電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

5,992件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

日本貿易振興機構(ジェトロ)と京都リサーチパーク(KRP、京都市下京区)は海外事業展開を目指すヘルスケアスタートアップのピッチイベント「HVC KYOTO202...

インタビュー/JFEHD副社長・寺畑雅史氏 “量から質”攻めの経営 (2024/6/19 素材・建設・環境・エネルギー2)

今後は高付加価値品の販売や成長が著しいインドなど海外事業拡大を加速。... 電動車や洋上風力といったグリーン分野は高付加価値品の柱の一つになる」 ―海外事業は。 ....

電制コムテック、英に電気式人工咽頭投入 欧販売の足がかり (2024/6/19 生活インフラ・医療・くらし1)

現在の海外向け販売はほぼゼロだが、将来は海外事業の売上高に占める比率を約25%に伸ばす計画だ。 電制コムテックの英国での事業は「ユアトーン」を中心に据える。

国内縮小・少子化に危機感 大手生命保険各社が海外事業を担うグローバル人材の育成に力を入れている。... 海外事業に関心のある社員が自発的にキャリアを積めるようにする。... 各社は利...

ヘラルボニー、パリに拠点新設 世界舞台に障がい者アート発信 (2024/6/18 中小・ベンチャー・中小政策)

米W杯出場・仏LVMH賞、高まる海外認知度 ヘラルボニー(盛岡市、松田崇弥・松田文登共同最高経営責任者〈CEO〉)は、海外事業に本格的に乗り出す。7月をめどにパリに海...

日揮HD、アブダビLNGプラントのEPC受注 年産480万トン2系列建設 (2024/6/17 機械・ロボット・航空機1)

受注額は非公表だが、事業規模は約55億ドル(約8600億円)と見られる。 ... 日揮HDの海外事業子会社の日揮グローバル(横浜市西区)と仏テクニップ...

新社長登場/藤森工業・下田拓氏 従業員の「活躍の場」つくる (2024/6/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

《大手企業で海外製造拠点運営を担当。... その後は先端医療分野に移り、やはり新分野をやらせてもらった」 《ウェルネス、環境ソリューション、情報電子、産業インフラ...

ファンケル、アテニアの海外部門統合 (2024/6/12 生活インフラ・医療・くらし2)

【横浜】ファンケルは7月1日付でエイジングケア化粧品が主力の100%子会社、アテニア(横浜市中区)の海外事業部門をファンケルに統合する。アテニアの事業統括本部海外事業推進部をフ...

ローン、信用保証などのファイナンス事業、クレジットカードや決済サービスをはじめとするペイメント事業に次ぐ第3の柱に育てる。 ... 今後、海外事業で培ったビジネスモデルの横展開や現地...

2024年3月期からの3年で海外事業に200億円を投資する計画。... 中計では日本国内での酒類製造・販売事業を担う宝酒造と海外事業を担う宝酒造インターナショナルの連携強化を掲げる。... コストダウ...

自動車部品・用品の商社事業を中心に、取扱商品や中南米など海外事業を拡大する。... バッテリーやエンジンオイル、駆動系部品、輸入車消耗部品などの販売が伸び、海外営業も中南米やアジアが伸長している。&#...

海外ではUberや、シンガポールのGrabといったライドシェア事業者が事業拡大を進め、大きなシェアを獲得している(図3)。 日本でライドシェアが全...

「海外からの部品の調達も増えている」(三菱電機の漆間啓社長)など、事業のグローバル化が進んでいる企業では円安が不利に働く場面もある。... 同社は海外事業を拡大してきており、円安で売上...

永谷園HD、MBOで非公開化 (2024/6/4 総合3)

中長期の視点でブランド力の向上や海外事業の拡大などに取り組む狙い。

NTTデータグループは海外事業を着々と拡大してきた。... 本間洋社長は22年にNTT傘下のNTTリミテッドとの海外事業統合を先導。... 次期社長の佐々木氏は製造業向けITサービ...

大企業はこの10年、海外事業の拡大を進めた一方、中堅企業は海外と同時に国内投資にも目配りしてきた。... 大企業は海外投資で得た利益を国内に還流させず、海外で再投資するケースが多い。

企業の稼ぐ力を高めるため、海外子会社を含むグループ全体を適切に統治し収益化できるようにコーポレート・トランスフォーメーション(CX)による経営・組織の変革を求めた。... 日本の製造業...

インタビュー/レント社長・岡田朗氏 独自商品が成長の源泉 (2024/6/3 機械・ロボット・航空機2)

提携・海外展開で規模拡大 レンタル業界は大手が中小事業者を傘下に収め、業界再編が進む。... 当社は事業規模で6番目だが、自社の強みである商品開発に力を入れて新分野に目を向けている。...

この一環で持ち合い株を減らしたり、海外事業会社のキャッシュをトータル管理したりするなどでバランスシートで約1000億円の資産を圧縮した。22年には中国での飲料合弁事業から撤退し、ノンコア事業の整理も進...

《2012年に買収した競合メーカーの英タラリスと、自社の海外部門との統合を主導するなどして海外事業の基礎を築いてきた。新社長として海外事業の拡大に意欲を燃やす》 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン