75件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

小田急箱根HD、早雲山駅を刷新 昇降式ホーム柵設置 (2020/7/9 建設・生活・環境・エネルギー1)

2階に展望テラスや足湯、店舗を設けたほか、1階フロアは噴石対策を施し、火山活動が活発化した時には避難施設として利用できるようにした。

西松建など、マルチGNSSで地盤変位計測 誤差要因少なく (2020/4/27 建設・生活・環境・エネルギー)

豪雨や火山活動など自然現象による地盤変位の監視などの計測へ適用も予定している。

火星内部は地球のようなプレート構造を持っていないが、地域によっては火山活動が起きている。NASAジェット推進研究所の専門家は、ロイター通信に「そうした地域では、恐らく地下で高温のマグマが活動している」...

【防災に貢献】 15年ごろから霧島硫黄山(宮崎県)では火山活動の活発化が見られていた。... 今回の霧島硫黄山のような形で観測データを蓄積し、地震や地殻変動も含めた火山活動の推移と照...

豪雨予報や火山活動の把握に重要な大気中の水蒸気量を精密に測定するための16ギガ―64ギガヘルツのフィードと受信機も開発中である。

しかし、海底鉱物資源を生み出す海底熱水活動が期待できる海域を絞り込むには、その背景にある地質構造の理解が重要である。 産業技術総合研究所(産総研)では海底熱水活動域の探査航海を実施す...

「火山活動の減少が原因と考えられる。... 地球では火山活動で地球内部から噴き出した二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスが地球の表面を覆い、表面を暖めることで液体の水が存在できている。一方、火星では...

地質調査と年代測定で同地域の1700万年前以降の火山活動の歴史を地質図に盛り込んだ。... 同地域は日本列島成立以降の多くの火山活動が記録された地質学的な重要地域。... その後、多くの火山活動を経て...

九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働を認めた原子力規制委員会の新規制基準をめぐり、鹿児島など10都県の住民らが、火山の影響評価などに問題があるとして規制委の設置変更許可取り消しを求...

5月に発生したハワイ島キラウエア火山の噴火も、今は小康状態となっている。 長期の火山活動に伴い、島の空気質悪化の問題も指摘されていた。... 「火山だけではない。

観測時間を短縮し、マグマの活動推移を捉えられれば、防災に生かせる。... 活動予測に効果的であることが示された。 ... ■リモートセンシング 細かな地殻変動、新型干渉計で捕捉...

硫黄山では2月20日、火山性地震の増加などを受け、レベルを1(活火山であることに留意)から2に引き上げていた。  霧島連山では近年、火山活動が活発になっている。

監視体制は近年の火山活動の活発度や付近の住民の有無などで判断する。 ... 噴火予知連の火山活動評価検討会では、過去の噴火履歴を精査する予定だ。... 防災科研火山防災研究部門の棚田...

火山の噴火は本年10月に再噴火した霧島連山の新燃岳のように、数日でひとたびは沈静化することもあれば、桜島のように60年以上にわたって活動を続けることもある。 このような火山活動の推移...

当時は火山活動が活発で、ガスが放出されていた。... 火山活動は約35億年前がピークで、大気が最も厚かったという。  

気象研究所は4月下旬に再噴火した小笠原諸島の西之島が2014―15年と同程度まで火山活動を活発化していることを明らかにした。気象庁の海洋気象観測船「啓風丸」で5月下旬に西之島の火山の観測や採取した試料...

地質図の情報によって地盤の状態や活断層の位置、石炭や天然ガス、温泉、地熱といった地下資源の有無や、火山活動の歴史などが分かる。

■火山防災−悪天候でも「活動」把握 【成長を調査】 一方、火山の噴火で生じる微気圧振動を防災に生かすための研究も進んでいる。... 一方で、微気...

火山ができた年代や火山活動の歴史を調べるには、山を歩いて岩石を観察・採取するため体力が不可欠。

都と都中小公社、先進的防災技術30件の実用化支援 (2016/12/8 中小企業・地域経済2)

▽アールシーソリューション(新宿区)=地域向け防災アプリパッケージ化の研究開発▽アイサーク(台東区)=特小無線器を用いたモニタリングシステム▽飯田電子設計(練馬区)=地すべり検知の安価な遠隔監視装置▽...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる