68件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01678秒)

...年代測定で同地域の1700万年前以降の火山活動の歴史を地質図に盛り込んだ。価格は2160円(消費税込み)。火山防... ...同地域は日本列島成立以降の多くの火山活動が記録された地質学的な重要地域。1700万年前ごろ、同地域は日本... ...い水域に変化した。その後、多くの火山活動を経て現在の自然景観を形成したことが分かった。 産総研では日...

...討している。 主な争点は、規制委が火山活動の影響を評価するために定めた内規「火山影響評価ガイド」。規... ...ていた。 倉沢裁判長は「現時点では火山活動の可能性や程度を正確に評価する知見が確立していない」とし、...

...今は小康状態となっている。 長期の火山活動に伴い、島の空気質悪化の問題も指摘されていた。「自然の換気...

...新型干渉計で捕捉 【立入制限対応】 火山活動が活発化すれば、火口付近数キロメートル圏内は立ち入りが制限...

...き上げていた。 霧島連山では近年、火山活動が活発になっている。新燃岳(1421メートル)が断続的に噴火して昨...

...している。ただ、観測網は、活発な火山活動を示す湯釜周辺に集中し、今回噴火した草津本白根山付近は手薄... ...で監視している。監視体制は近年の火山活動の活発度や付近の住民の有無などで判断する。 今回の噴火を受け... ...火を受け、火山噴火予知連絡会は「火山活動評価検討会」で観測のあり方の検討を始めるが、全ての火山の監...

...動を続けることもある。 このような火山活動の推移は地下から供給されるマグマの活動に強く影響されるが、... ...て解析するのでは、刻一刻変化する火山活動に対応できない可能性がある。そこで、我々は他の研究機関と協...

...究者らが7日までに発表した。当時は火山活動が活発で、ガスが放出されていた。月は重力が小さいためガスは... ...方が多ければ大気として存在する。火山活動は約35億年前がピークで、大気が最も厚かったという。 月面の黒...

...小笠原諸島の西之島、14年並みに火山活動活発化−気象研が確認 気象研究所は4月下旬に再噴火した小笠原... ...島の西之島が2014―15年と同程度まで火山活動を活発化していることを明らかにした。気象庁の海洋気象観測船...

...、地熱といった地下資源の有無や、火山活動の歴史などが分かる。 ...

...、微気圧振動は天候に左右されずに火山活動の推移を把握できる。 11年に宮崎鹿児島県境に位置する新燃岳が... ...微気圧振動を手がかりに、遠方から火山活動の変化を把握できる可能性を明らかにした。成果は、16年に英科...

...」と懐かしむ。火山ができた年代や火山活動の歴史を調べるには、山を歩いて岩石を観察採取するため体力が...

都と都中小公社、先進的防災技術30件の実用化支援 (2016/12/8 中小企業・地域経済2)

...ムエス(品川区)=火山ガスによる広域火山活動監視機の実用化▽スペースタイムエンジニアリング(千代田区)=通...

...点で得た情報は気象庁にも送られ、火山活動の監視に役立てられている。だが、観測点の保守整備の費用は各... ...田部門長は、「研究用の観測点に、火山活動の監視業務まで頼るのは負担が大きい」と話す。 日本には110の活...

横顔/九州経済産業局長に就任した高橋直人氏 (2016/10/18 中小企業・地域経済2)

...らの復興を重要課題に掲げ、今後の火山活動や豪雨に関しても注目している。「変化への対応にとどまらず日...

...火し、15年は箱根山(神奈川県)などの火山活動が活発化した。歴史を振り返れば富士山はいつ噴火してもおかし...

...東大など、海底火山活動を音響探査で発見−船舶の熱水被害軽減へ 東京大学大気海洋研究... ...よって鹿児島県のトカラ列島近海の火山活動を発見した。地熱で温められた水が噴出する海底の割れ目「熱水... ...。これまでトカラ列島近海では海底火山活動の存在が指摘されていたが、熱水噴出孔の詳細については知見が...

...した。 火山灰を分析することによる火山活動の調査も実施した。小さじ1杯程度の微量な火山灰を採取し、顕微... ...うした事態を防ぐためにも、今後は火山活動を長期的に観測できるシステムの構築が求められる。 ...

...の精度で計測することに成功した。火山活動やプレート運動など、数時間から数年かけて起こる地殻変動の精... ...しネットワークを構築することで、火山活動による地殻の上下変動や海面水位の変化の監視などにつながる可...

ヤフーと東電PG、箱根山火口の映像配信−噴火時に避難喚起 (2016/7/13 電機・電子部品・情報・通信2)

...にレベル1に引き下げられた。現在の火山活動は「静穏」となっているものの、気象庁によると想定火口域の一...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる