572件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

横浜市と川崎市は、水素エネルギーの利活用拡大に向け、連携協定を締結した。... 締結式で福田紀彦川崎市長は「次世代エネルギーとして期待される水素は、需要拡大がコストを下げていくことになる。... 山中...

【名古屋】三ツ知は水素インフラ向け部品事業に参入する。燃料電池車(FCV)など水素エネルギーの普及に欠かせない高強度水素配管コネクターに加え、水素による反応で金属の脆性が高まり時間経過...

新役員/三菱化工機 執行役員・酒見伸一氏ほか (2022/7/27 機械・ロボット・航空機2)

(6月1日就任) ■取締役プラント事業本部担当兼水素・エネルギープロジェクトセンター担当兼環境事業本部担当 林宏一氏 【横顔】国内外の各種プ...

水素製造では水電解を含む複数の技術を実証し、貯蔵した水素を大型・中小型ガスタービンに供給。水素や燃料アンモニアを利用するガスタービンの開発を進め、25年に水素専焼のガスタービン商用化を目指している。....

脱炭素への移行は、市内産業の成長と一体となった展開を大前提とし、小名浜港東港へ水素、燃料アンモニアを輸入することによる地域の石炭火力発電所や産業における水素エネルギーの利活用を掲げる。... 市では「...

小名浜港東港に基地集積 いわき商工会議所(福島県いわき市、小野栄重会頭)は、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現に向け水素エネルギー...

【福島】福島県矢吹町の企業8社は水素関連産業への進出を目指す「チームやぶき・水素関連産業新規参入ワーキンググループ」を結成した。エネルギー・エージェンシーふくしま(福島県郡山市)のワー...

電解装置の評価拠点を整備 産業技術総合研究所・福島再生可能エネルギー研究所(FREA、福島県郡山市)の再生可能エネルギー研究センター(RENRC&#...

水素エネルギーはカーボンニュートラル実現の切り札の一つだ。水素を使う燃料電池車(FCV)の普及拡大には、搭載する固体高分子形燃料電池(PEFC)のコスト低減が不可欠であ...

水素エネルギーの普及などで相互協力を進めるのが目的。... ミッションは産業技術総合研究所・福島再生可能エネルギー研究所(FREA)やエネルギー・エージェンシーふくしま、豊田市未来都市...

内外観に木質建材を利用し、同社独自のクラウド型制御システム「リモビズ」によるエネルギーマネジメントを採用。... 2021年5月に稼働した清水建設北陸支店(金沢市)は、屋根全面に太陽光...

MIRAIのFCシステムを使い、水素タンク容量はMIRAIより1キログラム増やした6・6キログラムとした。... 燃料は浪江町の福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)が供給する水...

【川崎】川崎市は臨海部における水素エネルギーの利活用策を検討する官民の組織「川崎臨海部水素ネットワーク協議会」を「京浜臨海部水素ネットワーク協議会」へ改称するとともに、味の素など4社を新しく会員に加え...

コージェネレーション・エネルギー高度利用センター(コージェネ財団)は7月8日13時30分からイイノホール(東京都千代田区)で特別講演会「国際エネルギー情勢と日...

水素エネルギー、バイオ、航空宇宙といった新産業の振興にも力を入れる。

日揮と旭化成、再生エネで水素→アンモニア 福島に実証設備 (2022/5/18 建設・生活・環境・エネルギー2)

【いわき】日揮ホールディングス(HD)と旭化成は風力発電や太陽光発電(PV)など生成した水素を原料に、アンモニアを合成する技術の実証設備を福島水素エネルギー研究フィール...

環境・エネルギー問題解決の有力な切り札と期待される水素のサプライチェーン(供給網)構築が関西で進む。... 万博関連の事業として、大阪ガスは生ゴミを発酵させ製造したガスと再生...

パナソニック、脱停滞へ―新体制1カ月 (2022/5/6 電機・電子部品・情報・通信)

街全体の消費電力を実質的に再生可能エネルギー100%でまかない、住民のヘルスデータや街に設置したカメラデータの収集・解析を通じてあらゆる世代が安心し永続的に暮らせる街づくりを目指す。 ...

重工業やプラント建設・機器の大手が、次世代エネルギーとしての水素の事業化に動いている。... 水素エネルギービジネスが胎動を始めた。... 21年10月に閣議決定した第6次エネルギ...

水素由来の電気を利用した水素シンポジウムも行った。 太陽光発電の電力で水素を生成する福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)の見学ツアーも行った。......

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン