66件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.023秒)

同社は水素キャリアとしてのMCH実用化を目指し15年に三菱商事、三井物産、日本郵船と「次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合(AHEAD)」を設立。... 国内でのサプライチェーン(供給網)は港湾地...

トヨタ自動車と岩谷産業などが共同代表を務め約200社・団体で構成する「水素バリューチェーン推進協議会」は、水素社会実現への提言をまとめた。 ... CO2排出量の多い電力や鉄鋼で、水...

Jパワー・川重など6社、豪の褐炭水素製造設備を公開 (2021/3/25 建設・生活・環境・エネルギー1)

Jパワーや川崎重工業など6社が参画して水素サプライチェーン実証試験を行う豪州の共同事業体は、豪州ビクトリア州に建設した褐炭ガス化・水素精製設備と水素液化・積み荷基地の運転開始に伴い、両施設を関係者に公...

【安定調達】 アンモニアも水素も安定調達が課題だ。... 水素はまだ最適なキャリアが確立されていない。... 川崎重工業、Jパワーなど6社が参画する水素サプライチェーン実証だ。

昨年、福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)や再生可能エネを用いた福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R、同浪江町)が完成。... 20年に運転を始めたFH2Rの水素をパイプラインで供給し...

住友商事、オマーンで調査 (2021/2/12 国際・商社)

住友商事はオマーンの石油・ガス開発事業者であるARAペトロリアム(ARA)とオマーンで検討している水素ハイブリッド地産地消プロジェクトに関する事業化可能性調査を始めた。石油生産時に副産物として発生する...

Jパワー、褐炭から水素製造 豪で設備稼働 (2021/2/2 建設・生活・環境・エネルギー)

Jパワーは1日、豪州で褐炭ガス化・水素精製設備(写真)での水素製造を始めたと発表した。... Jパワーのほか、岩谷産業や川崎重工業など7社が参画する「CO2フリー水素サプライチェーン推進機構(HyST...

水素を活用する動きも広がり、我々が目指している水素サプライチェーン(供給網)の使命も大きいと感じている。水素やロボットは求められている技術で、(事業拡大は)時間との闘いでもある。

川崎重工 水素社会の担い手へ(中)供給網、30年にも (2020/12/24 機械・ロボット・航空機)

川重は2030年にも水素サプライチェーン(供給網)の実用化を目指している。... サプライチェーンを成り立たせるには、水素の製造コストと環境負荷の両方を低減することがカギだ。... サプライチェーンに...

水素サプライチェーン(供給網)の構築とともに、水素を燃料に使う発電技術の実証も進む。... 数十ミリメートルほどの微小な水素火炎による燃焼技術を用いて水素専焼の実証に成功した。... 川重は水素社会の...

双日はフレイン・エナジー(札幌市西区)と共同で、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から中国・山東省における水素サプライチェーン構築に向けた調査を受託した。気体の水素を有機溶剤の一種であるト...

岩谷産業、グリーン水素の製造・液化・輸入 豪企業と検討 (2020/11/30 建設・生活・環境・エネルギー)

世界の脱炭素化の流れを受け、クリーンエネルギーの水素に注目が集まり、低コストで大量の水素が供給できる大規模水素サプライチェーン(供給網)構築を目指す。 ... 製造した水素をプラント...

50年までに水素の運搬や、水素やアンモニアを燃料に使う船舶向けの安全弁でシェア80%を目指す。 ... 政府は50年を視野に入れた水素基本戦略をベースに低コスト化や国際的な水素サプラ...

ブルネイ・豪から輸送実証 水素エネルギーの大量導入に向け、水素の国内、国際サプライチェーン(供給網)の実証事業が動きだした。... 川崎重工業を中心にした「技術研究組合CO2フリー水...

トヨタ自動車や三井住友フィナンシャルグループ(FG)、岩谷産業など9社は14日、水素の活用促進に向けた団体「水素バリューチェーン推進協議会」を12月初旬にも設立すると発表した。... 使用時に二酸化炭...

エネルギー関連では、再生可能エネルギーを活用した低炭素水素サプライチェーン(供給網)の事業化推進や水素ステーションの整備・運営や燃料電池産業車両の導入への補助などを行う。

豪州の褐炭(低品位の石炭)から水素を製造し、液化した水素を専用運搬船で日本へ長距離輸送する、水素サプライチェーン実証試験が2020年度中にも始まる。... ただ安価な水素の原料を安定的に確保し、製造や...

環境省、福島で脱炭素事業など3件採択 (2020/8/20 建設・生活・環境・エネルギー)

丸紅は浪江町の各地から純度の異なる水素を収集し、利用者に届ける水素サプライチェーン構築の可能性を調査する。

【神戸】兵庫県は水素社会先導プロジェクトの推進を目的に「兵庫水素社会推進協議会」を発足した。... 研究会で水素利活用や海外未利用エネルギーから水素を製造し、日本へ輸送する国際的な水素サプライチェーン...

日本郵船、水素協議会に参画 海運会社で初 「脱炭素」推進 (2020/7/29 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本郵船は28日、水素社会実現に向けた世界的な活動体「水素協議会」に参画したと発表した。協議会での活動を通して、水素サプライチェーンの構築や船舶の代替燃料変換による脱炭素化の促進に取り組む方針。今後、...

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

もっと見る

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる