ほか (2024/5/30 素材・建設・環境・エネルギー1)

■執行役員鋼材営業本部材料技術サービス部長 松村康志氏 【横顔】入社後、27年間にわたり材料開発に従事。自動車メーカーや部品メーカーと共同でエンジンや変速機に使う材料を多く実...

ナノ粒子の体内蓄積制御を実現し、生物に蓄積しにくい低環境負荷材料開発につなぐ。 ... 新材料を作ることに目が行きがちだが、「実用化時に環境、地球にどんな影響を与えるかを考えた材料開...

これにより開発した光触媒は、水質浄化に利用できることが示された。... 私たちは環境問題の解決と、画期的な材料開発を目指すとともに、持続可能な社会の構築に資することを強く期待している。... これまで...

田岡化学、高感度で放射線β測定 名大と液体材料開発推進 (2024/5/28 素材・建設・環境・エネルギー2)

β線を検出する感度が高いシンチレーター材料を開発して測定機器メーカー向けに提案し、原子力発電所の環境測定などの需要を取り込むことを目指す。 ... 両者が開発を進めているのは、トリチ...

長瀬産業の素材流通や製造・研究開発といった事業機能と東北大学の技術知見を融合し、製品価値を高める材料開発につなげる。 ... 長瀬産業が注力するバイオ素材などの研究開発や半導体関連な...

併せて成形性を高める新たな材料開発の状況を解説する。 また解説1では産業技術総合研究所の千野靖正氏らによる「室温近傍での加工が可能なマグネシウム合金板材の開発」を掲載。... マグネ...

物質・材料研究機構(物材機構)は構造材料の電子顕微鏡画像から材料の特性や寿命を予測できる人工知能(AI)の開発に着手した。... 材料開発の効率化に...

共通基盤チームには、アカデミアで開発されるグラムオーダーの少量の新材料から試験用電池を試作し、その性能・寿命・安全性などの評価を行うための設備が「蓄電池プラットフォーム」として整備されている。... ...

SIPではアフリカなどの開発途上国向けに安価で多機能な材料を開発する。 ... 実は材料開発の前に、このデータに買い手がついた。半導体材料などの開発に利用されている。 ...

日本ゼオン、川崎工場に共創イノベ拠点 リチウム電池材料を拡充 (2024/4/25 素材・建設・環境・エネルギー1)

同工場を“研究開発型工場”と位置付け、顧客や連携先との新製品開発を加速する。... 竣工後に注力するリチウムイオン電池(LiB)向け材料開発では強みの電池評価・解析技術を駆使し、信頼性...

「受賞を励みに核融合発電実現のため、さらなる材料開発に弾みを付けたい」と意気込むのは、三芳合金工業(埼玉県三芳町)社長の萩野源次郎さん。

物材機構は材料中の水素の挙動を可視化する分析技術を持つ。... 例えば水素顕微鏡では材料中を透過する水素を観察できる。... 安価な材料開発には高度な分析評価技術が必要だった。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン