電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

そのために学習用の作業は極力軽減して現場の負担にならないようにする必要がある。そこで半自動で学習データを作り、AIモデルを更新するシステムを構築した。... 商品確認など、人の注視動作を抽出してAIの...

「模倣学習の対応幅を広げるのが重要」と指摘するのは、埼玉大学准教授の辻俊明さん。... そこで「人が教えた動作を基に学習する模倣学習が増えている」と説明する。 ....

早稲田大学の伊藤洋客員次席研究員と一藁秀行大学院生、尾形哲也教授らは、模倣学習でジャケットをハンガーにかけるロボットを開発した。... 機械学習で対応の幅は広がるものの、複雑な作業は学習が収束しないリ...

埼玉大学の辻俊明准教授と筑波大学の境野翔准教授らは、失敗を模倣学習して修正するロボット技術を開発した。... 複数の失敗状態とそこからの回復動作をロボットが学習し実行する。 ... ...

産業用ロボットでは、人工知能(AI)の融合、すなわちディープラーニングや(深層)強化学習、模倣学習などを用いた動作生成モデルの構築が試行されている。

東京大学の河原塚健人特任助教と岡田慧教授、稲葉雅幸教授は、腹腔鏡手術の訓練手技をロボットに教える制約付き模倣学習を開発した。熟練者が鉗子(かんし)を操作した軌跡から...

【名古屋】デンソーウェーブ(愛知県阿久比町、中川弘靖社長、0569・49・5000)は28日、人工知能(AI)の深層学習(ディープラーニング)により位置...

NTTコムと横河ソリュ、化学プラントAI開発 運転員の操作模倣、助言も (2020/12/17 電機・電子部品・情報・通信1)

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は16日、横河ソリューションサービス(東京都武蔵野市)と共同で、化学プラントにおける運転員の操作を高精度で模倣する人工知能...

AIで熟練の動き ISIDとアラヤ、建機自動化支援サービス (2020/2/26 電機・電子部品・情報・通信1)

電通国際情報サービス(ISID)は、共同で人工知能(AI)の応用研究を進めるアラヤ(東京都港区)と、深層強化学習による建設機械の自動...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン