電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

31件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

玉尾氏は二つの化学物質を選択的に結合させる化学反応の一種で、触媒を使って炭素―炭素結合を作る方法を確立した。

鳶巣教授は炭素―炭素結合などの多様な安定化学結合を直接反応させる触媒を開発し、化学反応の原理的な多様化の道筋をつけた。

パラジウム塩を高分子に結合させて保持する高分子パラジウム触媒をカラムに詰めて利用する。... 鈴木―宮浦クロスカップリング反応は有機ハロゲン化合物と有機ホウ素化合物を反応させて炭素―炭素結合を作る。

ベンゼン環とベンゼン環を結ぶ炭素―炭素結合が40本あり、1本当たり93%の収率で合成できたことになる。

CO2からエステル類 理研、触媒反応を開発 (2023/1/10 科学技術・大学)

銅触媒を用いて二重結合を持つ炭素にエステル基をつなげる。... 炭素―炭素二重結合を持つアルケン類とCO2を反応させて二重結合を持ったエステルを作る。... 新しく炭素―炭素結合を作るため反応の難度が...

大阪大学の井上明哲大学院生や中西周次教授、神谷和秀准教授らは、従来比3・4倍の1平方センチメートル当たり1・7アンペアと世界最高の電流密度で二酸化炭素(CO2)から...

低温電子顕微鏡の画像解析では、Gとの共有結合により、SWCNTの六方格子で炭素―炭素結合5個分ごとに欠陥が生成。

一つは、多種多様な廃プラの混ざった混合ゴミを一酸化炭素(CO)やCO2、水素などにガス化し、化学プロセスによってエタノールを製造する技術。... 炭素2個を含むエタノールと炭素1個のメ...

近年、顕微鏡の一種である原子間力顕微鏡の探針先端に、一酸化炭素分子などを吸着させる技術が開発された。従来はサブナノメートル(1ナノメートル未満、ナノは10億分の1)程度に留まっていた分...

東京工業大学の細野秀雄栄誉教授らは、アンモニアの合成や分解などに有効な固体触媒「イットリウム・パラジウム」を有機分子の合成に重要な炭素―炭素の結合の形成反応に使うと高い活性と安定性...

同技術は医薬品など機能性化合物に重要な、不斉の炭素―炭素結合の合成など、多様な反応に応用させた実績がある。

【名古屋】名古屋大学大学院工学研究科の石原一彰教授らは、ナノ炭素材料の合成などに用いられる反応中間体「芳香族ラジカルカチオン」の反応機構を解明した。... ナノ炭素材料や医薬品の有機合成法の高効率化に...

ホウ素化合物などは炭素―炭素結合を作る中間体になるため、抗がん剤のような複雑な化合物を合成しやすくなる。... ホウ素と亜鉛が1対1で結合した「ボリル亜鉛」やケイ素と亜鉛が1対1で結合した「シリル亜鉛...

■アクセスランキング・ベスト10(5/14~5/20) 1位 東芝、「東芝メモリ」株公開検討 売却中止も…月内に判断&#...

北海道大学大学院理学研究院の石垣侑祐助教らの研究グループは、世界一長い“炭素―炭素結合”の創出に成功した。... 石垣助教らは今回の化合物の創出を受けて、1・8―2オングストロームの長い炭素―炭素結合...

有機化合物の炭素―炭素骨格をつくる「ルイス酸触媒」の開発という研究の業績と取り組み姿勢を聞いた。 ... 「医薬品合成で重要な炭素―水素、炭素―酸素の結合の不斉合成で、80年代半ばに...

大阪大学大学院基礎工学研究科の真島和志教授らと、産業技術総合研究所触媒化学融合研究センターの佐藤一彦研究センター長らの研究グループは、直径が約15ナノメートル(ナノは10億分の1)の非...

東京工業大学大学院理工学研究科の三上幸一教授、相川光介助教らの研究グループは、一度の反応で2種類の炭素―炭素結合を作る手法を開発した。... これは3重結合を持つアセチレンと別の化合物が作用し、2重結...

酸化還元反応や炭素―炭素結合、不斉反応など、ファインケミカルで使う主要反応を自動化した。

ルイス酸は炭素―炭素結合を作る重要な触媒で、汎用化学品から医薬品などの精密化学品まで幅広く活用されている。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン