72件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

巨大なエネルギーを持った黒い津波は構造物をいともたやすく破壊した。... (4回連載) 砂・土混ざり破壊力増大 「沈殿物をかき混ぜてまた沈殿していく現象が小さい頃か...

現地での調査やX線などの分析手法を利用し、鉱水の流路の水と沈殿物を分析。... 研究グループは、現地での調査や実験に加え、電子顕微鏡や放射光X線分析などを利用し人形峠の地下水や貯水池の水と沈殿物を解析...

オイルスラッジは石油タンクなどの底部に堆積する沈殿物。... 製油所などで生じるオイルスラッジをオイルと水分、固形物に分離。

睦技研(徳島市、黒田睦社長、088・664・6040)は、表面処理工場から排出されるスラッジ(沈殿物)や下水汚泥などを、均一な粒状に乾燥処理する装置を発売した。... 含水率の高いスラッジなどは産業廃...

経営ひと言/産機テクノス・大泉東専務「柔軟に対応」 (2020/7/28 機械・ロボット・航空機2)

装置は台車を付け、移動しながら複数の工作機械の沈殿物を回収できる。

スラッジの除去は回収タンク底部のコンベヤーでクーラント液中の沈殿物を取り除き、円筒状カートリッジフィルターで濾過する。

その後、遠心分離した沈殿物を核酸増幅(LAMP)反応液に加えて核酸を増幅し検査する。

自社製品であるクーラント(切削液)からスラッジ(沈殿物)を分離する浄化装置「スラッジカット」や、軸受の洗浄機などの開発に力を入れる。

放射性廃棄物から金属資源を回収する手法の開発が期待される。 模擬廃液にモリブデン(Mo)を添加してZrとMoの沈殿物を生成。次に沈殿物の粉末をフッ素ガスと反応させてZrフッ化物とMo...

■優秀賞 【アクアテック、「ガスセンサー制御硫化物法による金属廃液・汚泥処理」】 重金属含有廃液の処理法において、硫化剤の添加により金属硫化物を沈殿させる硫化剤添加...

ユーベック、MC向け濾過システム 切削液一括処理 (2018/5/10 機械・ロボット・航空機2)

タンク底部のコンベヤーで沈殿物を除去、さらに円筒状カートリッジフィルターで濾過し、20マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以上の切り粉を取り去る。... 各MC側に価格40万―60万円(消費税...

この工程でアンチモン酸化物が沈殿物として回収できる。 ... するとビスマスが溶液中に溶けていられなくなり、ビスマス酸化物が沈殿する。... それぞれの元素は沈殿条件では溶液中に残れ...

経営ひと言/産機テクノス・大泉東専務「ニーズ逃さぬ」 (2018/1/29 中堅・中小・ベンチャー)

装置は台車を取り付け、移動して複数台の工作機械の沈殿物を回収できるが、「精密な切削が求められ、スラッジの回収量も増えている。

研究グループは、水質浄化剤の表面にリン酸塩化化合物の結晶を付着させる「晶析型脱リン法」を研究。... 除去剤とコーティングの両方が生分解性で処理後は肥料などに活用でき、廃棄物の有効利用につながる。&#...

タンク底部のコンベヤーで沈殿物を排出し、円筒状カートリッジフィルターで液中の異物を濾過する。コンベヤーは幅が約1メートルと広く、処理量を保ち低速駆動ができ小異物も沈殿しやすい。

その他、簡易タイプ精密フィルターや沈殿物(スラッジ)の除去・脱水装置、排水処理装置など各種ラインアップしている。

18日の火災では原油処理後に残った油をためるタンクの沈殿物に、乾燥すると自然発火する性質がある硫化鉄が相当量含まれており、タンクの洗浄途中に内部が乾燥し、硫化鉄が燃え出した可能性が大きいとした。...

沈降層の底に沈殿したアルミナ粒子は濃度が27%と68倍に向上した。 既存の凝集法では有機高分子を混ぜて微粒子を絡め取り、粒子を大きくして沈殿させるのが一般的。ただ高分子によっては再資...

ペデスタル内をサソリ型ロボが走り回る調査は難しくなったが、堆積物のサンプリングや穴の底にある落下物の確認がしやすい場所にあるといえる。 ... 7・5メガパスカル(メガは100万)の...

切削液と混ざってもスラッジ(沈殿物)が発生しにくい点や切削液の品質劣化を防ぐ点でも、同等以上の成績を上げた。

おすすめコンテンツ

はじめての現場改善

はじめての現場改善

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに
-必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに -必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる