77件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

レーザー核融合ロケットの模擬実験と数値シミュレーションを行い、研究開発を進める。 ... レーザー核融合ロケットは、推進させるための燃料が入った球状プラスチック容器にレーザー光を当て...

「かき混ぜるスプーンの役割を乱流が果たした」と語るのは、核融合科学研究所教授の居田克巳さん。... 重水素と三重水素をうまく混ぜれば核融合発電の実現に近づく。「乱流を利用し、核融合炉でイオンの混合状態...

核融合科学研究所の居田克巳教授や仲田資季准教授らは、次世代エネルギー源として期待されている「核融合発電」の実現に向け、水素同位体の混合状態を制御する手法の開発につながる現象を観測した。... 核融合発...

核融合実験炉「イーター」、25年運転開始へ着々と 太陽が起こす核融合を地上で実現―。... 地上での核融合では水素同士が結合し重いヘリウムに変わる際、全体で減少した質量分のエネルギー...

東京大学と京都大学の研究グループは、海水中に豊富にある水素からエネルギーを作り出す「核融合エネルギー」の実現に必要な超高温の水素プラズマの制御手法を開発した。... 水素プラズマの中心にあり、“魔法瓶...

レーザー核融合エネルギーの利用が実現する可能性を示した。 プラズマ生成の手法は、複数のレーザーで燃料を圧縮した後、1兆分の1秒の高強度レーザーで加熱し核融合による燃焼を起こす。......

天田財団、今年度前期の助成テーマ95件(中) (2019/11/7 機械・ロボット・航空機2)

【一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽上杉祐貴/東北大学多元物質科学研究所光物質科学研究部門「フェムト秒レーザーによるナノ薄膜加工と高品質な電子位相ホログラムの実現」▽東口武史/宇都宮大学工学...

量子科学技術研究開発機構は8日、茨城県那珂市の那珂核融合研究所で、大型の核融合実験装置「JT―60SA」の主要な組み立て作業(写真)を報道陣に公開した。この装置はドーナツ形の真空容器内で重水素同士を超...

97年核融合科学研究所教授。09年大学共同利用機関法人自然科学研究機構核融合科学研究所所長。... しかし所属した大学院の新専攻でプラズマによる作物生育促進の研究が生まれたことから、今の機構でもプラズ...

電子の運動が重要とみられており、今回の再現で詳細な観測が実現したプラズマの性質の解明が進展し、将来の核融合研究などへの寄与につながる。 ... レーザーを照射してプラズマを生み出し弱...

大阪大学レーザー科学研究所の坂田匠平特任研究員と藤岡慎介教授らは26日、核融合の際、強い磁場を加えてプラズマを加熱し反応を効率的に起こす技術を実証したと発表した。... 核融合は海水に含まれる重水素と...

量子科学技術研究開発機構と核融合科学研究所は、プラズマ中の高速粒子が瞬時に大量に失われる「間欠的バースト現象」の発生原因を解明した。... 核融合エネルギーによる発電の実現に向け、核融合炉を安定して運...

同研究所は太陽の内部で起こる核融合反応を地上で再現し、電気を生み出す核融合発電装置の研究開発を行っている。... 日欧協力で建設を進める核融合実験装置「JT―60SA」や県内企業のエーテック(茨城県東...

核融合科学研究所の居田克巳教授らと量子科学技術研究開発機構、米ジェネラル・アトミクス(カリフォルニア州)などの研究グループは、プラズマ中で発生した乱流が他の場所へ広がっていく性質を持つことを世界で初め...

量子科学技術研究開発機構は、那珂核融合研究所(茨城県那珂市)で、日欧協力で建設を進める核融合研究のための実験装置「超伝導トカマク型実験装置JT―60SA」の主要部を完成し、公開した(写真)。... 太...

【名古屋】核融合科学研究所の居田克巳教授らは、磁場で閉じ込められたプラズマの一部が失われる損失現象の前兆となる変形を突き止めた。... この歪みを観測すれば、プラズマ損失を予測できる。 ...

応用物理学会など、姫路でプラズマ研究の会議開く (2017/11/27 中小企業・地域経済)

【姫路】応用物理学会とプラズマ・核融合学会、日本学術振興会は「プラズマ・カンファレンス2017」を姫路商工会議所(兵庫県姫路市)で開いた。... プラズマに関する国内最大の会議で、プラズマ関連の基礎か...

九州大学大学院総合理工学研究院の森田太智助教や山本直嗣教授らは、地球圏の外にある「深宇宙」への有人探査での有力候補技術の一つ「レーザー核融合ロケット」の要素技術の実証に成功した。... プラズマを利用...

■アクセスランキング・ベスト10(8/7~8/13) 1位 東芝、前年度決算「適正」 監査法人が判断へ 2位 スバル、新型2.4...

【名古屋】核融合科学研究所は9日、定常運転性能に優れた核融合炉実現に役立つ実験装置「大型ヘリカル装置」(LHD)を使い、プラズマ中のイオン温度1億2000万度Cを達成したと発表した。 ...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く!  
関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く!  関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる