電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

462件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

日本の天文学の起源と移り変わり (2024/5/7 科学技術・大学)

一説では中国は古代から独自の科学技術が発展しており、歴史書には彗星(すいせい)の出現や太陽の質量の8倍以上の星が内部で核融合を終えた後に爆発する「超新星爆発」などに関する記録もある。

同社はレーザー核融合の商用炉開発を目指す大阪大学発スタートアップ。... レーザー核融合は高速で射出する燃料にレーザーを当て「爆縮」という反応を起こす必要がある。... この施設では実際に核融合反応を...

関電、VB投資180億円に拡大 26年度まで (2024/4/29 素材・建設・環境・エネルギー)

再生可能エネルギー、核融合、人工知能(AI)、ロボティクス、宇宙、スマートシティーなどを重点投資領域に定めている。 これまでに核融合関連の研究開発を手がける京都フュー...

核融合の実用化に必要なレーザー技術の開発を進めている。 ... 「(企業間の)フュージョンを通じて産業を創る」ことで、核融合以外でも収益化を目指す。

「受賞を励みに核融合発電実現のため、さらなる材料開発に弾みを付けたい」と意気込むのは、三芳合金工業(埼玉県三芳町)社長の萩野源次郎さん。... 国際的核融合実験プロ...

ファラデーファクトリー、座間工場開所式 核融合向け超電導線材増強 (2024/4/23 素材・建設・環境・エネルギー1)

次世代エネルギーとして期待される核融合発電の実証プロジェクトなどによる同部材の需要増を見込み、既存拠点の製造工程を新工場に集約し新規設備を導入する。

核融合反応に必要な高温のプラズマを強力な磁場で閉じ込める「ヘリカル型核融合炉」の研究開発を進める。... 核融合技術を応用し、持続可能なエネルギーの実現を目指す。 ... 核融合発電...

フジクラはクリーンエネルギーとして注目される「フュージョンエネルギー」の炉開発向けに高温超電導線材を提供しており、KFの核融合関連ノウハウと掛け合わせて研究開発を加速させる。

核融合発電の実証や商業化を加速させる「日米戦略的パートナーシップ」を打ち出し、次世代クリーン・エネルギー技術の開発で協力を進める。

エネルギー分野では洋上風力や水素などの開発・普及を図って脱炭素社会への移行を推進するほか、核融合発電の実用化に向けて連携を強化する。

文部科学省と米国エネルギー省(DOE)は10日、核融合研究で戦略的パートナーシップを締結するとの共同声明を発表した。... 日米で核融合発電の実証と商業化を加速させる。 ...

エクスフュージョン(大阪府吹田市、松尾一輝社長)は、今夏から浜松市の自社研究施設でレーザー核融合の実用化に向けた実験に乗り出す。... 核融合は重水素と三重水素を核...

無尽蔵のエネ生む未来技術 レーザー核融合は水素の同位体である重水素と三重水素を核融合反応させ、1グラムの燃料から石油8トン分に及ぶエネルギーを取り出せる技術。... レーザー核融合は...

レーザー核融合開発のエクスフュージョン(大阪府吹田市)、腸内フローラ関連サービスのバクテリコ(大阪市北区)などが横山市長と対談した。

大阪大学発スタートアップとして、レーザー核融合の実用化に取り組んでいる。 ... 「レーザー核融合は今後拡大する電力需要に応えられる上、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出...

希少鉱物を安定供給 日揮、低温精製の新興に出資 (2024/4/1 機械・ロボット・航空機2)

ベリリウムは実現が期待される核融合発電に必要だが、生産量や価格が課題。... 日揮HDは非鉄金属精錬分野で培ったエンジニアリング技術を持ち、ミレッソの技術との融合を目指す。

政府は核融合発電の安全規制の策定に着手する。... 原子力発電と異なる核融合発電の特性を踏まえ、安全確保の要件を検討する。... 核融合反応でも放射性物質は生じるが、原発と比べると...

天田財団、国際交流・技能検定助成決定 今年度後期(中) (2024/3/26 機械・ロボット・航空機1)

【国際会議等参加助成(若手研究者)(塑性加工)】▽岐阜大学工学部機械工学科助教箱山智之「The 27th International ESAFO...

協議会では核融合発電に関する動向調査や技術の標準化活動、安全規制などの政策提言を行う方針。 国は2023年4月に核融合発電に関する国家戦略を初めて策定した。核融合発電の実用化に向けて...

京セラ、CVCファンド組成 国内・アジア向け新興投資 (2024/3/25 電機・電子部品・情報・通信)

京セラが組成するCVCファンド「京セラベンチャーズ・イノベーションファンド1号」は、環境・エネルギーや医療・ヘルスケア、半導体、モビリティー、情報通信、核融合などが投資領域。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン