電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

49件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

東亜建など、3D積層造形で底型枠 護岸工事を効率化 (2024/6/19 素材・建設・環境・エネルギー1)

このため従来は潜水士が水中で護岸形状に合わせて加工と位置調整を行うが、安全面や工程面で負担になっていた。 ... 潜水士の水中作業の負担を大幅に削減できる。

ダイブユニットの名前の通り水深300メートルまで潜水できる。... 従来、点検作業は潜水士が行っていたが、潜水士の高齢化や担い手不足や安全性の観点から、ロボットでの自動点検の需要が高まっている。...

企業研究/ミクニ(6)「人を大切に」従業員と信頼築く (2024/2/26 自動車・モビリティー)

工場復旧に必要な潜水士が不足する状況の中、現地従業員が率先して作業に当たり、発災から約1カ月半で再稼働にこぎ着けた。

東亜建、岸壁など3Dモデル作成技術 水中ドローン映像活用 (2023/4/24 素材・建設・環境・エネルギー)

潜水士が対応する従来に比べ広範囲の調査が可能なため、点検にかかるコストの削減や時間の短縮が可能。潜水士や水上から降ろしたカメラによる写真からも、高品質な3Dモデルを作成できるという。

かつては、ダムの水を抜くか潜水士が潜って調査するしかなかった。... その願望を叶えたのが潜水ロボだ。... 潜水ロボで詳細に調査すべき箇所を洗い出し、後に潜水士が詳細に検査する形だ。 ...

eロボなど、環境調査にドローン 洋上風力メンテ・設置場所選定 (2023/2/24 建設・生活・環境・エネルギー)

海やダム底など水面下30―40メートルの調査で潜水士と一緒に作業する。

経済透視図(75)水中ドローンの可能性 (2022/12/28 金融・商品市況)

水中ドローンには、有線のROV(遠隔操作型無人潜水機)とスタンドアローンで活動できるAUV(自律型無人潜水機)があるが、課題は①水中では電波の届く範囲が限られ、映像デー...

ホースで呼吸用の空気を送るフーカー式潜水作業で、ロボットが潜水士とともに行動。一部の作業をロボットが代替して潜水士の負担を軽減し、安全性を高めて水中作業を的確に行えるようにする。 潜...

この欧州発の提案は潜水士が水深50メートルの海底に試料を設置したり、評価がばらついて最長2年間かかったりと、実施しにくい手法だった。

潜水士による洗掘調査などが行われているが、作業時の危険や人手不足、高齢化の問題もある。

経営ひと言/フルデプス・吉賀智司COO「どれも有力市場」 (2022/4/27 機械・ロボット・航空機2)

国内港湾施設の多くは老朽化が進み点検が必要なのに対し、潜水士は不足しており「水中ドローンの自動点検の出番」。

水中点検作業を担うベテラン潜水士も不足する中、国産ドローンメーカーとしての安心感とサービス体制を売りに営業を強化する。... 海中施設の多くは老朽化していることに加え、潜水士も高齢化と担い手不足が課題...

リケジョneo(181)MOLシップテック・足達美奈さん (2022/4/18 ひと カイシャ 交差点)

学生時代に潜水士とスキューバダイビングのライセンスを取得しました。

フルデプス、神戸で海中構造物調査 水中ドローン活用 (2022/1/5 機械・ロボット・航空機2)

水中ドローンと潜水士の比較により、海中構造物のケレン作業や肉厚測定作業の効率化を目指す。

センシンロボ、製油所でドローン点検 煙突内の状況撮影 (2021/5/19 機械・ロボット・航空機1)

水中ドローンでの桟橋点検も潜水士による水中目視点検の代替になることが分かった。

協議会の対象にするのは小型無人ボート(ASV)や自律型無人潜水機(AUV)、遠隔操作型無人潜水機(ROV)など遠隔操縦を基本とする小型機器。沿岸のインフ...

潜水士がつり荷に触れずに、遠隔から任意で回転させて正確な位置決め作業を行える。消波ブロックなどの設置の際、潜水士の挟まれ災害を防止し、安全性を向上できる。 ... 無線通信のため、潜...

プロの潜水士が過酷な状況でも使いやすいよう、チタン素材の採用やソーラー充電、センサー搭載など進化し続けてきた。 ... 針を前後に高速に、かつ独立して動かせるモーターで現在時刻と潜水...

山奥にあるダムの放流設備の水中部における維持管理で、潜水士の目視点検や補修作業など人手に頼っていた作業を、水中ドローンで代替できないか検証する。... 潜水士は3K(きつい、汚い、危険)...

東亜建設、AIで船種自動識別 船舶監視システムを試験導入 (2020/4/8 建設・生活・環境・エネルギー2)

一般船舶以外に作業船、潜水士船など工事用船舶の識別を可能にし、従来の課題を解消できる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン