53件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

第6世代通信(6G)では通信速度の高速化のため、テラヘルツ波(300ギガヘルツ以上の周波数帯)の利用が検討されている。... 5Gの周波数割り当てにおいて、ミリ波帯の割り当てのために近距離電波伝搬モデ...

これは2枚の磁石(強磁性体)に、磁石でない物質(非磁性体)を挟んで重ね合わせた素子であり、電気を流すと2枚の磁石のN極の相対的な向きの違いで、抵抗値が変わる(図)。... (水曜日に掲載) &...

東北大学電気通信研究所の本間尚文教授、上野嶺助教の研究グループは、ハードウエアの「指紋」を利用した認証の新方式を開発した。... これまでハードウエア認証が使えなかったセンサーや小型情報通信機器に搭載...

東北大学電気通信研究所の大塚朋廣准教授、ロームの中原健研究開発センター長らの研究グループは、シンプルな窒化ガリウム製の電界効果トランジスタ内に量子ドットが形成される様子を観測した。... 低温下で精密...

東北大学電気通信研究所の深見俊輔教授、金井駿助教、大野英男総長らはスウェーデンのヨーテボリ大学と共同で、スピントロニクス技術を用いた人工ニューロン素子の特性を低消費電力で制御する手法を開発した。......

東北大学電気通信研究所は11月26日10時半から東京都千代田区の学術総合センターで、東北大学電気・情報 東京フォーラム2019「ソサエティー5・0を支えるモノのインターネット(IoT)技術」を開く。....

2020年に商用化が始まる第5世代通信(5G)や無線通信技術の展望や可能性について、東北大学電気通信研究所の末松憲治教授が事例を交えて解説する。

VR普及の主役は学生!? 若い感性でユニーク作品生む (2018/11/21 電機・電子部品・情報・通信2)

(梶原洵子) 東北大学電気通信研究所の学生らは、釣り餌となって、魚を釣り上げるコンテンツを展示した。... 今後、同コンテンツの活用は未定で、大学院生の大西悠貴さんは、「海の中の行動...

電波を好き勝手に発射すると、他の通信や放送に対して、混信や妨害を与えるといった形で、電波の環境問題・公害問題が起きる。... そのため、情報通信研究機構(NICT)でも測定器やアンテナの較正サービスを...

東北大学電気通信研究所は、2月22日10時から仙台市青葉区の同研究所本館で、情報通信共同研究拠点としての2017年度共同プロジェクト研究発表会「新世代ICTの羅針盤」を開く。... 問い合わせは同研究...

東北大学電気通信研究所の枝松圭一教授、阿部尚文研究員らの研究グループは、静的にも動的にも真にランダムな偏光状態にある単一光子を、ダイヤモンドによって発生させることに成功した。

東北大学電気通信研究所の石黒章夫教授と大脇大助教らは、走行速度に応じて走り方を変える4脚ロボットを開発した。

東北大学電気通信研究所は1日、2011年の東日本大震災の発生から6年を迎えるにあたり、大規模災害による被災時でも継続的に情報サービスを提供できるストレージ(外部記憶装置)基盤技術を開発したと発表した。...

通研電気工業、技術報告会開く (2016/11/16 建設・エネルギー・生活1)

通研電気工業の技術本部、生産本部の社員が「IPネットワーク型配電用変電所TCの開発」など6件の開発成果を発表した。... また、羽生貴弘東北大学電気通信研究所ブレインウェア研究開発施設長・教授が講演。...

NEC、C&C賞に大野東北大教授ら選出 (2016/10/14 科学技術・大学)

NECは13日、情報処理や通信、電子デバイスやその融合分野で顕著な業績を挙げた人物に贈る2016年度の「C&C賞」を、半導体スピントロニクス分野を開拓し、実用化を推進する東北大学電気通信研究所の大野英...

半導体と磁性体に橋を架ける「スピントロニクス」の研究で世界トップを走る東北大学電気通信研究所長の大野英男さん。

東北大学電気通信研究所の坂本修一准教授とトレビーニョ・ホルヘ助教、鈴木陽一教授らはリオンと共同で、人の頭と同じ大きさのマイクロホンアレイを開発した。... リオンが微小電気機械システム(MEMS)の小...

東北大学電気通信研究所の中沢正隆教授と学習院大学の平野琢也教授のチームは、世界最高の秘匿性(暗号の強度)を持つ高速で大容量の光通信システムを開発した。... サイバー攻撃に強い安全な通信を実現できる可...

茨城県科学技術振興財団は5日、ナノサイエンス・ナノテクノロジーの分野で顕著な業績を挙げた研究者を表彰する「第13回江崎玲於奈賞」の受賞者を、東北大学電気通信研究所の大野英男所長・教授(61)に決めた。...

東北大学電気通信研究所の大野英男教授、深見俊輔准教授らは、超高速動作が可能な新方式の磁気メモリー素子を開発した。

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

もっと見る

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる