電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

14件中、1ページ目 1〜14件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

まず金イオンやタングステン酸化物クラスターを水に溶かし、水溶液の上にトルエン相を用意する。ここにテトラオクチルアンモニウムを加えると水相からトルエン相にクラスターなどが移動する。水相を除いてトルエン相...

再処理では硝酸で溶かした使用済み燃料に有機溶媒を混ぜることで、ウランとプルトニウムが溶媒(有機相)に取り込まれ、核分裂生成物は水溶液(水相)に残ることで分離できる。.....

トコフェロールは難水溶性だが、油分、乳化剤、水相成分の組み合わせを検討し、容易かつ低コストに水溶化することに成功した。乳化安定性や水分散性が高い。

膜上で空気に触れながら膜の下の水相に化合物を放出させる。

接着性を発揮するポリマーと同社の開発した保湿成分「高含水α―ゲル」を組み合わせ、角層がはがれかけた部分に吸着する製剤を実現した。 ... 通常の方法で組み合わせるとポリマーは水相に分...

水相の中にUV防御剤の油滴と、1万分の1ミリメートルレベルの同剤入りカプセルを配合した。... 従来、ジェルタイプの日焼け止めは水相が揮発すると油滴と油滴の間に0・01ミリ―0・001ミリメートル程度...

花王、日焼け止め 水ベースでムラなく 花王は紫外線防御剤内包カプセルを配合し、水ベースでありながらムラなく均一に日焼け止め処方ができる技術を製品化した。....

水相の中に紫外線防止剤の油滴と、1万分の1ミリメートルレベルの紫外線防止剤入りカプセルを配合した。... 通常、ジェルタイプの日焼け止めは水相が揮発すると油滴と油滴の間に0・01ミリ―0・001ミリメ...

当初、気相中で反応させていたが、液相中での反応に変えて回収を容易にした。さらに油相と水相からなる界面反応場型の装置で、下部水相を対極としたことで、金属ナノ粒子の分散液が高効率で得られるようになった。&...

油中に分散している水を分離し、中和塩を含む不純物は水相に集めて回収する。

灯油などの溶媒により、水に溶けた成分を抽出するエマルションフローという手法を用い、廃液中のウランを排出基準値以下にまで除去できた。... 開発したエマルションフローは、処理対象の水溶液中に有機溶媒を微...

化粧品製造の一例として油相と水相を混合する場合、それぞれを加熱混合後に冷却させる。これに対し同装置は特許技術である「CODE3」により、油相のみを昇温させるため水相の予備加熱や乳化後の製品冷却負荷熱エ...

米オクラホマ大学の研究グループは、水と油のように自然には混じり合わない液体の混合物(エマルション)を安定させるナノ粒子の触媒を開発した。... その特性から水と油の界面に集めることがで...

青森県六ケ所村の再処理施設でも採用されているPUREX法は、使用済み核燃料を硝酸で溶解し、ウランとプルトニウムを水相から有機相に抽出して分離するやり方。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン